FC2ブログ

【結果発表】ネット作品展「教材に使える詰将棋~駒の特性を学ぶ~」<最終回>

【結果発表】ネット作品展「教材に使える詰将棋~駒の特性を学ぶ~」<最終回>

 5月中旬に勤務先の近くのバラ園で撮った写真です。
 毎年楽しませてもらっています。

10_バラ1

10_バラ2

■【結果発表】ネット作品展「教材に使える詰将棋~駒の特性を学ぶ~」<最終回>
 創棋会のネット作品展「教材に使える詰将棋~駒の特性を学ぶ~」には、17名の方から解答をいただきました。
 解答いただいたのは次の方々です(敬称略)。皆様ありがとうございました。
    有吉弘敏、奥鳥羽生、金少桂、則内誠一郎、鷲見慎吾、占魚亭、竹中健一、中出慶一、
    西村章、鳩森美羽、福原徹彦、藤野勝好、蛇塚の坂本、ほっと、まさ、RINTARO
    柳原裕司

 多数の方に解答に取り組んでいただきましたこと、あらためて感謝申し上げます。
 駒の特性を学ぶことが出来る作品が揃っていたので、楽しんでいただけたのではないかと思います。

 結果発表も本日が最終回です。
 結果発表に時間がかかってしまい、解答者・作者の皆さまには、大変失礼しました。

「力試し」 有吉弘敏作
15).png

【作意】49桂、同銀生、39香、38銀打、同香、同銀生、35飛、47玉、49香、同銀生
   58銀、同銀成、48香、同成銀、56馬まで15手

【評点】(Aは3点、Bは2点、Cは1点とし、誤無解を除いて集計)
   平均点:2.92、A:12、B:1、C:0 (誤解:0、無解:2、無評価:2)

【作者のことば】
 配置駒が少し多くなりましたが、機構的に難しく。。。
 銀の特性である不成と成の両方を出すことを目標にしました。

★最後の作品は力試しです。
 入玉で持駒が桂香だけと、ちょっと手を付けにくい局面。
 35飛、47玉、48香、同玉、58馬という筋が見えますが、39玉で続きません。2手目46玉でも困ります。
 パッと見えるのは29桂や49桂です。
 29桂は銀で取ってくれれば詰み王ですが、48玉とかわされると、58馬に39玉で、捕まりません。
 正着は49桂です。
 これなら48玉には57馬と寄れるので、49玉、38角以下。また27玉は、28香以下です。
 銀で取る一手ですが、銀成は38香、27玉(48玉は83角成以下)、17と、同玉、18香以下があるので、49同銀不成と応じます。
 そこで39香と打って合駒を訊きます。
 歩は二歩、桂は禁手、角香は品切れ、飛金合は同香から35飛寄りがあるので、最善は38銀合です
 同香と取って、38同銀不成が最強の応手(同銀成は35飛から作意同様に追って早い)。
 ここで35飛と寄るのが何ともいえない不思議な一手。46玉には55銀で捕まっているのですが、ちょっと見えにくいですね。
 47玉に49香と打ちます。同銀成なら48香がありますから、49同銀不成と応じます。
 (6手目同銀成なら、ここは同成銀と取るしかなかったわけです)
 これには58銀と捨てるのが好手。
 同銀不成では48香から駒余りとなるので、58同銀成と今度は成で応じます。
 それでも48香が決め手。
 48同成銀と取らせて、56馬まで。
 銀の合駒を挟んで三度の銀不成、最後は一転して銀成と、まさに銀づくしの一局。
 攻防に深みがあり、銀の素晴らしい巧技には感嘆!


蛇塚の坂本:初手4九桂から銀を入手しその後守備駒銀の不成の頑強の粘りからの駒を精算しての攻防は非常に難解な変化が有りわたくしには大変でした。しかし面白い攻防でした。本当にありがとうございました。これからも素敵な作品をよろしくお願いいたします。

★攻防に綾があります。

竹中健一:守備駒の銀を翻弄するような手順はうまいですね!
占魚亭:桂香を銀に変換。最後に成らせる味がいい。A。

★不成と成の対比

金少桂:玉方銀の動き、特に収束一気に三角に動くところが面白い。
奥鳥羽生:不成を繰り返しておいて、最後は手のひらを返したように成るのも、詰将棋の手順における銀の特性。

★玉方応手は8手目を除きすべて銀!

