例会は8月20日、45周年記念懇親会も開催

例会は8月20日、45周年記念懇親会も開催

■次回例会
[日時] 2017年8月20(日)13時~
[場所] 関西将棋会館 4F多目的ルーム
   〒553-0003 大阪府大阪市福島区福島6-3-1
   https://www.shogi.or.jp/about/base/kansai/
[会費] 千円(学生無料)
[課題] ネット作品展「すらすら解ける20手台」PartⅡ
   投稿は→ blogsokikaitusin@gmail.com
★例会終了後「45周年記念懇親会」を開催

45周年記念行事「記念懇親会
・日時:8月20日(日)18時から
・場所:山内農場 福島駅前店
   〒553-0003 大阪府大阪市福島区福島5-14-12 プラザ2(2F)
   https://r.gnavi.co.jp/kaed384/map/
   TEL:06-6454-5988
   JR環状線福島駅出てすぐ南側
・会費:3千円(学生・女性は千円)

・当日の準備は着々と進行中。
・記念作品として 「45」にちなんだ作品を当日展示させていただきます。あぶり出しや初形曲詰だけでなく幅広い表現の作品をお待ちしています。
なおお寄せいただいた作品は、あらためて詰パラまたはブログで紹介させていただく予定です。
・出席できない方からもメッセージがあれば大歓迎!
・出席いただける方、予約の都合もありますので、事前にご一報いただければ幸いです。
・作品、メッセージ、出欠のご連絡は下記までお願いします
blogsokikaitusin@gmail.com

■創棋会の次回&次々回課題
☆「すらすら解ける20手台」PartⅡ
 創棋会では今年もネット作品展「すらすら解ける20手台」を開催します。
 愛着のある「やさしい中編作」をどこかでお披露目したいと考えている方、ぜひとも本コーナーに投稿下さい。
 また結果発表では短評は原則すべて掲載の予定です。解答で詰キスト同士の交流が図れます。
 多くの方に、作品投稿、解答などで参加していただきたいと思います。
・作品投稿は下記アドレスで受付。
  ※ blogsokikaitusin@gmail.com
  ※ 投稿図には、「作意」と「狙いの一手」を必ず記載。
  ※ ペンネーム投稿もOKですが、実名を記載してください。
  ※ 投稿締切は8月19日(土)。
・8月例会で作品展の主旨に合うものを選題の上、ブログ「創棋会通信+α」で8月下旬に一斉出題します。

*昨年の「すらすら解ける20手台」は以下を参照ください。
  8.24出題 → http://sokikaitusin.blog.fc2.com/blog-entry-43.html
  9.22(結果稿第一回) → http://sokikaitusin.blog.fc2.com/blog-entry-48.html
  10.13(まとめ) → http://sokikaitusin.blog.fc2.com/blog-entry-67.html

☆12月号掲載作品展の課題
・「遠打や遠開き、3回以上」、遠打のみ・遠開きのみ・両者の合計、いずれも可。29手以内。
・10月例会で選題します。
   投稿は→ sokipara@yahoo.co.jp
    ※「すらすら解ける20手台」PartⅡの投稿先とは異なりますのでご注意ください。


 さて課題作の例題紹介、今回は香の「開き王手」 を三作紹介します。
 いずれも好作揃いです。

 まず第一局は短編です。
捨てられ人作(詰パラ1982年7月、『80年代ショート詰将棋ベスト200』第52番)
捨てられ人198207

 59香を動かして開き王手するしかありませんが、どこに動かすのが正解でしょうか?
 たとえば詰将棋らしく58香と一つだけ動いてみましょう。
 48玉なら59角、49玉、37角、58玉、68金まで。
 この変化は香がどこに動いても同じです。
 58玉と香を取る手はどうでしょうか。
 これには52飛成があります。36角が利いているので57に合が出来ません。69玉と逃げれば68金から59龍までの詰み。
 58香で詰んだかに思えますが、入玉特有の受けの妙手がありました。
 59金(銀)と捨合します。これは同飛と取るしかありませんが、48玉とされると と金の守備が強力で手も足も出ません。
 このとき58香が無ければ58金と打てることに気づくと、初手は57よりも遠くに移動するということが見えてきます。(59銀合の変化は後述)
 それでは初手55香としてみましょう。48玉は詰みですが、58玉とされると55香が邪魔で52飛成ができません。
 そうです。正解は51香成です。

