創棋会の次回&次々回課題について

創棋会の次回&次々回課題について

 通勤途上で夏らしい風景はないかと思いながらあたりを見ていたら次のようなものが目に入りました。
<路傍の紫陽花>
紫陽花

<公園の赤い花>
赤い花

■第32回全国大会
 全国大会は7月16日(日)です。開催まで1ヶ月を切りました。
 今年は名古屋開催。香龍会のHPに色々な情報が発信されています。
 アンケート協力の依頼なども出ていました。
  → http://blog.goo.ne.jp/tumesyougikaigou-kouryuukai
 「詰将棋おもちゃ箱」でも大会情報を見ることが出来ます。
  → http://toybox.tea-nifty.com/taikai/
 今から当日が待ち遠しいですね!

■創棋会作品展への解答
 詰パラ6月号では創棋会と詰工房の作品展が合同開催(20~21P)。
 打歩詰に関係する手筋。ただし、作意手順で攻方は歩を打たない
 課題が解図のヒントになっているというところもあります。
 難しい作品ばかりではありません。
 解いてみれば、課題を実現するアイデアや工夫を楽しんでいただけると思います。
 一題でも解けたら是非とも解答をお願いします

■創棋会の次回&次々回課題
☆「すらすら解ける20手台」PartⅡ
 創棋会では昨年もネット作品展「すらすら解ける20手台」を開催しました。
 「やさしい中編作」の発表の場を作ることと、創棋会でもネット作品展を開催するというのが主な理由でした。
 おかげさまで作品展には20作の投稿があり、解答も17名と、初めてのネット作品展としては盛会でした。
 詰パラ誌上でも好意的な反応をいただきましたので、本年も「すらすら解ける20手台」PartⅡ を開催いたします。
・作品投稿は下記アドレスで受付。
 ※ blogsokikaitusin@gmail.com
 ※ 投稿図には、「作意」と「狙いの一手」を必ず記載。
 ※ ペンネーム投稿もOKですが、実名を記載してください。
 ※投稿締切は8月19日(土)。
・8月例会で作品展の主旨に合うものを選題の上、ブログ「創棋会通信+α」で8月下旬に一斉出題します。

☆12月号掲載作品展の課題
・「遠打や遠開き、3回以上」、遠打のみ・遠開きのみ・両者の合計、いずれも可。29手以内。
・10月例会で選題します。
  投稿は→ sokipara@yahoo.co.jp
    ※「すらすら解ける20手台」PartⅡの投稿先とは異なりますのでご注意ください。

 6月例会で作品展担当の則内さんから紹介された例題は次の作品です。

栗原寿郎作(詰パラ1952年月、『古今中編詰将棋名作選(第一集)』第39番)
栗原作

 発表時、常連解答者が続々と白旗をあげたことから、解説者が「ブルータスお前もか!」と評しました。
 そこから本局の打歩詰打開手筋が「ブルータス」手筋と呼ばれることになった有名な作品です。
 たとえば51飛と打てば72玉は73龍の一手詰ですから92玉と逃げる一手。
 そこで98角を動かして開き王手をすれば96に合駒をするしかありませんが、96歩合とされると同香、同桂の形は93歩が打歩詰で、どうにもなりません。
 初手は飛打ち以外に無さそうですが、素晴らしい打歩詰打開の手段がありました。
 まず11飛と最遠地点に打ちます。

<途中図1:初手11飛>
栗原作11飛

 11飛に21歩(桂馬は品切れ)と中合するのは、同飛成、92玉、93桂成、同玉、91龍、92合、94歩、同玉、76角とキレイに詰む。
 92玉とかわしたときに、21角成と最遠移動で開き王手するのが継続の妙手。

<途中図2:3手目21角成>
栗原作21角成

 この局面をよくみてください。11飛の利きが馬で遮られています。
 96歩合だと香で取って93歩と打つことが出来ます。81玉には54馬まで。
 歩以外の頭に利く駒も同様です。
 玉方は角合で抵抗しますが、香で取って81角がありました。
 同玉に54馬と引けば、81龍、74龍から71龍と龍の連続捨てで爽快に詰め上がりました。
 11飛から21角成とは強烈な手段があったもの。
 この構想を右辺に一枚も駒を置かずに実現したのも素晴らしい!