鳩森美羽:初手35飛でどうしても詰まず困った。降参寸前に虱潰しで王手をかけていると、なんとなんと持駒変換が発生した!そのあとも完璧な作りで、ため息が漏れた。
西村章:創棋会の会場で解説を聞いてため息がでました。

★まさに銀の妙技ですね。

中出慶一: 高度な玉方銀の成・不成の選択を学ぶ? 今回の趣旨には合わず、むしろパズル問題と考えるべきです。

まさ:銀の特性と思いますが、超高級教材ですね。私なら喜んで順位戦に使います(笑)。

★パラ本誌に出題されれば高評価間違いなし!

RINTARO:難問。3手目の合駒読みや35飛に対する変化等、教材の域を遥かに超えている。狙いは素晴らしいんですけどね。

★ちょっとレベルが高かったでしょうか。

ほっと:この作だけ出来が違う。さすがは看寿賞作家。

★どなたの作品と予想されたのでしょうか?

福原徹彦:桂香を使って玉方銀を翻弄。「力試し」ではありますが、解きやすかったです。

★実力者は違いますね。

則内誠一郎:自力で解ける生徒は末恐ろしい。

★今回の結果項を読んで素晴らしい手順をあらためて鑑賞してください。
 精進されれば高レベルの作品も解けるようになり、ますます詰将棋が好きになります。


■総 評
有吉弘敏:「テーマが明快な作品が多く楽しめました。」

★課題にマッチした作品を投稿いただいた作家の皆さまには感謝!

RINTARO :教材ですから、分かりやすく、手を出しやすいのが基本だと思います。私が1日で全問解答できるレベルですから、 概ね成功ですね。分かりやすい作品が多くてよかったです。楽しめました。

★解いてみようという気にさせる、そういう作品が詰将棋ファンのすそ野を広げていくのだと思います。

蛇塚の坂本:素晴らしい作品の数々を与えていただきましてありがとうございました。これからも素敵な作品をよろしくお願いいたします。

★坂本さんは初解答いただきましたが、楽しんでいただけたようで何よりです。

ほっと:駒数が少なく、解きやすい作ばかりでした。半面、大胆な狙いの作が無かったのが少し残念。

★駒数少なく解きやすい、というのは初中級の方に詰将棋を好きになってもらううえで必須の要件といっても差し支えないと思います。
 そこに大胆な狙いが加われば言うことなしですね。

まさ:力試しを除けば、総じて易しい教材向け作品揃いだったと思います。

★誰でも最初は易しい作品を解いて、そこで感じた「驚き」や「喜び」が詰将棋ファンになるきっかけだったのではないでしょうか。

竹中健一:今回は、テーマに沿っているかどうかを評価の重要な基準として考えました。
 ちょっと辛い評価もあるかもしれませんが、 良い作品も多く、さすが創棋会!と思いました。
 一度創棋会には行ってみたいですが、遠征はなかなかできないのが残念です。。。

★創棋会の常連メンバー以外からの作品投稿もあり、作品展が盛り上がりました。引き続きよろしくお願いいたします。
 また創棋会は偶数月の第三日曜日の午後に大阪市内で開催しています。出張のついでなどあれば、ぜひお立ち寄りください。

福原徹彦:作者としては参加できませんでしたが解答者として参加させていただきます。
 「駒の特性を学ぶ」という主題のため、奇をてらうような手もなく、解きやすかったと思います。

★素直な作品が多かったということでしょうか。それもまた詰将棋を学ぶ入り口としては必要なことだったかと思います。

☆さて解答募集の際、「解答者の中から若干名に呈賞、また『力試し』解答者は別枠で1名に呈賞」としていました。
 今回は、鳩森美羽さんと福原徹彦さんのお二人に詰棋書を贈呈させていただくこととします。


■創棋会の今後の予定
***【次回例会】************************************************* 
[日時] 2019年6月16日(日)13時~
[場所]  大阪市福島区民センター 303号
  〒553-0006 大阪市福島区吉野3-17-23
    アクセス → https://www.osakacommunity.jp/fukusima/access.html
[会費]  無料
[課題] 9月号作品展「簡素図式(盤面5枚以内、使用駒は持駒含めて9枚以内)」(29手以内)

***【次々回例会】*********************************************** 
[日時] 2019年8月18日(日)13時~
[場所]  大阪市福島区民センター 302号 ← いつもより広い部屋です ^^)
[会費]  無料
[課題] ネット作品展「すらすら解ける20手台PartⅣ」(予定)

※課題作の投稿などはこちらまで
  → blogsokikaitusin■gmail.com (■を@に変えてください)
                                         以上
スポンサーサイト



