FC2ブログ

創棋会の次回課題は「捌きを楽しむ作品」

<創棋会の次回課題は「捌きを楽しむ作品」>

 10月は、残暑が続いていると思ったら、いつの間にか涼しくなって、今度は台風や豪雨が襲来するという、大変な気象状態が続いています。
 災害に遭われた皆さまには心よりお見舞い申し上げます。

 2週間くらい前になりますが、通勤途上に見かけた花壇です。
通勤途上の花壇201910

■創棋会の次回課題
☆3月号掲載作品展の課題
・「捌きを楽しむ作品」。29手以内。
 「捌き」。皆さんはこの言葉からどのようなイメージを持たれるでしょうか?
 詰パラの結果稿などで「よく捌けて気持ちが良い」といった短評を見かけます。
 捌ける詰将棋は、気持ちがいい。
 それはなぜでしょう。
 村山隆治さんの『詰将棋手筋教室』(2000年 毎日コミュニケーションズ)の用語辞典では「捌き」について、「盤上の駒が十分に活用され、動き回って盤上から消えていくプロセスのこと」と説明されています。
 駒が活用される、駒が動き回る、駒が消えていく、この三点をあげておられるのですが、いずれも解いて楽しく、さわやかさな印象の残る要素と言えます。
 言葉では十分説明しきれないところのあるテーマですので、今回から少しずつ例題を紹介させていただきますが、作家の皆さまには、各人の感性で、楽しめる作品をお寄せいただきたいと思います。
 12月例会で選題します。
 投稿は→ blogsokikaitusin■gmail.com(■を@に変えてください)

◇例題紹介
 管理人が「いいな」と思った「捌きを楽しむ作品」を紹介していきます。

村山隆治作 将棋世界2004年1月(「五風十雨」第98番)
村山隆治98

 「捌き」という用語の説明を村山さんの著書から引用させていただいたので、同氏の作品を一局紹介させていただきます。
 初手は1筋にもにらみを利かせた27桂打。
 34玉は35銀までなので24玉と引きますが、調子に乗って15馬とすると13玉で詰みません。
 24玉には46馬が正解。
 14玉とかわされたら15銀の好手があります。同角なら11飛成があり、23玉と逃げるのは33歩成と角を取る手があり、いずれも簡単。
 23玉と引けば33歩成で角が取れるので、同銀、15桂で詰みます。
 危ないようですが34玉と寄ります。
 ここで26桂と捨てるのが好手。その効果は少し手順を進めると明らかになります。
 同歩と取らせて35馬。
 23玉と引く一手に15桂と跳ね出すのが気持ちの良い手です。

<9手目:15桂>
村山隆治98_15桂

 15桂に14玉なら、25銀と打てるのが26桂捨ての効果。15玉に11飛成と捨て同角に24馬まで、気持ちの良い変化です。
 15桂は同角と応じるしかありませんが、そこで14銀と捨てます。取れば11飛成、引けば13馬(銀成)があるので、33馬でこらえます。
 44飛成や44馬では詰みませんが、34馬と捨てるのが好手。
 同玉は44飛成の一発ですから、22玉と逃げますが、13銀成が決め手。
 同玉に11飛成までの詰みとなります。

 37の馬が46、35、34と活躍。
 また27に打った桂を15に捨てる、14に打った銀を13に捨てるなど、駒が二段活用されるところも気持ちが良いですね。

【作意】27桂、24玉、46馬、34玉、26桂、同歩、35馬、23玉、
    15桂(図)、同角、14銀、33玉、34馬、22玉、13銀成、同玉、
    11飛成まで17手詰

 村山さんは「詰将棋教室」の著者として有名です。同書で詰将棋の魅力と出会った方も多かったのではないでしょうか。
 大正生まれで創作や詰棋書執筆など幅広く活躍されましたが2013年に逝去されました。


萩野真甫作 「将棋綱目」第5巻21番
萩野真甫

 本作は昨年も一度このブログで紹介したのですが、捌きと言えば必ず思い浮かべる一作ということで、あらためて紹介させていただく次第です。
 きれいな実戦型で小駒図式。
 52銀から63銀成(と)のような手も目につきますが、62銀が実戦的な好手。
 72玉には61銀打から71銀不成があって簡単ですから、62同銀と取る一手です。
 62同銀には52金から62金と質駒にした銀を奪います。
 ここで調子に乗って71銀と打っては92玉と寄られて続きません。
 74桂と捨てるのが読みの入った妙手。
同歩と取られると73に逃げ道が出来て損なように思え、ちょっと打ちにくい手です。

<7手目:74桂>
萩野真甫74桂

 74桂に92玉と逃げるのは93銀と捨てるのが好手筋で、同玉に82銀から91銀成の筋で詰んでしまいますから、74同歩と取るしかありません。
 74同歩としてから71銀と打ちます。
 93玉は82銀打があるので92玉とかわしますが、ベタッと82に金を打つのが継続手段です。
 93玉と逃げたとき、83金と歩を取り、同玉に84歩と突き出すのがとても味の良い手です。
 74桂捨ての効果で74には逃げられませんから、93玉と寄ります(92玉は83銀で簡単)が、82銀打から93歩と手順の寄せが続きます。
 同桂と取らせたところから流れるような美しい収束が始まります。
 まず83歩成と捨て、同玉に73銀成と捌きます。

<23手目:73銀成>
萩野真甫73銀成

 同玉には63と と寄ります。
 83玉にはもう一度84歩と打ち、92玉に82銀成と捨て、同玉には72金と寄ります。
 92玉とかわすしかありませんが、83歩成と捨て、同玉に73と と寄れば92玉に82金までの詰み。
 この端正な実戦型から朝霧趣向が出てくるのは予想外。
 序盤74桂の妙手もあり、打った駒を二段活用して捌く手順は爽快そのものです。
 
 萩野真甫は“雁木”で有名な檜垣是安と同時代に活躍した江戸時代の在野棋士で初代伊藤宗看(三世名人)との対局も数十局に上るとのこと。
 また本図を左右反転した図が「諸國象戲作物集」に作者京作として掲載されているそうです。
 以上の記述は下記URLを参考にさせていただきました。

http://1banboshi.on.coocan.jp/page09-01(09).htm

http://archives.pref.yamaguchi.lg.jp/user_data/upload/File/smallexhibition/H26-08.pdf

【詰手順】62銀、同銀、52金、72玉、62金、82玉、74桂(図)、同歩、71銀、92玉、
  82金、93玉、83金、同玉、84歩、93玉、82銀打、92玉、93歩、同桂、
  83歩成、同玉、73銀成(図)、同玉、63と、83玉、84歩、92玉、82銀成、同玉、
  72金、92玉、83歩成、同玉、73と、92玉、82と まで37手詰


■創棋会の今後の予定
***【次回例会】************************************************* 
[日時] 2019年12月15日(日)13時~
[場所]  大阪市福島区民センター 304号
   〒553-0006 大阪市福島区吉野3-17-23
      アクセス → https://www.osakacommunity.jp/fukusima/access.html
   <最寄駅>地下鉄千日前線「野田阪神」、JR東西線「海老江」、阪神本線「野田」
[会費]  無料
[課題] 3月号作品展「捌きを楽しむ作品」29手以内

***【次々回例会】*********************************************** 
[日時] 2020年1月19日(日)13時~
[場所]  大阪市福島区民センター 302号(広い部屋です)
   〒553-0006 大阪市福島区吉野3-17-23
[会費]  無料
[課題] なし
  ★☆★ 終了後新年会開催 ★☆★
   場所は阪神「野田」近くの居酒屋を予定。
   開始時間は17時30分。
   会費等詳細は12月初旬にご案内。

***【先々の予定】*********************************************** 
[日時] 2020年2月16日(日)13時~
[場所]  大阪市港区民センター 楓 
  〒552-0007 大阪市港区弁天2-1-5
    アクセス → https://www.osakacommunity.jp/minato/access.html
  <最寄駅>地下鉄中央線・JR環状線「弁天町」徒歩7分
[会費]  無料
[課題] 未定(ネット作品展「教材」) 12月例会終了後にご案内の予定
****************************************************** 

★課題作の投稿などはこちらまで → blogsokikaitusin■gmail.com(■を@に変えてください)
スポンサーサイト



創棋会第283回例会報告(2019.10.20)

第283回例会報告
日時:10月20日(日)13:00~17:00
場所:大阪市港区民センター楓
参加者:小林徹、則内誠一郎、谷本治男、鳥本敦史、中出慶一、中村宜幹、西村章、野曽原直之、原田豪、古川剛士、吉松智明(以上11名、敬称略)

 台風被害のあった皆さまには謹んでお見舞い申し上げます。
 さて、今回の会場は数ヶ月ぶりに港区民センター。
 パラの会合案内に、住所や最寄り駅の情報を載せなかったので、ご不便をおかけしたかもしれません。以後注意します。
 参加者はチョッピリ少なめの11名でしたが、遠方より鳥本さんが来場、また古川さんは1年ぶりに顔を出していただきました。
 今回の課題は「複数の打歩詰関連手筋を含む作品」。
 ちょっとマニア向けの課題としてみたのですが、それでも当日持参を含めて10作近い投稿をいただきました。
 それぞれ一ひねりある作品で、解図に取り組んでいただいた皆さんも良い汗をかかれたようです。
 15時50分からは解説タイム。意欲作の数々に一同なるほど。
 含まれる手筋、難易度や手数などを勘案し、4作を選考しました。
 12月号をお楽しみにしてください!
 最後は事務連絡。今後の課題、解答選手権の協力依頼、作品集のことなどを意見交換し、集合写真を撮って解散。
 二次会には8名が参加し、近所の居酒屋で楽しいひと時を過ごしました。
                                                以上

【例会風景と集合写真】(氏名略)
191020_1.png

191020_2.png

191020_3.png

■創棋会の次回課題
☆3月号掲載作品展の課題
・「捌きを楽しむ作品」。29手以内。
 「捌き」。皆さんはこの言葉からどのようなイメージを持たれるでしょうか?
 詰パラの結果稿などで「よく捌けて気持ちが良い」といった短評を見かけます。
 捌ける詰将棋は、気持ちがいい。
 それはなぜでしょう。
 村山隆治さんの『詰将棋手筋教室』(2000年 毎日コミュニケーションズ)の用語辞典では「捌き」について、「盤上の駒が十分に活用され、動き回って盤上から消えていくプロセスのこと」と説明されています。
 駒が活用される、駒が動き回る、駒が消えていく、この三要素をあげておられます。
 いずれも解いて楽しく、さわやかさが味わえる要素と言えます。
 言葉では十分説明しきれないところのあるテーマですので、次回から少しずつ例題を紹介させていただきますが、作家の皆さまには、各人の感性で、楽しめる作品をお寄せいただきたいと思います。
 12月例会で選題します。
 投稿は→ blogsokikaitusin■gmail.com(■を@に変えてください)まで

