ネット作品展「教材に使える10手台」解答締切迫る! 3月20日まで!

ネット作品展「教材に使える10手台」解答締切迫る! 3月20日まで!

ネット作品展「教材に使える10手台」出題中解答締切は3月20日
 2月22日に一斉出題しました。
 初心者向けから上級者向けまで、詰将棋の面白さや楽しさが伝わる作品が揃っています。
 解答締切は3月20日です。
 1問でも結構ですから解けた方は、解答をお願いします。
◇解答送り先: blogsokikaitusin@gmail.com
◇解答締切 : 3/20(月
◇解答要領 : 解けた作品には作品展の主旨に見合った評価(「良・可・否の三段階評価)と短評をお願いします。
優秀解答者1名に呈賞
★図面は次のサイトから取り出すことができます。
http://firestorage.jp/download/dddefb791590baf9ebbe51759cdaa1aba3c6302a
パスワード 「kyouzai」です。


打歩詰の作品紹介
 打歩詰の過去の名作を紹介しています。
 「将棋めいと」13号(1992年7月)から19号(1995年11月)まで連載されていた湯村光造さんの「歩詰手筋総まくり」という論考を参考にさせていただいております。
 前回、佐々木聡さんの作品を取り上げましたが、残念ながら不完全作でしたので、今回あらためて佐々木さんの別の作品を紹介させていただきます。

佐々木聡作(詰パラ1976年7月)
佐々木聡197607

 47や57から潜り込まれると厄介ですが、どこから手をつけようかという形。
 初手は35馬が上手そうな手です。
 同玉と取ってくれれば、36銀、46玉、35角と上部脱出が防げます。以下55玉に56歩から66香まで。
 しかし35馬を取らずに47玉とされると続きません。
 35馬は決め手に残し49香の打診が正解。
 48や47に合するのは35馬があります。
 57玉で脱出されそうですが、66馬、68玉、46角、57歩合(69玉は78銀、59玉、48馬まで)、同馬、77玉、68馬、87玉、78馬、97玉、98歩以下詰みます。
 玉方は同飛不成(なぜ不成が正解なのか、その意味は後でわかります)と応じるしかありません。
 そこで48香の追撃です。
 今度は49が埋まっているので57玉には66馬から57角とすれば簡単。
 玉方はこれも同飛不成と連続して不成で応じます。
 香の連打で脱出路を塞ぐことが出来たので、ようやく35馬と気持ちよく捨てます。
 同玉、36銀、46玉となったところで、35角としては55玉、56歩、65玉となって打歩詰。
 ここは14飛の横利きを止めて24角とするのが巧い手です。

<図① 9手目 24角>
佐々木聡24角

 35に捨合する手がありそうですが、桂合なら同角、55玉、56歩、65玉、77桂までですし、角合も同角、55玉に77角で詰みます。他合も取って簡単です。
 そこで黙って55玉と寄り、56歩には64玉とわざと両王手がかかるところに逃げます。
 ここで42角成の両王手は玉方の待ち受ける罠です。
 すかさず65玉とされて打歩詰。
 ここは途中下車するような33角不成(なぜ不成が正解なのか、その意味は後でわかります)が正解です。

<図② 13手目 33角不成>
佐々木聡33角生

 今度65玉なら55(66)角成まで。単に54合も同じこと。54銀と移動合で退路を開けても55角成、63玉、53と、72玉、73桂成以下です。
 受けに窮したようですが、44に合駒する手がありました。48飛の紐がついていますが、33角と14飛の焦点に中合するような感触です。
 44合が何かはちょっと置いといて先に進めます。
 44同飛とは取れないので42角不成と入ります。
 65玉なら65歩から53角成を見ています。
 53歩合と捨合して成か不成かを打診するのが有力な受けです。同角成なら65玉で打歩詰に誘おうという狙い。図②の33角不成で成っていると、この53歩合で身動きが取れなくなるところでした。
 しかし42角不成に53歩合なら同角不成と応じることが出来るので、65玉、65歩、54玉に44で清算して45歩と打てば詰みます。
 そこで42角不成には54玉と寄って凌ぎます。
 53角成は65玉で打歩詰ですから、スパッと44飛と切るのが英断の一手。
 同飛成なら53角成、同龍、同と、64玉、63と、同玉、73飛で詰みますので、同玉と応じる一手です。
 ここでようやく53に角を成ります。33玉と引けば、34歩から35銀と活用します。
 もう一度33玉と引けば打歩詰の局面。
 この局面で頭に利く駒があれば詰んでしまうので先ほどの44合が桂だったことがわかります。
 53馬が無ければ、34歩と打って詰みますが、いきなり42馬と捨てにかかると同飛成です。
 ここはいったん45桂と打診するのが良い手です。
 同飛成では34歩と打てるので清算して簡単。同飛不成と応じます。
 香の連打に同飛不成と応じたのは、実に20数手後のこの局面で成不成の選択の余地を残すためだったのです。
 同飛不成には決め手の42馬です。
 同飛と取らせれば34歩と打つことが出来、収束となります。

【作意】49香同飛不成48香同飛不成35馬、同玉、36銀、46玉、
    24角(図①)、55玉、56歩、64玉、33角不成(図②)、44桂合42角不成、54玉、
    44飛、同玉、53角成、33玉、34歩、同玉、35銀、33玉、
    45桂同飛不成、42馬、同飛、34歩、43玉、53と まで31手詰

 打歩詰打開は24角から33角不成というブレーキをかけるような手が妙味ある攻め方。また香の連打に玉方飛車の連続不成で応じれば、攻方も33から42へ角の連続不成で切り返し、双方不成を連続技で見せてくれるなど、素晴らしい一局でした。

******************************************************************
★次回例会
[日時] 2017年4月16(日)13時~
[場所] 関西将棋会館 4F和室
[課題] 次回(6月号)企画展のため作品の一般募集は行いません。
******************************************************************
★偶数月の第三日曜日に例会を開催します。
 6月は18日です。場所は大阪市福島区民センターになります。
 毎回、何か課題作を持ち寄って楽しく過ごせるようにしたいと考えています。
******************************************************************
※当ブログのコメントは管理者承認制になっていますが、下記アドレスに直接ご意見をいただければ、必要に応じて、返信させていただくとともに、内容をブログに反映するようにいたします。
    blogsokikaitusin@gmail.com
                                  以上
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する