【作意】11飛、92玉、21角成、96角、同香、同桂、81角、同玉、54馬、92玉、
    81飛成、同玉、71歩成、同玉、74龍、61玉、71龍、同玉、72銀まで19手詰

 本作は『詰将棋探検隊』第54番にも収録されており、そこでは本作の遠打ちは「図巧」49番が先例となっていると記されています。
 少し手数は長いのですが、創棋会の今回の課題「遠打や遠開き」にも関係があるので紹介させていただきます。

伊藤看寿作「図巧」49番
図巧49

 98歩、同馬、同銀、同玉と清算し、99角成と成り捨て、11角と打ちます。
 角一枚丸損して、盤上の33角を11角と打ち換えるのが奇抜な狙いです。

<7手目:11角>
図巧49_11角

 この狙いは何か?
 99金から67飛と銀を奪い、87で清算して75玉と追い上げたところで、22香成と開き王手をしながら角の利き筋を止めるのが狙いです。
 22以外に香を移動すれば25歩合とされてしまい、同龍、同成桂の局面では76歩が打歩詰になってしまいます。
 あらかじめ33角を11に打ち換えておき、角の利き筋を22香成と遮断すれば、打歩詰が解消できるというわけです。
 栗原作では11飛の利きを21角成で止めたのですが、本作は11角の利きを22香成で止めました。

<23手目:22香成>
図巧49_22香成

 ここからは76歩を打たさないために25角合としますが、奪った角を93に打てば84歩合いとするしかなく、以下76歩が打て、収束は金捨まできれいに詰みます。
 33角を99に成り捨てて11角と打ち直し、後に22香成の開き王手で打歩詰を打開するという一連の手段は、常識をこえた飛躍を要する構想です。

 なお27手目**93角のところ、76銀(同玉は43角以下)、66玉、12成香、76玉、43角以下の早詰がある。
 このため、24手目の*25角合は25歩合として、同龍、同成桂、76歩以下4手短かい手順を本手順として本作を紹介しているものが散見されます。

【作意】98歩、同馬、同銀、同玉、99角成、同玉、11角、98玉、99金、97玉、
   67飛、同と、98銀、86玉、87銀左、同成銀、同銀、同玉、88金、86玉、
   87銀、75玉、22香成、*25角、同龍、同成桂、**93角、84歩、同角成、同香、
   76歩、66玉、12成香、56玉、55角成、47玉、48歩、同玉、37馬、39玉、
   28馬、48玉、37馬、39玉、29金、同玉、28馬まで47手詰


今回の課題「遠打や遠開き、3回以上」。作家の皆さんの腕の見せ所です。
好作の投稿をお待ちしています。

■45周年記念行事「記念懇親会」
・日時:8月20日(日)18時から
・場所:山内農場 福島駅前店
   〒553-0003 大阪府大阪市福島区福島5-14-12 プラザ2 2F
   TEL:06-6454-5988
・会費:3千円(学生・女性は千円)

・企画は検討中。良いアイデアがあれば、何なりとご一報ください。
・記念作品ということで45」にちなんだ作品を募集中。あぶり出しや初形曲詰だけでなく幅広い表現の作品をお待ちしています。
 なお作品は詰パラまたはブログで紹介させていただく予定です。
・出席できない方からもメッセージがあれば大歓迎!
・出席いただける方、予約の都合もありますので、事前にご一報いただければ幸いです。
・作品、メッセージ、出欠のご連絡は下記までお願いします。
   blogsokikaitusin@gmail.com

******************************************************************
★次回例会
[日時] 2017年8月20(日)13時~
[場所] 関西将棋会館 4F多目的ルーム
[課題] ネット作品展「すらすら解ける20手台」PartⅡ
     投稿は→ blogsokikaitusin@gmail.com
★「45周年記念懇親会」
 例会終了後の開催となります。
   日時:8月20日(日)18:00から
   場所:山内農場 福島駅前店
     〒553-0003 大阪府大阪市福島区福島5-14-12 プラザ2 2F
     TEL:06-6454-5988
   会費:3千円(学生・女性は千円)
******************************************************************
★次々回例会
[日時] 2017年10月15日(日)13時~
[場所] 関西将棋会館 4F多目的ルーム
[課題] 12月号掲載作品展「遠打や遠開き3回以上」29手以内
     投稿は→ sokipara@yahoo.co.jp
*********************************************************************
※当ブログのコメントは管理者承認制になっていますが、下記アドレスに直接ご意見をいただければ、必要に応じて、返信させていただくとともに、内容をブログに反映するようにいたします。
blogsokikaitusin@gmail.com
以上
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する