■創棋会の今後の予定
***【次回例会】************************************************* 
[日時] 2019年12月15日(日)13時~
[場所]  大阪市福島区民センター 304号
  〒553-0006 大阪市福島区吉野3-17-23
     アクセス → https://www.osakacommunity.jp/fukusima/access.html
  <最寄駅>地下鉄千日前線「野田阪神」、JR東西線「海老江」、阪神本線「野田」
[会費]  無料
[課題] 3月号作品展「捌きを楽しむ作品」29手以内

***【次々回例会】*********************************************** 
[日時] 2020年1月19日(日)13時~
[場所]  大阪市福島区民センター 302号(広い部屋です)
[会費]  無料
[課題] なし
  ★☆★ 終了後新年会開催 ★☆★
     場所は阪神「野田」近くの居酒屋を予定。
     開始時間は17時30分。
     会費等詳細は12月初旬にご案内。

***【先々の予定】*********************************************** 
[日時] 2020年2月16日(日)13時~
[場所]  大阪市港区民センター 楓 
  〒552-0007 大阪市港区弁天2-1-5
     アクセス → https://www.osakacommunity.jp/minato/access.html
  <最寄駅>地下鉄中央線・JR環状線「弁天町」徒歩7分
[会費]  無料
[課題] 未定(ネット作品展「教材」) 12月例会終了後にご案内の予定
****************************************************** 

★課題作の投稿などはこちらまで → blogsokikaitusin■gmail.com(■を@に変えてください)

「すらすら解ける20手台」partⅣ結果発表<最終回:総評>

「すらすら解ける20手台」partⅣ結果発表<総評>

■創棋会の次回課題
☆12月号掲載作品展の課題
・「複数の打歩詰関連手筋を含む作品」。29手以内。
 打歩詰を巡る手筋は実に多彩です。思いつくままに挙げるだけでも、不成、打診、森田手筋、ブルータス手筋、不利逃避、不利合、不利先打等々、さまざまな手筋があります。
 12月号作品展は楽しめるものにしたいと考えておりますので、面白い狙い、ユニークな表現、組み合わせの妙を味わえる作品の投稿をお待ちしています。
 作家の皆さんの腕の見せ所です。10月20日の例会で選題しますので、奮って投稿ください。
 投稿は→ blogsokikaitusin■gmail.com(■を@に変えてください)
 なお、これまで紹介した例題はこちらからご覧いただけます。
  → http://sokikaitusin.blog.fc2.com/blog-category-19.html


■「すらすら解ける20手台」partⅣ結果発表<総評>
 創棋会のネット作品展「すらすら解ける20手台」PartⅣ、結果発表も前回で終了。
 長い間お付き合いいただきありがとうございました。
 今日は総評を紹介させていただき、振り返りを行いたいと思います。

 まず投稿から出題について。
 おかげさまで20作と多数の作品が揃いました。
 投稿下さった作家の皆様、ありがとうございました。
 今回出題させていただいた作品は、次の20名の方々から投稿いただいたものです。
 あらためて感謝申し上げます。
 下線部の6名が「すらすら解ける20手台」に初投稿いただいた方々です。(敬称略)。
    有吉弘敏、有山隆、石川和彦、片山智之、kisy一族、金少桂、則内誠一郎、
    中出慶一、西村章、ぬ、野曽原直之、野々村禎彦、廣瀬崇幹、松田圭市
    松本浩一、三輪勝昭、RINTARO、山路大輔、山本勝士、吉松智明

 また解答は次の17名の方からいただきました。(敬称略)。
 皆様ありがとうございました。
 下線の方には、今回初めて解答いただきました。引き続きよろしくお願いします。
    有山隆、有吉弘敏、奥鳥羽生、片山智之、小池正浩、白木大輔、則内誠一郎、
    占魚亭、竹中健一、中出慶一、西村章、、野々村禎彦、原田雄二、松本浩一
    山下誠、山本勝士

 投稿、解答とも6名の新しい顔ぶれとなり、常連の方とあわせて、大いに企画を盛り上げていただけました。
 引き続きよろしくお願いします。

 作品展の主旨からは、成績を競うものではないのですが、総評ということで、ちょっと振り返ると、出題20作の平均点は2.37でした。
 2016年の第一回からの推移を見ると、2.15→2.37→2.32→2.37となります。
 Cがゼロとして、AとBが同数なら2.5、全員がBなら2.0ですから、この数字はこの種の企画展なら及第点かと思います。ちなみに2.5を超えたのは6作品でした。
 また作品展の主旨に合ったものが好評という点で、C点ゼロの作品数に注目すると、2016年が4作、以降、10作、4作ときて、今回は9作でした。
 約半数がCゼロというのは、おおむね企画の主旨にマッチした選題だったと考えます。
 詰将棋である以上謎解きの要素はありますし、20手台ですから、ひとにらみで解けるものばかりだったとは申しませんが、いたずらに難解な作品、煩雑な作品はなく、解けば納得の作品が揃っていたと思いますが、いかがでしょうか。

小池正浩
 この催しも、もう4回目ですか。8月の行事として定着した感がありますね。
 個人的には寂しい解答結果となりましたが、多くの短評、特に新規の方々で賑わうことを願っております。

★「8月の行事として定着」と言っていただけるのは嬉しいです。
 解答は多くの新顔の方で賑わいました。

白木大輔
 解こうと挑戦はしましたが、残念ながら、あまり解けませんでした。
 少ないですが、解けた分だけ応募します。
 よろしくおねがいします。

★こういう催しは多くの方の解答で盛り上げていただくのが何より。
 解けた分だけでも解答を寄せていただき感謝申し上げます。


 解けた分だけ送ります。内容中心に評価しました。
 作品数も多いし当たらないだろうと思いつつ、作者予想も付けました。
 スラスラ度は1>4>9>2>7>5>12>19>10>13>3>14>6>17(自作、無解を除く)

★ぬさんには作者予想していただきありがとうございました。
 3作的中はお見事!
 3番と6番のすらすら度がやや意外。
 というのは、今回の出題は、管理人が考えた難易度順だったのです(笑)。
 しかし、難易度というのが、いかに主観で左右されるものかということがよくわかりました(汗)

西村章
 実力者の作品はこの様なスラスラ展でもとても綺麗に出来ておりうまいもんだなあと感心しました。

★作家目線の感想ありがとうございました。
 実力者の皆さん、着想をどのように表現するか、そこに技を感じますね。

山下誠
一部はすらすらとはいきませんでしたが、多彩な作品を楽しみました。

★バラエティに富んだ作品が揃いました。
 作家の皆さまには感謝!

竹中健一
 時間に追われて焦って解いたからかもしれませんが、すらすら解ける作品は多くはなかった気がします。
 でも楽しめました、有難うございます。

★時間が無いと、ちょっとした罠に落ちたり。
 でも解答を見れば「やられた」と苦笑いするようなものだったりします。

中出慶一
 評価は、「すらすら度抜群」、もしくは短大級「短大でも十分通用する手順・狙いを持った内容」かのどちらかで評価したい。
 短大でも通用すると思える作品は、9番、14番、17番、18番、19番、20番です。

★短大で通用する作品はおおむね同感。
 9・14・18・19は今回の評点上位ベスト5ですね。

片山智之
 初参加でしたが、存分に楽しませて頂きました。
 作品を評価するにあたっては、①すらすら、サクサク解けるか、②終形や収束に美を感じられるか、を判断基準としました。
 短評は一つの意見として参考にして頂ければ幸いです。
 今後も参加できるよう、尽力して参りたいと思います。

★投稿、解答、いずれも初参加でしたが、楽しんでいただけて何よりです。
 「美を感じるかどうか」という視点、大事にしてくださいね。

有吉弘敏
 好作とそうではない作とのギャップが前回より広がっている感覚です。
 テーマややりたい事が明確であり、かつすらすらである作品をどうしても高評価してしまいます。

★「難易度順」の出題がギャップを感じさせた面はあったかもしれません。
 主張が明確ですらすらというものを揃えるのが理想なのですが、なかなか難しいところではあります。

野々村禎彦
 年々レベルが上がっているのではないでしょうか。
 例会検討時の上位4作は本誌との重複出題でも良いと思います。
 例会と解答締切等の日程調整が新たに必要になりますが。

★「すらすら」の要件を十分明確に出来ないままですが、今年は詰将棋らしい謎解きの要素を備えた作品が揃っていたと思います。
 それでいて難解ではない(まして煩雑さとは程遠い)、解けば爽快な作品揃いだったのが、レベルアップと受け止められたのではないでしょうか。
 少々自画自賛に過ぎるかもしれませんが…。
 発表形式については、もう少し解答を増やしたい、それには出題数を絞り込みたい、しかし折角の投稿は大事に扱いたいという矛盾を感じています。
 そういう意味では、パラ誌発表とネット発表に分けるというのは一つのアイデアですね。
 重複ではなく、別々に出題するとして、パラに5~6題(10月号?)、ネットは今まで通り8月に十数題、というようなイメージですね。 発表を分散すれば解答者の負担も、幾分か軽減されると思います。
 少なくとも「すらすら解ける20手台」を本誌で出題するというのは、やってみたい企画ではあります。

☆解答者への呈賞につきましては、次の2名の方に詰棋書を贈呈させていただきます。
   片山智之さん、松本浩一さん
 楽しみにお待ちください。


■創棋会の今後の予定
 ※10月と11月は会場が異なりますのでご注意ください
***【次回例会】************************************************* 
[日時] 2019年10月20日(日)13時~
[場所]  大阪市港区民センター 楓
  〒552-0007 大阪市港区弁天2-1-5
     アクセス → https://www.osakacommunity.jp/minato/access.html
[会費]  無料
[課題] 12月号作品展「複数の打歩詰関連手筋を含む作品」29手以内

***【次々回例会】*********************************************** 
[日時] 2019年12月15日(日)13時~
[場所]  大阪市福島区民センター 304号
  〒553-0006 大阪市福島区吉野3-17-23
     アクセス → https://www.osakacommunity.jp/fukusima/access.html
[会費]  無料
[課題] 3月号作品展「捌きを楽しむ作品」29手以内
****************************************************** 

★課題作の投稿などはこちらまで → blogsokikaitusin■gmail.com(■を@に変えてください)
以上

「すらすら解ける20手台」partⅣ結果発表<18回目>

「すらすら解ける20手台」partⅣ結果発表<18回目>

■創棋会の次回課題
12月号掲載作品展の課題
・「複数の打歩詰関連手筋を含む作品」。29手以内。
 打歩詰を巡る手筋は実に多彩です。思いつくままに挙げるだけでも、不成、打診、森田手筋、ブルータス手筋、不利逃避、不利合、不利先打等々、さまざまな手筋があります。
 12月号作品展は楽しめるものにしたいと考えておりますので、面白い狙い、ユニークな表現、組み合わせの妙を味わえる作品の投稿をお待ちしています。
 作家の皆さんの腕の見せ所です。10月20日の例会で選題しますので、奮って投稿ください。
 投稿は→ blogsokikaitusin■gmail.com(■を@に変えてください)
 なお、これまで紹介した例題はこちらからご覧いただけます。
   → http://sokikaitusin.blog.fc2.com/blog-category-19.html