<図:初手51香成>
捨てられ人198207_51香成

 こうしておけば58玉には52飛成で詰みます。
 となると玉方は59への捨合で延命を図るしかありません。
 59金合は同飛、48玉、58金と打てますから、59銀合が最善の受けです。
 59同飛、48玉となって一瞬手が止まりますが、上手い継続手段がありました。
 57銀と捨て同とと取らせて36角の利きを通してから58飛と捨てるのです。
 49玉なら89飛成まで駒余り。
 同とには42飛成までです。
 狙いの51香成だけでなく、59銀の捨合という好防、57銀から58飛の捨駒を配した好作でした。

【作意】51香成59銀合、同飛、48玉、57銀、同と、58飛、同と、42飛成まで9手詰
 

 次の作品は中編です。
高橋和男作(近代将棋1969年3月、塚田賞、『古今中編詰将棋名作選Ⅰ』第121番)
高橋和男196903

 攻め方は、29飛、27香、87飛、42角と飛び道具が好配置され、玉は風前の灯火。
 まず87飛に活を入れるため37銀を消す。17歩~28銀~17銀。
 17同玉で27香を動かせば開き王手。しかし26香などでは16玉で17歩が打歩詰になってしまう。
 ここは24香と走って42角の利きを止めなければいけない。

<図:5手目 24香>
高橋和男196903_24香

 16玉と逃げられるが、今度は42角の利きが無いので17歩と打てる。
 15玉の局面では42角を活用したいが、24香、22銀、13とが凝り形なのでこれをほぐしたい。
 まず14と と捨て、続いて13銀成と捌く。これを同玉では23香成で早いので15玉と逃げます。
 22銀がいなくなったので、そこに22香成と移動して開き王手するのが決め手。

<図:5手目 22香成>
高橋和男196903_22香

 42馬と角を取られて困ったようですが、14成銀と捨て23飛成と攻めます。23に成れるのが22香成の効果。
 最後は16歩から17飛と87の飛車もきれいに捨てての収束。
 27の香を二段活用して開き王手するのが妙味ある手順。
 見事塚田賞に輝きました。

【作意】17歩、同玉、28銀、16玉、17銀、同玉、24香、16玉、17歩、15玉、
  14と、同玉、13銀成、15玉、22香成、42馬、14成銀、同玉、23飛成、15玉、
  16歩、同玉、17飛、同玉、27龍まで25手詰


 最後も中編です。
川崎弘作(詰パラ1955年4月、『北斗』第57番、『古今中編詰将棋名作選Ⅱ』第32番)
川崎弘作195504

 29龍、28金、59角、43馬、48香と、攻め方の包囲網は強力。
 しかし持駒は歩しかなく詰形も見えないので慎重に攻める必要があります。
 まず27金とします。35玉は36金から54馬、また15玉は33馬から26金があります。
 25玉には取れないことを見越して36金と捨て拠点を築きます。
 ここで34の香を動かして43馬で迫る手があります。
 16歩と叩き同玉に32香成と開き王手。

<1図:7手目 32香成>
川崎弘作195504_32香

 25合では26金(龍)までですから15玉として打歩詰で逃れようとします。
 ここから攻め方の巧みな構想がスタートします。
 42馬、52馬と玉から遠ざかるように馬鋸。
 馬が52まで移動したところで、43香成の開き王手で59角の活用です。

<2図:13手目 43香成>
川崎弘作195504_43香

 43香成で52馬の利きが消えたので16歩が打てます。
 16歩からは再度42馬、43馬と馬を近づけ、最後の決め手が26龍。
 これで再度打歩詰を解消し、最後は34成香と捨てて収束します。
 26龍と捨てて打歩詰を打開するのは1図以下でも可能なのですが、それでは33馬~22馬の千日手。盤上に44成香を出現させることによってこの収束が実現したわけです。

【作意】27金、25玉、36金、15玉、16歩、同玉、32香成、15玉、42馬、16玉、
   52馬、15玉、43香成、59香成、16歩、同玉、44成香、15玉、42馬、16玉、
   43馬、15玉、26龍、同香、16歩、24玉、33馬、13玉、22馬、24玉、
   34成香、同玉、33馬まで33手詰

******************************************************************
★次々回例会
[日時] 2017年10月15日(日)13時~
[場所] 関西将棋会館 4F多目的ルーム
[課題] 12月号掲載作品展「遠打や遠開き3回以上」29手以内
    投稿は→ sokipara@yahoo.co.jp
*********************************************************************
※当ブログのコメントは管理者承認制になっていますが、下記アドレスに直接ご意見をいただければ、必要に応じて、返信させていただくとともに、内容をブログに反映するようにいたします。
blogsokikaitusin@gmail.com
以上
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する