■「すらすら解ける20手台」partⅣ結果発表<18回目>
 創棋会のネット作品展「すらすら解ける20手台」partⅣには、17名の方から解答をいただきました。
 解答いただいたのは次の方々です(敬称略)。皆様ありがとうございました。
 下線の方には、今回初めて解答いただきました。引き続きよろしくお願いします。
    有山隆、有吉弘敏、奥鳥羽生、片山智之、小池正浩、白木大輔、則内誠一郎、占魚亭、
    竹中健一、中出慶一、西村章、、野々村禎彦、原田雄二、松本浩一、山下誠、山本勝士

 今年は昨年より出題数を減らしたのですが、それでも20問と言う大量出題になってしまいました!
 多数の方に解答に取り組んでいただきましたこと、あらためて感謝申し上げます。
 過去3回以上に、楽しんでいただける作品が多かったのではないかと思います。
   ★出題は以下のURLを参照下さい。
      → http://sokikaitusin.blog.fc2.com/blog-entry-287.html

 出題順に結果発表を行っています。今日はラスト2題をまとめて発表です。
 まず19作目から。

⑲ 則内誠一郎作
19sura4.png

【作意】28桂、同と、17香、25玉、26香、同玉、53角成、44歩合、
   35銀、36玉、63馬、54歩合、同馬、45桂合、48桂、25玉、
   37桂、同桂成、36馬、同成桂、26歩、同成桂、34銀、24玉、
   36桂、同成桂、25歩、同銀、23銀成まで29手詰

【正解】
  12手目→54歩
  手数→29手

【評点】(Aは3点、Bは2点、Cは1点とし、誤無解を除いて集計)
  平均点:2.82、A:9、B:2、C:0、誤解:1、無解:4、無評価:1 

【作者のことば】
 初手は17香と28桂の二者択一。
 10手目36玉まで自然な手が続く。
 11手目54馬で45桂合以下一本道の27手詰。
 かと思いきや一歩足りない。


★持駒が多いのですが桂香歩しかありません。
 初手は作者のことばにあるように17香か28桂の二択。
 まず17香と行ってみましょう。
 25玉に26香と捨てれば、36玉は、28桂、26玉(同とは48桂、26玉、35銀、25玉、37桂まで)、35銀、25玉、34銀、24玉、25歩、同銀、23銀成まで。
 しかし26香に同玉と応じられると、37銀引は25玉で捕まりませんし、53角成には44歩、35銀のとき36玉と寄られ、54馬、25玉で打歩詰になってしまいます。
 初手は28桂が正解。28桂、同と としておけば、先の変化で25玉のとき37桂が打てます。
 28桂に25玉は26香、同玉、37銀引、25玉、26香までですから、同との一手。
 そこで17香が正しい手順でした。
 25玉に26香と捨てて、同玉に53角成とします。
 44香合では同馬、同香、37銀引、25玉、26香がありますし、44桂合も35銀、36玉、54馬、45歩(桂馬が品切れ)、48桂、25玉、37桂までです。
 平凡ですが桂を温存して44歩合が最善です。
 35銀、36玉のとき、54馬とするのは45桂合とされ、48桂、25玉、37桂を同桂成と取られて、これは打歩詰。
 そこで63馬と遠ざかるのが好手。
 これに45桂なら、48桂、25玉のとき、52馬と入って合駒請求する手があります。
 桂は品切れなので、43に何を合しても、同馬から詰んでしまいます。
 63馬には54歩と捨合するのが受けの妙手。

<途中図>12手目:54歩
19sura4_12t.png

 54歩は同馬と取るしかありません。
 そこで45桂合と受けます。
 48桂、25玉で打歩詰ですが、打開の好手があります。
 37桂と捨て、同桂成に36馬と捨てるのです。
 要の馬を捨てるのは迫力十分。
 同成桂と取らせて26歩。同成桂に34銀と進めます。
 24玉に36桂と跳ねるのが打った駒を捌く味の良い一手。
 同成桂に25歩が打てて、同銀に23銀成までの詰み。


作者:すらすら創作過程で偶然中合。

★偶然の出会いを作品に仕上げるのも作者の腕。

:収束で歩が足りなくて少し悩んだ。
 作者予想: kisy一族さん

★筋の良い方には収束が見えますが、いきなり54馬とすると一歩不足で苦労されたのではないでしょうか。

山下誠:6三馬で1歩稼いで桂合を強要。その後の収束手順は凄すぎる。

★36馬と捨てて打歩詰を打開し、もう一度36桂と跳ねる味がたまりません。

片山智之:19手目の3六馬捨てがとても印象に残りました。

★小駒が活躍する手順の中で、豪快な大駒捨ては鮮やかな印象。

奥鳥羽生:キーとなる一手を11手目としていたら解図時間は短縮された(笑)

★12手目はそれなりの親切設計かと思いますが、11手目とすればもっと親切でしたね。

中出慶一:玉方延命の歩捨て合い、合駒桂の成と移動、打ち桂の移動捨て、等、密度濃い内容で、とても「すらすら級」でなく、短大でも半期賞を狙える内容です。今回の白眉です。

★合駒の45桂を翻弄する手順も楽しい。

西村章:創棋会の会場で「短大でもいいんじゃないの」という声が聞かれましたが同感で、スラスラ展にしては少々難しいと思いました。

★本局が難しいと感じるのは「読み」を求めるものではなく、謎解きのキーに気づくかどうかというところだと思います。

有吉弘敏:これは、かなり高級。48に打った桂の活用も入り、全体の構成も上手い。

★高度な構想が盛り込まれたわけではないのですが、歩の捨合、桂の活用、馬捨てと、構成が光る一局。

山本勝士:攻防共に絶品なり

★受けては54歩から45桂、攻めては36馬捨てに36桂跳ねと、攻防のバランスが取れた好局。

野々村禎彦:歩合させて二歩誘導したら歩中合で合駒請求の筋を消す、虚々実々の応酬。
 主役だった馬を捨て、形を決めた桂も捨てる収束も見事。
 ただし、明らかにすらすらではないが…

★「虚々実々の応酬」はピッタリの表現。

有山隆:これは短大級では?すらすらではないような・・・

★詰棋校出題でどういう評価がされるのか、興味がありますね。

占魚亭:今回の出題作のベスト。スラスラ解ける作品ではないと思いますが……。

★みなさんから「短大級」「すらすらでない」という短評を多数頂戴しましたが、評点は今回トップでした。


 それでは続いて20作目です。
 ラストバッターは山路大輔さん。

⑳ 山路大輔作
20sura4.png


【作意】17飛、同玉、19香、18銀合、同香、同玉、19香、同玉、
   28銀、同玉、37馬上、17玉、19香、18銀合、同香、同玉、
   27銀、17玉、26馬、28玉、37馬寄、29玉、18銀、同玉、
   27馬引、29玉、28馬まで27手詰

【正解】
  4手目→18銀
  手数→27手

【評点】(Aは3点、Bは2点、Cは1点とし、誤無解を除いて集計)
  平均点:2.62、A:8、B:5、C:0、誤解:0、無解:4、無評価:0 

【作者のことば】
 「18銀合」を2回行うのが狙いです。
 23手目に攻め方の手で18銀(捨て)が出てきます。
 なので「18銀」という手は3回出てきます。
 14香配置は香品切れに加え、4手目18金合の変化を詰ますために必要です。
 初形と6手目で盤面変わらずに持駒が飛香香香→銀香香に変わっている点にも注目です。


★入玉図ですが、盤面7枚でスッキリした初形です。
 ただ持駒に金銀が無く、飛香だけというのが、いかにも合駒の出てきそうなところで、合駒職人の山路さんらしい手順が飛び出すのを期待します。
 2枚の馬を働かせたいので、28飛と捨てたいところです。
 同玉なら37馬上で詰むのですが、取らずに19玉で続きません。
 面倒でも17飛と捨てて、同玉に19香と打つしかありません。
 18合は桂が打てず、角香は品切れ。飛金銀しかありません。
 まず金合はどうでしょうか。
 これには39馬と引きます。28に何を合しても、18香と金を取り、同玉に、19香と打ち、同玉に29金という詰み筋があります。28が金銀でも19香を同金や同銀は17金があり、19香に27玉も37金や17金があります。
 39馬に26玉も27香、同玉、38馬上で詰みます。
 18飛合も金合と同じ攻め方で詰みます。39馬に26玉なら、27香、28香と連打で飛車を入手して29飛まで。
 最善は18銀合です。

<途中図>4手目:18銀
20sura4_4t.png

 18銀合に39馬と引くのは26玉と逃げられ、27香を同銀と取られて詰みません。
 18銀合は同香と取るしかありません。
 同香、同玉に27銀が良さそうに見えますが、19玉とされると、手がありません。
 ここは19香と捨て、同玉に28銀とするのが好手順。
 これなら同玉と取るしかなく、37馬上と2枚馬の活躍が見込める形になってきました。
 37馬に17玉と逃げたとき、最後の持駒を19香と放ちます。
 18香合は、同香、同玉、19飛まで。
 18に飛金合も同香で簡単。
 最善は18銀合。2度目の18銀合ですね。
 銀合も同香、同玉に27銀と据え、17玉には26馬から37馬左と馬を繰り替え、29玉には27の銀を18に捨て、同玉に27馬引から2枚馬での収束となります。
 「すらすら解ける20手台」でも合駒の出てくるあたりが作風なんでしょうね。


山本勝士: 均整のとれた美しい作品

★好形ですね。金銀不使用でと金が一枚、清貧図式と呼ばれています。

有山隆:美しい形と手順。

★形だけでなく手順もきれいです。

有吉弘敏:2回の銀合以外に好手が少ない。収束2枚の馬が残るのも残念。

★攻め方の好手が少なくなるのは合駒作品の宿命でしょうか。

占魚亭:19香~18銀合のリピートが上手く入りましたね。

★合駒を読むだけに終わらず、こういうところも楽しめます。

中出慶一:2回の香打ち銀合で入手した銀もきれいに捌いて、2枚馬に拠ってきれいに詰上がる。短大級。

奥鳥羽生:19香、18銀合を繰り返し、銀は2枚とも消える

★合駒で入手した銀を捨てて消すのは気持ちの良い展開です。

山下誠:玉を2八へ誘うまでが一苦労。3七馬からは流れるような手順で引き締まる。

★馬の勢力に玉を呼ぶのに一苦労。まったく同感です。

則内誠一郎:端正な形で銀合2回はお見事。

★この形から銀合2回が素晴らしい。

原田雄二:「すらすら度3点、好感度3点、表現力3点、技術力3点。相加平均3.00点。」

★満点の高評価!

竹中健一:この初手から詰むイメージがあまりなかったので、難しかった。
   よく見たら他に有効な初手がないんだけど…

★紛れは28飛くらいなのですが、17飛から19香は合駒を読まされるので避けたいという心理が働きますね。

野々村禎彦:4手目飛合だと39馬で早詰と気付けばすらすら。18銀合の再度出現も鮮やか。

★変化は2枚馬の威力がモノを言います。

西村章:18の合駒が銀と決まれば後は気分良くスラスラ手が進み綺麗に収束しました。

★18銀が最善と読み切れば、そこからは気持ちの良い流れ。

片山智之:銀合が二度登場して、馬が少しずつ玉に接近・・・。
  上品に仕上げており、玄人好みの作品だと思いました。

★「玄人好み」には作者もニッコリでしょうね。


■創棋会の今後の予定
 ※10月と11月は会場が異なりますのでご注意ください
***【次回例会】************************************************* 
[日時] 2019年10月20日(日)13時~
[場所]  大阪市港区民センター 楓
  〒552-0007 大阪市港区弁天2-1-5
     アクセス → https://www.osakacommunity.jp/minato/access.html
[会費]  無料
[課題] 12月号作品展「複数の打歩詰関連手筋を含む作品」29手以内

***【次々回例会】*********************************************** 
[日時] 2019年12月15日(日)13時~
[場所]  大阪市福島区民センター 304号
  〒553-0006 大阪市福島区吉野3-17-23
     アクセス → https://www.osakacommunity.jp/fukusima/access.html
[会費]  無料
[課題] 3月号作品展「捌きを楽しむ作品」29手以内
****************************************************** 

★課題作の投稿などはこちらまで → blogsokikaitusin■gmail.com(■を@に変えてください)
以上

「すらすら解ける20手台」partⅣ結果発表<17回目>

「すらすら解ける20手台」partⅣ結果発表<17回目>

■創棋会の次回課題
12月号掲載作品展の課題
・「複数の打歩詰関連手筋を含む作品」。29手以内。
 打歩詰を巡る手筋は実に多彩です。思いつくままに挙げるだけでも、不成、打診、森田手筋、ブルータス手筋、不利逃避、不利合、不利先打等々、さまざまな手筋があります。
 12月号作品展は楽しめるものにしたいと考えておりますので、面白い狙い、ユニークな表現、組み合わせの妙を味わえる作品の投稿をお待ちしています。
 作家の皆さんの腕の見せ所です。10月20日の例会で選題しますので、奮って投稿ください。
    投稿は→ blogsokikaitusin■gmail.com(■を@に変えてください)
 なお、これまで紹介した例題はこちらからご覧いただけます。
    → http://sokikaitusin.blog.fc2.com/blog-category-19.html


■「すらすら解ける20手台」partⅣ結果発表<17回目>
 創棋会のネット作品展「すらすら解ける20手台」partⅣには、17名の方から解答をいただきました。
 解答いただいたのは次の方々です(敬称略)。皆様ありがとうございました。
 下線の方には、今回初めて解答いただきました。引き続きよろしくお願いします。
    有山隆、有吉弘敏、奥鳥羽生、片山智之、小池正浩、白木大輔、則内誠一郎、占魚亭、
    竹中健一、中出慶一、西村章、、野々村禎彦、原田雄二、松本浩一、山下誠、山本勝士

 今年は昨年より出題数を減らしたのですが、それでも20問と言う大量出題になってしまいました!
 多数の方に解答に取り組んでいただきましたこと、あらためて感謝申し上げます。
 過去3回以上に、楽しんでいただける作品が多かったのではないかと思います。
   ★出題は以下のURLを参照下さい。
      → http://sokikaitusin.blog.fc2.com/blog-entry-287.html

 今日の発表の前に、前回の結果発表にコメントがありましたので掲載させていただきます。

三輪勝昭:図巧12番
 この作品は図巧12番とイントロどころか14手まで同じです。
 勿論、知っていましたが、誰か触れるだろうと思い投稿用紙には書きませんでした。
 もし、僕が図巧12番を知らなかったら、看寿と同じ収束でまとめた17手詰を作ったでしょう。
 でもそれで発表したかと言うなら、それはないでしょう。助走は別として発想、道中の手順、まとめ方は誰が考えてもおかしくない手順で、誰も発表してないのはあり得ないですから。
 僕が15手目以降の手順を創りたくなったのは夕刊フジの角さんの作品を見たからです。
 それは23飛、22角の形で収束が12桂成でなく13飛成、同角、12歩、22玉、14桂迄の手順です。
 図巧12番の収束アレンジが狙いと感じたのですが、僕らしくアレンジするなら24桂と33桂は消したいなと思ったのが創作動機です。

★コメントありがとうございました。
 24桂と33桂の消去が創作動機のこと、よくわかりました。
 ピント外れの解説にならずにホッとしています。

 それでは本日の結果発表です。今日は18作目です。

⑱ 有吉弘敏作 「Go Down」
18sura4.png

【作意】56飛、69玉、68角成、同玉、77銀、同玉、87金、同玉、
   65角成、77玉、76馬、68玉、58銀、78玉、68飛、同玉、
   67馬、59玉、49銀、69玉、59飛、同玉、58馬まで 23手詰

【正解】
   最終手→58馬
   手数→23手

【評点】(Aは3点、Bは2点、Cは1点とし、誤無解を除いて集計)
  平均点:2.73、A:9、B:1、C:1、誤解:0、無解:5、無評価:1 

【作者のことば】
 銀引・飛捨てを2回繰り返す素材+序奏という構成で、タイトルは、全体の手順が下段に下がるという感じを表しています。
 極力変化・紛れは抑えました。
 狙いの一手は23手目58馬としましたが、本作では特にこの手が狙いというものはありません。解答審査上最も確実という観点で記載しました。


★パラっと広がった初形だが、攻め方には大駒が4枚もあります。
 持駒はないので、6筋の銀を動かして64飛を活用するか、46飛と13角のバッテリーに注目して開き王手から入るか、方針を決める必要があります。
 57銀と捌くのは本筋のようですが、59玉で後続手段がありません。
 したがって46飛を動かしての開き王手が有力となります。
 縦に動かす43飛成なら69玉とされ、47の歩が邪魔で、43の龍を使う展開が見込めません。
 横に動いて八・九段目で活用するような筋を考えたいところです。
 36飛と寄ってみましょう。
 67玉なら、57角成、78玉、38飛で簡単。
 また69玉なら、39飛、59銀合、58銀、同玉、57角成、69玉、77銀で詰みます。
 しかし59玉とされると、54飛と寄ったとき、57歩合が受けの好手で、同飛、49玉、58銀、48玉、49銀、同玉以下逃れます。
 攻方の92角配置は、83だと49同玉に94角成があるので、それを回避したものです。
 ということで、初手は56飛と5筋に利かせて開き王手が正解です。
 67玉は77銀でアッサリ詰みますから、69玉と逃げます。
 58銀としたいのですが59玉と銀の下に潜られるとちょっと詰みません。
 56飛の利きを残して、68角成と捨て、同玉に77銀と、左に玉を呼ぶのが好手順です。
 77銀に69玉は76銀右と、67の銀を上がって開き王手することが出来て簡単。
 同玉には87金と、抑えの駒に見える98の金を活用するのが好手。
 68玉には76銀と学習済みの開き王手があり、78玉に58飛以下捕まります。
 87同玉と取る一手に65角成と待望の92角の活用です。
 88玉と潜れば84飛があるので、77玉と寄りますが、76馬と引き、68玉に58銀と開き王手すれば、視界が開けます。

<途中図>13手目:58銀
18sura4_58銀

 58銀に59玉は49銀まで。
 78玉と寄る一手に、68飛と捨てます。
 同玉に67馬と引けば、網が絞られる感じです。
 59玉には49銀と開き王手。
 69玉と寄る一手に、59飛と捨てます。
 同玉に58馬までと引いてきれいな詰め上がり。
 58銀~68飛、49銀~59飛と、開き王手~飛捨てが二度繰り返されるところが、趣向的で、解後感も抜群です。


西村章:59に逃げられてはダメなので初手は56飛しかないし、64飛を使うには2枚の銀を捌くしかないしという感じでスラスラ手が進み見事に収束しました。

★理詰め、消去法で正解にたどり着いてもすらすら解けたという感想が生まれるのは結構なことです。

有山隆:流麗なタッチ

★手順の流れがいいですね。

野々村禎彦:よく捌けて紛れも多いが、人為的な配置も多いので今ひとつスッキリしない。

★つくりものですから、多少は人為的な配置もあるかと思いますが…。

山本勝士:広がり過ぎで取りつきにくい

★一手一手包囲網を絞り込んで、最後はコンパクトに収まるので、初形の広がりも気にならない?

奥鳥羽生:変化も単純ではないので一手一手に緊張感がある

★前半は少し変化を読まされますが、後半は気持ちよく。

則内誠一郎:大駒総出で入玉を攻める異能戦。

★大駒の威力が存分に発揮されました。

山下誠:6五に作った馬が着実に迫って玉を最下段に追い込む。

★タイトルに触れた評はありませんでしたが、玉を下段に追い込むところは、感じがよく出ていると思います。

竹中健一:馬の動きにリズムがあって良いですね。

★収束の馬の動き、テンポ良し。

中出慶一:華麗な捌きを経て清涼詰にて終了、入玉図での裁きの極意を見る思い。

★47歩が無ければ攻め方2枚になったのですが…。

占魚亭:きれいに収束して解後感抜群。

★二枚飛を捨てて、これ以上ない締めくくり。

片山智之:捌きに捌いて、終形は簡素でエレガント。
  私の最も好きなタイプで、今回の投稿作品の中で一番の出来映えだと思いました。
  評価は、もちろん「A」です。

★A評価9票と高く評価され、2位の好成績を収められました。


■創棋会の今後の予定
 ※10月と11月は会場が異なりますのでご注意ください
***【次回例会】************************************************* 
[日時] 2019年10月20日(日)13時~
[場所]  大阪市港区民センター 楓
  〒552-0007 大阪市港区弁天2-1-5
     アクセス → https://www.osakacommunity.jp/minato/access.html
[会費]  無料
[課題] 12月号作品展「複数の打歩詰関連手筋を含む作品」29手以内

***【次々回例会】*********************************************** 
[日時] 2019年12月15日(日)13時~
[場所]  大阪市福島区民センター 304号
  〒553-0006 大阪市福島区吉野3-17-23
     アクセス → https://www.osakacommunity.jp/fukusima/access.html
[会費]  無料
[課題] 3月号作品展「捌きを楽しむ作品」29手以内
****************************************************** 

★課題作の投稿などはこちらまで → blogsokikaitusin■gmail.com(■を@に変えてください)
以上

<もうすぐ例会~創棋会の次回例会は10月20日>

<もうすぐ例会~創棋会の次回例会は10月20日>
 本日は「すらすら解ける20手台」結果発表を休ませていただき、創棋会の次回課題についての例題紹介をさせていただきます

■「すらすら解ける20手台」PartⅣ
 *出題 → http://sokikaitusin.blog.fc2.com/blog-entry-287.html
 *結果稿(第一回) → http://sokikaitusin.blog.fc2.com/blog-entry-293.html

■創棋会の次回例会は10月20日です!
 次回例会は、2019年10月20日(日)。13時開始です。
 場所は大阪市港区民センター「楓」です。
 (いつもの福島区民センターではないのでご注意ください。)
 皆さまのご参加をお待ちしております。

■創棋会の次回課題
12月号掲載作品展の課題
・「複数の打歩詰関連手筋を含む作品」。29手以内。
 打歩詰を巡る手筋は実に多彩です。
 思いつくままに挙げるだけでも、不成、打診、森田手筋、ブルータス手筋、不利逃避、不利合、不利先打等々、さまざまな手筋があります。
 12月号作品展は楽しめるものにしたいと考えておりますので、面白い狙い、ユニークな表現、組み合わせの妙を味わえる作品の投稿をお待ちしています。
 作家の皆さんの腕の見せ所です。奮って投稿ください。
 10月例会で選題します。
   投稿は→ blogsokikaitusin■gmail.com(■を@に変えてください)

◇例題紹介
 例題紹介のために、一昨年のブログでも参考にさせていただいた湯村光造さんの「歩詰手筋総まくり」という論考を読み直しています。
   ※この論考は「将棋めいと」13号(1992年7月)から19号(1995年11月)まで連載されました
 この論考で取り上げられている作品についても、自分なりに鑑賞しなおして、紹介させていただきます。
 それ以外にも、手元の詰棋書を眺めていて、面白いと思ったものは随時紹介させていただきます。
 なお湯村さんの論考が契機となり「打歩詰大賞」が創設されました。同大賞の作品群はブログ「借り猫かも」で詳細に紹介されています。
    http://torakamaneko.cocolog-nifty.com/blog/2014/08/post-d497.html

 さて、それでは例題紹介です。管理人が面白いと感じた作品をご覧ください。

伊藤看寿作 宝暦5年(1755年) 『将棋図巧』第68番
図巧68

 1筋の龍と飛車を活用したいところ。
 俗だが、48銀、29玉、28金打、同馬、同金と19の馬を奪う。
 28同玉となったところで、18飛と一歩入手する手が見えますが、27玉となると、たちまち打歩詰。

<失敗図>27玉
図巧68_失敗図

 ここで17飛、同成銀、36馬としても28玉で逃れ。
 28地点を塞ぎたいのですが、どうすれば良いのでしょうか。
 素晴らしい手がありました。
 19角と打つのです。

<1図>7手目:19角
図巧68_19角

 19角を同玉なら、18飛、29玉、19飛、28玉に29歩と打って、27玉のとき17飛と捨てれば、同成銀に36馬には同玉の一手となり、25龍から収束に入れます。
 また19角に29玉は26龍と成銀を取れるので、19玉(27合は同飛以下)、28銀、29玉、39銀右と開き王手して詰みます。
 19角には同歩成が最善です。
 19にと金が出来ました。
 29歩と打ちます。同玉なら19飛があるので、同と と応じます。
 これで19飛と引き27玉となった局面が次図。

<2図>12手目:27玉
図巧68_27玉

 失敗図では28歩が打歩詰でしたが、今度は29にと金があります。
 これで28歩と打つことが出来ます。
 ただで取れる18歩を取らず、19角の妙手でと金を作らせて、そのと金を29まで運んできたわけです。
 28歩、同とで28を塞ぐことに成功。
 これで切り札の17飛が指せます。
 同成銀と取らせて、36馬と捨てます。
 同玉の一手に25龍と寄り、47歩、同桂成に55龍と切って、同玉に56金までの都詰。

 駒を成らせて取歩駒にし、打歩詰を打開する、というのは常套手段ですが、本作ではタダで取れる駒を成らせる、しかもそれを19角という妙手で実現したところが、素晴らしい作品です。

【詰手順】48銀、29玉、28金打、同馬、同金、同玉、19角(1図)、同歩成、
   29歩、同と、18飛、27玉(2図)、28歩、同と、17飛、同成銀、
   36馬、同玉、25龍、46玉、47歩、同桂成、55龍、同玉、56金まで25手
      ※この詰手順は門脇芳雄氏の「詰むや詰まざるや」から引用。
       同書によれば「文政版」では収束55龍に36玉の27手が採用されているとのこと。


髙橋和男作 詰パラ1979年3月 『現代詰将棋中編名作選』第10番
髙橋作現中10

 38龍の睨みがあるので17玉と潜り込まれても大丈夫そうです。
 まず35銀と行きます。25玉なら、36龍、15玉、24銀、同玉、35龍と龍を活用して簡単に詰みます。
 15玉とかわせば、24銀と押し売り。取れば35龍があるので、26玉と元の場所に戻ります。
 ここで36飛と打ちたくなります。
 25玉に17桂と打つのが狙いです。
 同香成なら、35飛、24玉、16桂、同成香、34銀成、14玉、15歩、同成香、24成銀、同玉、34飛、23玉、24飛、同玉、34龍と、きれいに詰みます。
 しかし17桂には24玉と逃げ、34銀成にも15玉と香の裏に潜り込まれると、どうしても詰みません。
 26玉には18桂と打つのが大事な一手です。

<1図>5手目:18桂
髙橋作現中10_18桂

 逃げるわけにはいかないので取る一手。
 ちょっと洒落て同香不成とすると、36飛、25玉、16桂と打たれ、同成香と取れません。
 同となら26飛から36龍で決まりますし、24玉なら34銀成、15玉(14玉なら16飛から24成銀~34龍)に16歩と打てるので、14玉、24成銀、同玉、34飛、23玉、24飛、同玉、34龍と気持ちよく詰みます。
 18桂には同香成と応じるしかない。
 36飛と打って、17玉なら29桂、同成香、18歩、同と、37飛と引けば詰む。
 しかし、25玉とされると、17桂、同成香、35飛、24玉、34銀成、14玉で打歩詰。
 実は、18同香成のとき、一間離して46飛と打つのが巧打。
 25玉には35龍があるので、36に捨合して龍飛の働きをダブらせておくのが好防。
 しかし頭に利く駒は後に16や15に打たれてしまうので、頭の丸い桂が絶対。
 36桂を同龍は17玉から脱出されるので、同飛と応じるしかありません。
 しかしこれで一枚桂を入手できました。
 36桂、同飛、25玉のとき、17桂が好手。

<2図>11手目:17桂
髙橋作現中10_17桂

 同とは26飛があるので、同成香。
 35飛、24玉でもう一度、16桂と打ちます。

<3図>15手目:16桂
髙橋作現中10_16桂

 23玉と逃げれば、25飛、同桂、34龍、22玉、32歩成、11玉、21との好変化がありますので、同成香と取ります。
 34銀成、14玉となった局面は、成香を移動させた効果で、15歩が打てます。
 同成香に24成銀と捨て、同玉に34飛、23玉、24飛と飛車を捌いて、同玉に34龍までの詰みとなりました。
 初形の16香を18桂で成らせた後、17、16と桂捨てで移動させて打歩詰を打開するのですが、楽しい手順で表現された好作です。

【詰手順】35銀、15玉、24銀、26玉、18桂(1図)、同香成、46飛、36桂
   同飛、25玉、17桂(2図)、同成香、35飛、24玉、16桂(3図)、同成香、
   34銀成、14玉、15歩、同成香、24成銀、同玉、34飛、23玉、
   24飛、同玉、34龍まで27手詰
     ※5手目と7手目、手順前後のキズがあります。


柏川悦夫作 近代将棋1992年6月(塚田賞、『現代詰将棋短編名作選』第181番)
柏川悦夫作_現短181

 例題紹介の最後は巨匠柏川さんの作品。
 23銀と捨てる筋が見えますが同馬と取られてしまいます。
 軽く26桂と捨て同銀と取らせます。
 24飛と捨て、同玉に33馬と入れば、14玉に17香と一歩入手。
 同桂成なら15歩で簡単ですから、26桂を防ぎながら同銀不成と応じるのが好手。
 そこで26桂と捨てて、同銀不成と呼び戻せば15歩と打てて、同銀に23馬までというのが一連の読み筋。
 ところが、最後の26桂を同銀成と取られて困りました(失敗図)。

<失敗図:26同銀成まで>
柏川作_現短181_失敗図

 こうなると打歩詰。
 18龍も同馬なら23銀で詰むのですが、取らずに17歩合で手が続きません。
 不成で打歩詰に誘致する筋はたくさんありますが、成って打歩詰に誘致するというのは珍しい手順。
 飛角桂香歩は成らせて打歩詰を打開することが出来たのですが、銀だけが成ることで打歩詰に誘致することが出来るという非常に珍しい手筋です。
 そこで攻め方も工夫します。
 初手から26桂、同銀、24飛、同玉と進めたとき、35龍とタダ捨てするのが妙手。

<1図>5手目:35龍
柏川作_現短181_35龍

 攻め方の利きが無く、玉方は馬と銀が利いているところに、飛び込むのは大変爽快。
 同馬なら馬の利き筋がそれるので、33馬から23銀不成があります。
 もちろん同玉は45馬から33角、23銀で詰み。
 35龍には同銀と応じるしかありません。
 そこで33馬と入り、14玉に17香と歩を入手。
 この辺までは失敗図に向かう手順と大きく変わらないように思います。
 しかし今度は26の銀が35にいますから、17香は同桂成と取るしかありません。
 先ほどと同じように、26桂と打ちます。

<2図>11手目:26桂
柏川作_現短181_26桂

 同銀と取る一手ですね。
 しかし銀は35にいますから成れません。
 失敗図では銀は17にいたので、同銀成と応じることが出来たのですが、今度はそれが出来ません。
 35龍の妙手で銀を35に呼んだ効果がここで現れました。
 35同銀に15歩が打てますから、同銀と取らせて、23馬までの詰み。

 玉方は「銀は成ることで打歩詰に誘致できる」という珍しい手筋で逃れ順を用意しますが、攻め方は、35龍という豪快な捨駒で、「銀を成・不成の選択が出来ない地点に移動させて打歩詰を回避する」という構想を実現した素晴らしい作品です。

【詰手順】26桂、同銀、24飛、同玉、35龍(1図)、同銀、33馬、14玉、
    17香、同桂成、26桂(2図)、同銀、15歩、同銀、23馬まで15手詰


■創棋会の今後の予定
 ※10月と11月は会場が異なりますのでご注意ください。
***【次回例会】************************************************* 
[日時] 2019年10月20日(日)13時~
[場所]  大阪市港区民センター 楓
  〒552-0007 大阪市港区弁天2-1-5
     アクセス → https://www.osakacommunity.jp/minato/access.html
[会費]  無料
[課題] 12月号作品展「複数の打歩詰関連手筋を含む作品」29手以内

***【次々回例会】*********************************************** 
[日時] 2019年12月15日(日)13時~
[場所]  大阪市福島区民センター 304号
  〒553-0006 大阪市福島区吉野3-17-23
     アクセス → https://www.osakacommunity.jp/fukusima/access.html
[会費]  無料
[課題] 3月号作品展「捌きを楽しむ作品」29手以内
****************************************************** 

★課題作の投稿などはこちらまで → blogsokikaitusin■gmail.com(■を@に変えてください)

「すらすら解ける20手台」partⅣ結果発表<16回目>

「すらすら解ける20手台」partⅣ結果発表<16回目>

■創棋会の次回課題
☆12月号掲載作品展の課題
・「複数の打歩詰関連手筋を含む作品」。29手以内。
 打歩詰を巡る手筋は実に多彩です。思いつくままに挙げるだけでも、不成、打診、森田手筋、ブルータス手筋、不利逃避、不利合、不利先打等々、さまざまな手筋があります。
12月号作品展は楽しめるものにしたいと考えておりますので、面白い狙い、ユニークな表現、組み合わせの妙を味わえる作品の投稿をお待ちしています。
作家の皆さんの腕の見せ所です。10月20日の例会で選題しますので、奮って投稿ください。
投稿は→ blogsokikaitusin■gmail.com(■を@に変えてください)
 なお「すらすら解ける20手台」の結果発表をスタートしますので、例題紹介はしばらくお休みさせていただきます。


■「すらすら解ける20手台」partⅣ結果発表<16回目>
 創棋会のネット作品展「すらすら解ける20手台」partⅣには、17名の方から解答をいただきました。
 解答いただいたのは次の方々です(敬称略)。皆様ありがとうございました。
 下線の方には、今回初めて解答いただきました。引き続きよろしくお願いします。
    有山隆、有吉弘敏、奥鳥羽生、片山智之、小池正浩、白木大輔、則内誠一郎、占魚亭、
    竹中健一、中出慶一、西村章、、野々村禎彦、原田雄二、松本浩一、山下誠、山本勝士

 今年は昨年より出題数を減らしたのですが、それでも20問と言う大量出題になってしまいました!
 多数の方に解答に取り組んでいただきましたこと、あらためて感謝申し上げます。
 過去3回以上に、楽しんでいただける作品が多かったのではないかと思います。
   ★出題は以下のURLを参照下さい。
      → http://sokikaitusin.blog.fc2.com/blog-entry-287.html

出題順に結果発表を行っています。今日は17作目です。

⑰ 三輪勝昭作
17sura4.png

【作意】23飛生、22銀合、13桂、11玉、12歩、同玉、24桂、11玉、
   21桂成、同玉、33桂、11玉、12桂成、同玉、13歩、11玉、
   21桂成、同玉、22飛成、同玉、23銀、13玉、35角、同飛、
   14香、24玉、51角成迄27手詰。

【正解】
  15手目→13歩
  手数→27手

【評点】(Aは3点、Bは2点、Cは1点とし、誤無解を除いて集計)
  平均点:2.46、A:7、B:5、C:1、誤解:0、無解:4、無評価:0 

【作者のことば】
 初手は詰キストには第一感。
 2手目斜めに利かない駒は守り弱過ぎで、金合は簡単です。
 4手目32玉は44桂、41玉、42歩、同玉、75角、53歩合、54桂、同飛、22飛成以下。
 好変化で読み易いと思います。
 54桂はしなくても詰みますがしないと長いのは明白で、筋の良い手なので見え易いと思ってます。
 95角は馬にして最終手成不成非限定をする事が出来ますが、この変化は筋良し1本の方が読み易いと思い角にしました。

 狙いの一手と解答指定手は15手目13歩を希望します。
 作品の狙いは2手目局面から18手目の局面に13歩が発生する事です。
 詰将棋では詰方駒の発生は例えば3手目33桂、11玉の形なら12歩、同玉、13歩、11玉で簡単に発生するので発生自体はテーマにはなりません。
 なので正確には発生させる手間が狙いですが、手順を追えば13歩発生がテーマと分かり解答指定手も15手目13歩が良いと思います。

 13歩を発生させる理由は23銀に21玉が詰むようにするためですが、それなら24桂でも良く、33桂を捨てる必要もありません。
 その理由は簡単に出来ていますが、創作ではすっとは浮かばず苦労しました。


★三輪さんも「すらすら解ける20手台」の常連作家のお一人です。
 作者のことばで詳細に狙いなどが語られていて、下手な解説は蛇足のそしりを免れませんが、もう少し手順に触れておきます。
 初手23飛成は22合、13(33)桂、11玉で打歩詰になるので不成と行くのはわかりやすいと思います。
 2手目も歩合などは、13桂、11玉、12歩、同玉、24桂、11玉、21桂成、同玉、33桂、11玉に13飛成で詰んでしまいますから、この一手。(金合は24桂を据えてから22飛成と金を取って簡単)
 3手目に33桂と出来れば話が早いのですが、それは32玉で詰まないので13桂とします。
 32玉なら、飛車の横利きがあるので44桂から75角と飛び出す気持ちの良い手があって詰みます。
 11玉と寄るしかありませんが、12歩、同玉に24桂と打って32の逃げ道を封鎖し、11玉には、21桂成、同玉に33桂と、桂を13から33に打ち換えます。
 今度は32玉と逃げられないので11玉と応じるしかありません。
 ここで急いで22飛成といくと、同玉、23銀、13玉、12桂成、24玉で脱出されてしまいます。
 作意と比較してもらうと分かるのですが、33桂と24桂が角の活用を阻む邪魔駒になっているのです。
 しかし消去の順番を間違えると32玉の逃げ道も復活するので要注意。
 そこで11玉の局面で、12桂成、同玉と24桂を消して、13歩、と打ち換えます。

<途中図>15手目:13歩
17sura4_15t.png

 11玉と押し戻してから、21桂成と33の桂を捨てます。
 同玉となって、24と33の桂馬が消えました。
 ここからは一気に収束です。
 22飛成と銀を取り、同玉に23銀と打ちます。
 13歩があるので、玉はバックできません。
 13玉と上がったところで、35角と香を取り、同飛に、14香、24玉、51角成と95角が動いて詰み。
 飛不成の導入から、桂歩を使った細かな応酬、最後は鮮やかな収束と、見応えのある一局でした。


山下誠:桂の打ち替えから成り捨てと細かい味の手が続いて角成が見事なとどめ。

★リズミカルな前半と豪快な後半。解いて爽快な作品です。

有山隆:前半の細かい綾が面白い。

★手なりで進められるのですが、その意味が後でわかったりします(笑)

片山智之:桂の使い方に技を感じました。

★リズムよく解けますが、創作難度は高そうです。

占魚亭:桂捌きが見事。

★3枚とも打ってから捨てる構成。

西村章:4手目の32玉には44桂、41玉、42歩、同玉に75角とする気の効いた変化があった。

★75角と飛び出す変化は気持が良い。

:左側の配置が2手目の変化と収束にうまく働いている。
 作者予想: 野曽原直之さん

★二枚の角が収束のためだけの配置になってないのが良いですね。

竹中健一:全然すらすらじゃないんだけどなぁ…。95角の配置は微妙ですね。

★前半は気持ちの良い手順かと思います。収束が見えるかどうかがすらすらの分かれ目?

山本勝士:95角がいや味。他に方法は?

★変化と収束の両方に絡むので、これが最善の配置なのでしょうね。

野々村禎彦:桂3枚を打っては成り捨てる感触。他に手がなく収束も見え見えなのが残念。

★95角の配置が収束を暗示?

則内誠一郎:パズルの要素があって面白い。

★22銀を取って収束に持ち込むまでの回りくどさが何とも言えません。

中出慶一: 2手目の合駒・銀を桂の打ち替え、桂成捨て後の19手目にやっと取る、狙い実現度が高度。名手からの好作です。

★高度な狙いを楽しい手順で表現するというのは技術が必要です。

奥鳥羽生:リズム良く打っては成捨てを繰り返して、24・33両方を空ける

★24は流れで空けられるのですが、33を空けるのは収束に気づいてからですね。

有吉弘敏:明快で、この構図ではじめて見た論理の様な気がする。面白かった。

★例会終了後の懇親会で、某氏から「このイントロ、図巧にありませんでしたか?」とのコメント。
 図巧を紐解くと、ありました。12番がそれです。
 飛不成、銀の移動合、13桂から33桂への打換などは、良く似た味わいですが、打換えた33桂も消去してみせたところが作者の腕ですね。

伊藤看寿作 図巧12番
図巧12

【詰手順】23飛、32玉、13飛不成、21玉、23飛不成、22銀、13桂、11玉、
   12歩、同玉、24桂、11玉、21桂成、同玉、33桂、11玉、
   12桂成、同玉、13馬、同銀、21飛成まで21手詰
      ※16手目33同香は、22飛成、同玉、23銀以下27手かかります。


■創棋会の今後の予定
 ※10月と11月は会場が異なりますのでご注意ください。
***【次回例会】************************************************* 
[日時] 2019年10月20日(日)13時~
[場所]  大阪市港区民センター 楓
  〒552-0007 大阪市港区弁天2-1-5
     アクセス → https://www.osakacommunity.jp/minato/access.html
[会費]  無料
[課題] 12月号作品展「複数の打歩詰関連手筋を含む作品」29手以内

***【次々回例会】*********************************************** 
[日時] 2019年12月15日(日)13時~
[場所]  大阪市福島区民センター 304号
   〒553-0006 大阪市福島区吉野3-17-23
       アクセス → https://www.osakacommunity.jp/fukusima/access.html
[会費]  無料
[課題] 3月号作品展「捌きを楽しむ作品」29手以内
****************************************************** 

★課題作の投稿などはこちらまで → blogsokikaitusin■gmail.com(■を@に変えてください)
以上

「すらすら解ける20手台」partⅣ結果発表<15回目>

「すらすら解ける20手台」partⅣ結果発表<15回目>

■創棋会の次回課題
☆12月号掲載作品展の課題
・「複数の打歩詰関連手筋を含む作品」。29手以内。
 打歩詰を巡る手筋は実に多彩です。思いつくままに挙げるだけでも、不成、打診、森田手筋、ブルータス手筋、不利逃避、不利合、不利先打等々、さまざまな手筋があります。
 12月号作品展は楽しめるものにしたいと考えておりますので、面白い狙い、ユニークな表現、組み合わせの妙を味わえる作品の投稿をお待ちしています。
 作家の皆さんの腕の見せ所です。10月20日の例会で選題しますので、奮って投稿ください。
   投稿は→ blogsokikaitusin■gmail.com(■を@に変えてください)
 なお「すらすら解ける20手台」の結果発表をスタートしますので、例題紹介はしばらくお休みさせていただきます。


■「すらすら解ける20手台」partⅣ結果発表<15回目>
 創棋会のネット作品展「すらすら解ける20手台」partⅣには、17名の方から解答をいただきました。
 解答いただいたのは次の方々です(敬称略)。皆様ありがとうございました。
 下線の方には、今回初めて解答いただきました。引き続きよろしくお願いします。
   有山隆、有吉弘敏、奥鳥羽生、片山智之、小池正浩、白木大輔、則内誠一郎、占魚亭、
   竹中健一、中出慶一、西村章、、野々村禎彦、原田雄二、松本浩一、山下誠、山本勝士

 今年は昨年より出題数を減らしたのですが、それでも20問と言う大量出題になってしまいました!
 多数の方に解答に取り組んでいただきましたこと、あらためて感謝申し上げます。
 過去3回以上に、楽しんでいただける作品が多かったのではないかと思います。
   ★出題は以下のURLを参照下さい。
      → http://sokikaitusin.blog.fc2.com/blog-entry-287.html

 出題順に結果発表を行っています。今日は16作目です。

⑯ 山本勝士作
16sura4.png

【作意】32銀不成、34玉、33飛、同玉、43飛、32玉、34香、33桂
   同香成、21玉、22成香、同玉、34桂、32玉、42飛成、23玉、
   22龍、34玉、46桂、同銀、24龍まで21手詰

【正解】
   8手目→33桂
   手数→21手

【評点】(Aは3点、Bは2点、Cは1点とし、誤無解を除いて集計)
   平均点:1.83、A:1、B:8、C:3、誤解:0、無解:5、無評価:0 

【作者のことば】
 初手はいやな手ですが20手台にならないので無理につけ加えました。
 一本道のようですが、これこそ「すらすら」に適合していると思い投稿します。

★ベテランの山本さん、ネット作品展にも投稿いただき、ありがとうございます。
 32銀と飛車を取る前に、21飛、22合の交換を入れておきたいのですが、21飛に13玉で困ります。
 すぐに32銀と飛車を取るのが正解。
 同玉は22飛で簡単ですから34玉と上部に逃げます。
 25から脱出されると捕まらないので、33飛と捨てて玉を呼び戻すのが急所の一手。
 それでも25玉なら35飛成と銀を取り、同玉に37香がピッタリ。36合に45飛、34玉、23銀打で詰み。
 33飛は同玉と取るしかありません。
 ここで43飛とベタッとくっつけて打つのが好手段。
 53飛と離して打ちたくなりますが、それでは32玉、34香のとき41玉とかわされて詰みません。
 34玉では23飛成から43龍があるので32玉と銀を取ります。
 34香と打てば、21玉に23飛成で一巻の終りと思いますが、33桂と捨合する受けの妙手がありました。

<途中図>8手目:33桂
16sura4_8t.png

 33桂をうっかり同飛成と取ると、41玉と逃げられ、31龍なら42玉、54桂、62玉で、また32龍は51玉で詰みません。
 かといって33同香不成は23玉で逃れ。
 33同香成と取るしかありませんが、21玉となって、41飛成は63角が利いているのでダメです。
 困ったようですが、22成香と捨てて34桂と打換えるのが局面打開の好手段。
 これで飛車の活用が見込めます。
 32玉に、42飛成とし、以下23玉、22龍、34玉と追ったところで46桂と跳ねるのが気持ちの良い手です。
 44玉なら43龍があります。作意は、同銀と取って24龍までの詰み
 33桂の好防を軸に軽快にまとめられた一局。


作者:無理やり20手台にした。

有山隆:初手駒取りがちょっと気になります。

★20手台にするため、ちょっと苦しいイントロになりました。

竹中健一:いきなりの駒取りとか考えにくい…(他に手がないけど)

★あまりにも俗手で悩まれましたか。

野々村禎彦:初手駒取りで悩ませて、後は絶連(8手目捨合も)という構成は印象が悪い。

★導入次第では印象が変わったかもしれませんね。

有吉弘敏:初手駒取はちょっと露骨だと感じます。その後の手順は快適です。

★38桂を跳ねる収束が気持ち良いと思います。

中出慶一:奪った大駒・飛を活躍させての詰めは印象が悪い。
  大駒は捨てるものとの先入観が評価を邪魔しているのでしょうか。

★活躍する飛車が持駒だったのか、取った駒だったのか。
飛車は2枚とも捨てる構成なら印象も変わったでしょうね。

片山智之:初手駒取りは気になりません。3手目の飛車捨てが強烈だと思いました。

★取った駒をすぐに捨てるので、初手駒取りもあまり気にならず、というのはわかります。

山下誠:3四香を食らっては早いかと思ったが、桂合から意外な展開に。

★33桂が受けの好手。

西村章:一度消えた桂がまた復活して14手目初形と酷似した局面が出現。

★34に桂が復活。

占魚亭:2度取られる34桂に面白味。

★34桂は二度死ぬ。

奥鳥羽生:粘り強く逃げ回る玉

★33桂の捨合で延命を図り34まで遁走しますが、38桂の跳ね出しでダウン。

則内誠一郎:この作品も実戦の香りがする。

★そういえば山本さんは指将棋で県代表クラスの実力者でした。


■創棋会の今後の予定
 ※10月と11月は会場が異なりますのでご注意ください。
***【次回例会】************************************************* 
[日時] 2019年10月20日(日)13時~
[場所]  大阪市港区民センター 楓
  〒552-0007 大阪市港区弁天2-1-5
     アクセス → https://www.osakacommunity.jp/minato/access.html
[会費]  無料
[課題] 12月号作品展「複数の打歩詰関連手筋を含む作品」29手以内

***【次々回例会】*********************************************** 
[日時] 2019年12月15日(日)13時~
[場所]  大阪市福島区民センター 304号
  〒553-0006 大阪市福島区吉野3-17-23
    アクセス → https://www.osakacommunity.jp/fukusima/access.html
[会費]  無料
[課題] 3月号作品展「捌きを楽しむ作品」29手以内
****************************************************** 

★課題作の投稿などはこちらまで → blogsokikaitusin■gmail.com(■を@に変えてください)
以上

「すらすら解ける20手台」partⅣ結果発表<14回目>

「すらすら解ける20手台」partⅣ結果発表<14回目>

■創棋会の次回課題
☆12月号掲載作品展の課題
・「複数の打歩詰関連手筋を含む作品」。29手以内。
 打歩詰を巡る手筋は実に多彩です。思いつくままに挙げるだけでも、不成、打診、森田手筋、ブルータス手筋、不利逃避、不利合、不利先打等々、さまざまな手筋があります。
 12月号作品展は楽しめるものにしたいと考えておりますので、面白い狙い、ユニークな表現、組み合わせの妙を味わえる作品の投稿をお待ちしています。
 作家の皆さんの腕の見せ所です。10月20日の例会で選題しますので、奮って投稿ください。
   投稿は→ blogsokikaitusin■gmail.com(■を@に変えてください)
 なお「すらすら解ける20手台」の結果発表をスタートしますので、例題紹介はしばらくお休みさせていただきます。


■「すらすら解ける20手台」partⅣ結果発表<14回目>
 創棋会のネット作品展「すらすら解ける20手台」partⅣには、17名の方から解答をいただきました。
 解答いただいたのは次の方々です(敬称略)。皆様ありがとうございました。
 下線の方には、今回初めて解答いただきました。引き続きよろしくお願いします。
    有山隆、有吉弘敏、奥鳥羽生、片山智之、小池正浩、白木大輔、則内誠一郎、占魚亭、
    竹中健一、中出慶一、西村章、、野々村禎彦、原田雄二、松本浩一、山下誠、山本勝士

 今年は昨年より出題数を減らしたのですが、それでも20問と言う大量出題になってしまいました!
 多数の方に解答に取り組んでいただきましたこと、あらためて感謝申し上げます。
 過去3回以上に、楽しんでいただける作品が多かったのではないかと思います。
   ★出題は以下のURLを参照下さい。
      → http://sokikaitusin.blog.fc2.com/blog-entry-287.html

 出題順に結果発表を行っています。今日は15作目です。

⑮ 石川和彦作
15sura4.png

【作意】81角、73玉、63角成、同金、62銀、同玉、51角、72玉、
   64桂、同金、73歩、81玉、62角成、92玉、81飛成、同玉、
   72歩成、91玉、82と、同玉、73銀、91玉、82銀打、92玉、
   93銀成、同玉、71馬、92玉、82馬まで29手詰。

【正解】
  3手目→63角成
  手数→29手

【評点】(Aは3点、Bは2点、Cは1点とし、誤無解を除いて集計)
  平均点:2.15、A:4、B:7、C:2、誤解:0、無解:4、無評価:0 

【作者のことば】
 狙いの一手は特にありません。
 金無双の囲い図式を作成していたとき、本図に落ち着いたもので金無双崩れみたいなものです。
 3手目の63角成の駒取りが私らしい着手かもしれません。

★石川さんは「すらすら解ける20手台」に初参加。
 同人作家。すでに個人作品集も2冊上梓されています。
 それ以上に、長年にわたって詰パラ小学校、ヤング・デ・詰将棋を担当され、詰将棋入門を連載されるなど、詰将棋のすそ野を広げることに大きく貢献されたことに敬意を表します。
 さて本作、作者のことばにもありますが「金無双」。
 やや崩れていますが、実戦の雰囲気が出ています。
 石川さんは最近「金無双」に凝っているのか、同人室、九州G作品展と相次いで作品を発表しています。
 同氏のブログ「ストンリバーの日記」(https://stoneriverki.hatenablog.com/)でも自作詰将棋を発表されていますが、ほぼ実戦型で、一時期「金無双」がよく出題されていたような気がします。
 パッと見えるのが64桂や、61銀から81角といった手ですが、どちらも72玉で手がありません。
 81角も73玉と上がられると、とても詰みそうに見えないのですが、なかばヤケクソ気味に63角成とすると何となく詰み形が見えてきます。

<途中図>3手目:63角成
15sura4_3t.png

 63角成を同玉と取れば、もう一度81角と打ちます。
 52玉は43銀があるので72に合駒するしかありませんが、香合のような受けでは、54銀、同歩、43飛成と迫り、53金の移動合にも64銀、62玉、53銀成、71玉、41龍で詰みます。
 最後の41龍を防ぐために72銀合が最強の頑張りですが、それには同角成と取ってしまう手があり、同玉、81銀と打ち直して、63玉に54銀、同歩、43飛成とすれば香合のときと同様に詰みます。
 63角成には同金が最善。
 そこで62銀と捨てるのが継続の好手。
 同金なら、64銀から81角までですから、同玉の一手ですが、51角と打てては、筋に入った感じです。
 一段目は73角成がありますから72玉と寄りますが、64桂が手筋の一着。
 81玉と逃げると、84角成と金を取り、71合には72金から82金と銀を取り93銀と打てば詰みですから、64桂は同金の一手。
 金を上ずらせて73歩と叩くのが寄せの決め手です。
 同銀と取れば狙いの81銀!同玉は73角成だし、63玉と逃げるのも73角成から71飛成があります。
 81銀は取れないのですが、63玉には52銀から42飛成があるので、危ないようですが81玉と引きます。
 62角成と待望の開き王手。
 71合の粘りなら72歩成、92玉、81銀で91玉なら82と、93玉には84馬で詰み。
 よって92玉とかわしますが、81飛成がトドメの一手。
 同玉に72歩成から銀を奪って73銀と打ち、91玉に82銀打から93銀成と捌いて、71馬と入れば詰み。
 63角成の強手を軸に、実戦からの取材ではないかと思われるような力強さを感じさせられる一局。


奥鳥羽生:実戦なら並の四段では詰められないかも(笑)

★作者は「四百人一局集」でアマ棋戦の県代表になり実力で四段免状をとることが目標の一つと書かれています。

占魚亭:実戦的な手順

★同感です。

有吉弘敏:駒取りが多く、好手が少なく、追い詰めに近い感覚です。

★駒取りは2回ですし、管理人には63角成から73歩までの一連の手順が好感触だったのですが、この手数を支えるには弱かったかもしれません。

西村章:3手目の63角成以下の駒捌きは詰将棋的というよりは実戦的な手順でした。

★手順の流れが詰将棋的でないところが、有吉さんの感想につながったのかもしれません。

山本勝士: ややゴツゴツした感じの手順

★63角成はガツンと音がするような感覚。

山下誠:6三角成から実戦的な力強い手の連続で迫力がある。

★力強さは管理人も感じたところです。

有山隆:力作すぎて難しいです。

★前半は変化も読まされます。

竹中健一:他に手がないとはいえ、最初の数手はやりにくい。

★なまじ歩があるので63角成とは行きにくい。

片山智之:3手目の6三角成が盲点でした。実戦では、とても指せそうにありません。

★63角成は俗手の妙手。

野々村禎彦:豪快な3手目と以後数手(73歩同銀81銀の変化まで)の素晴らしさだけで十分。

★前半の手順は鑑賞に堪えますね。

原田雄二:「すらすら度3点、好感度3点、表現力3点、技術力3点。相加平均3.00点。」

★本作がすらすら度満点とは恐れ入りました。

中出慶一: 攻め歩が金に当たり、この形が最後まで残るのは、角引きの空き王手で金を奪うことが狙いだったのでしょうか。
  実戦(指将棋)からの創作なのでしょうね。

★84金は変化で働くのですが、いささか不自然な配置。

則内誠一郎:実戦の強い人が逆算した感じ。

★63角成を逆算できるというのは素晴らしい発想!


■創棋会の今後の予定
 ※10月と11月は会場が異なりますのでご注意ください。
***【次回例会】************************************************* 
[日時] 2019年10月20日(日)13時~
[場所]  大阪市港区民センター 楓
  〒552-0007 大阪市港区弁天2-1-5
     アクセス → https://www.osakacommunity.jp/minato/access.html
[会費]  無料
[課題] 12月号作品展「複数の打歩詰関連手筋を含む作品」29手以内

***【次々回例会】*********************************************** 
[日時] 2019年12月15日(日)13時~
[場所]  大阪市福島区民センター 304号
  〒553-0006 大阪市福島区吉野3-17-23
     アクセス → https://www.osakacommunity.jp/fukusima/access.html
[会費]  無料
[課題] 3月号作品展「捌きを楽しむ作品」29手以内
****************************************************** 

★課題作の投稿などはこちらまで → blogsokikaitusin■gmail.com(■を@に変えてください)
以上

「すらすら解ける20手台」partⅣ結果発表<13回目>

「すらすら解ける20手台」partⅣ結果発表<13回目>

■創棋会の次回課題
☆12月号掲載作品展の課題
・「複数の打歩詰関連手筋を含む作品」。29手以内。
 打歩詰を巡る手筋は実に多彩です。思いつくままに挙げるだけでも、不成、打診、森田手筋、ブルータス手筋、不利逃避、不利合、不利先打等々、さまざまな手筋があります。
 12月号作品展は楽しめるものにしたいと考えておりますので、面白い狙い、ユニークな表現、組み合わせの妙を味わえる作品の投稿をお待ちしています。
 作家の皆さんの腕の見せ所です。10月20日の例会で選題しますので、奮って投稿ください。
   投稿は→ blogsokikaitusin■gmail.com(■を@に変えてください)
 なお「すらすら解ける20手台」の結果発表をスタートしますので、例題紹介はしばらくお休みさせていただきます。


■「すらすら解ける20手台」partⅣ結果発表<13回目>
 創棋会のネット作品展「すらすら解ける20手台」partⅣには、17名の方から解答をいただきました。
 解答いただいたのは次の方々です(敬称略)。皆様ありがとうございました。
 下線の方には、今回初めて解答いただきました。引き続きよろしくお願いします。
   有山隆、有吉弘敏、奥鳥羽生、片山智之、小池正浩、白木大輔、則内誠一郎、
   占魚亭、竹中健一、中出慶一、西村章、、野々村禎彦、原田雄二、松本浩一、山下誠、山本勝士

 今年は昨年より出題数を減らしたのですが、それでも20問と言う大量出題になってしまいました!
 多数の方に解答に取り組んでいただきましたこと、あらためて感謝申し上げます。
 過去3回以上に、楽しんでいただける作品が多かったのではないかと思います。
   ★出題は以下のURLを参照下さい。
       → http://sokikaitusin.blog.fc2.com/blog-entry-287.html

 出題順に結果発表を行っています。今日は14作目です。

⑭ 廣瀬崇幹作
14sura4.png

【作意】62飛、51玉、63桂、41玉、44香、43銀、51桂成、同玉、
   54香、53銀、同香不成、同角、52銀、同銀、63桂、同銀、
   42香成、同角、61飛成、同玉、62桂成まで21手詰

【正解】
  10手目→53銀
  手数→21手

【評点】(Aは3点、Bは2点、Cは1点とし、誤無解を除いて集計)
  平均点:2.69、A:9、B:4、C:0、誤解:0、無解:4、無評価:0 

★17角、45香、44桂の3枚に何か仕掛けを感じた貴方は鋭い!
 41に玉を呼んで44香と質駒の桂を取る展開に持ち込みたい局面ですね。
 平凡ですが62飛、51玉、63桂と追うと、41玉に44香と桂を入手することが出来ました。
 随分簡単だと思うなかれ。ここから玉方の巧妙な受けが飛び出します。
 44香に42合は61飛成の一発。
 43歩合も、42香、同角、61飛成、51合、53桂があります。
 そこで受けの妙手第一弾が43銀の移動合。
 これを同香と取るのは毒饅頭で、42歩合とされると飛の横利きが消えて32からの脱出が防げません。
 ここは51桂成から54香とするのが好手順。
 53歩合のような受けでは、もう一度63桂として、41玉に43香と銀を取ることが出来ます。
 42への利きを残すためには53銀合しかありません。

<途中図>10手目:53銀
14sura4_10t.png

 今度は同香と取ります。
 同角のとき、52銀と打つのが好手。同銀と取らせて44香の利きを通します。
 続いて63桂が継続の好手順。
 これも同銀と応じるしかありません。
 これで銀の守りを無力化することに成功しました。
 ここからが気持ちの良い収束。
 まず42香成と捨てます。これで17角の利きが通りました。
 同角と取らせて、61飛成が決め手です。
 同玉に62桂(角)成までの詰み。
 銀の移動中合、銀合、銀のホンロウ、最後は気持ちの良い収束と、実に良く出来た一局。


片山智之:二度にわたる銀の中合がとても印象的です。特に、銀の移動中合が鮮やかだと思いました。

★途中図で銀が二枚並んだところはキレイな形。

山下誠:2度の銀合が最善の粘りだが、手筋を連発して鮮やかに仕留める。

★味の良い移動合に加え、もう一度銀合が飛び出すのが好演出。

占魚亭:銀の翻弄が上手い。

★駒のホンロウはいつ見ても楽しい。

竹中健一:移動合は一目だけど、それが何度も動くのはいいですね。

★32銀が63まで旅をします。

中出慶一:移動捨て合い銀、その銀の再度移動、限定銀合、清涼詰と盛り沢山の内容を持ち、5手目の駒取(の弱点)があるものの、短大級の内容です。

★内容豊富な一局!

則内誠一郎:洗練された手順で場違いかも。

★「洗練」という言葉がピッタリ。

有山隆:素晴らしいと思いますけど、私には難しいです。

★合駒の綾があり、そこが少し考え処だったでしょうか。

:銀合2回もさることながら、まとめも綺麗。
 作者予想: 廣瀬崇幹さん

★ご明察!

山本勝士:17角が玉にキズだが…

★これ以上近づけるとコワい筋があるとのこと。

西村章:17角を世に出そうと四苦八苦しましたが良く駒が捌けて最後は清涼詰となり解後感良好でした。

★17角は睨みを利かす存在でした。

奥鳥羽生:黒幕が17に居る

★大物は後方から操作する?

野々村禎彦:連続捨駒の収束は爽快だが、駒取りを含む強引な引き延ばしで20手台なのが…

★頭の4手がないと、少々露骨ですが、実力ある作者のことですから、もっと違う逆算の方法はあったかもしれませんね。

有吉弘敏:今回のNO1。抜群の解後感。初形から理想とする収束が見えるのだが簡単でもなく、初形の44桂配置は残念だが、妙味ある手順はそれを補って余りある。

★「こうだったらいいな」という筋が見えて、それが実際に再現されると、期待通りの結果に満足という心理につながりますね。
 本作、A評価9票、C評価ゼロと好評で、ベスト3に入りました。


■創棋会の今後の予定
 ※10月と11月は会場が異なりますのでご注意ください。
***【次回例会】************************************************* 
[日時] 2019年10月20日(日)13時~
[場所]  大阪市港区民センター 楓
  〒552-0007 大阪市港区弁天2-1-5
     アクセス → https://www.osakacommunity.jp/minato/access.html
[会費]  無料
[課題] 12月号作品展「複数の打歩詰関連手筋を含む作品」29手以内

***【次々回例会】*********************************************** 
[日時] 2019年12月15日(日)13時~
[場所]  大阪市福島区民センター 304号
  〒553-0006 大阪市福島区吉野3-17-23
     アクセス → https://www.osakacommunity.jp/fukusima/access.html
[会費]  無料
[課題] 3月号作品展「捌きを楽しむ作品」29手以内
****************************************************** 

★課題作の投稿などはこちらまで → blogsokikaitusin■gmail.com(■を@に変えてください)
以上