【結果発表】ネット作品展「教材に使える詰将棋~駒の特性を学ぶ~」<9回目>

【結果発表】ネット作品展「教材に使える詰将棋~駒の特性を学ぶ~」<9回目>

★アクセス数 3万回突破!
 おかげさまで、先週(おそらく5/19…)、アクセス数が3万回を超えました!
 ブログ「創棋会通信+α」をご愛読下さっている皆さん、ありがとうございます。
 あらためて感謝申し上げます。
 これからもどうぞよろしくお願いします。

***************
 ゴールデンウイークに撮った写真。恒例の風景です。
 川面に多くの鯉のぼりが風を受けて、はためいています。
9_鯉のぼり


■【結果発表】ネット作品展「教材に使える詰将棋~駒の特性を学ぶ~」<9回目>
 創棋会のネット作品展「教材に使える詰将棋~駒の特性を学ぶ~」には、17名の方から解答をいただきました。
 解答いただいたのは次の方々です(敬称略)。皆様ありがとうございました。
   有吉弘敏、奥鳥羽生、金少桂、則内誠一郎、鷲見慎吾、占魚亭、竹中健一、中出慶一、
   西村章、鳩森美羽、福原徹彦、藤野勝好、蛇塚の坂本、ほっと、まさ、RINTARO
   柳原裕司

 多数の方に解答に取り組んでいただきましたこと、あらためて感謝申し上げます。
 駒の特性を学ぶことが出来る作品が揃っていたので、楽しんでいただけたのではないかと思います。

 結果発表、随分時間がかかってしまいましたが、いよいよ最終盤です。
 本日も2作の結果発表です。

⑬ 柴田昭彦作
13).png

【作意】11飛、13角合、同飛成、同玉、23桂成、14玉、47角、36角合
   同角、同香、15龍、同玉、33角、14玉、24角成迄15手。

【評点】(Aは3点、Bは2点、Cは1点とし、誤無解を除いて集計)
   平均点:2.57、A:9、B:4、C:1 (誤解:0、無解:3、無評価:0)

【作者のことば】
 攻め方の着手がすべて飛び道具

★13局目は大ベテラン柴田氏の作品。
 狭い玉ですが横から飛車を打つのは34香合や24歩合で詰みません。
 11飛と最遠地点から打つのが好手。
 24玉なら23と(桂成)、34玉に31飛成があります。この変化に備えて初手は限定になっています。
 12合の捨合が利けば面白いのですが、それは同飛成と取れば、13金合の一手で、同龍と切って簡単です。
 したがって13に合するしかないのですが、何を合しても、同飛成、同玉、23桂成、14玉と進め、頭に利く駒は15に打って簡単。また桂も26桂がありますから、13合は角が最善です。
 同飛成、同玉、23桂成、14玉と進みますが、ここで25角から開き王手で仕留めようとしても51と31の香が良く利いて詰みません。
 今度は47角と打って合駒を訊きます。
 頭に利く駒は簡単ですし、桂も26桂があるので、今度も36角合が最善です。
 同角、同香となったところで、一閃、15龍と捨てるのが決め手です。
 同玉に33角から24角成までの詰み。
 最初から最後まで飛び道具の活躍する楽しい作品でした。


まさ:大駒の足の長さを感じられる教材。

★攻めの飛車VS守りの角という一局。

竹中健一:これは狙いが分かりませんでしたが、最遠打とも違いますよね…

★「攻め方の着手がすべて飛び道具(作者のことば)」ということで、飛角の力を味わっていただければ幸いです。

占魚亭:巧みな持駒交換。
鳩森美羽:角角然々あって、角合×2に辿り着いた。機能的な配置とおもう。

★角合の変化は簡明かと思います。配置も金銀がなくサラッとした感触。

有吉弘敏:大駒の打場所の限定のさせ方に細かい配慮がある。

★守備の香車にも複数の役割を持たせた好配置はベテランの腕。

RINTARO:角合のエチュード。

★エチュードは練習曲という意味のようですが、初心者にもわかりやすい二度の角合にはピッタリの短評ですね。

蛇塚の坂本:角合いと角の攻防は面白いが、すんなりした手なりの動きに感じられました。
西村章:47角が面白い手でした。

★遠打の飛車への角合、続いて角には角の角合という二つのパターンが楽しめます。

中出慶一:延命のための2回の角合を学び、その角で詰ます場所を探す。

★二度の合駒で少しずつ舞台装置が整っていきます。

金少桂:やさしい合駒問題。25角からの空き王手に誘われるので決め手の15龍が少し見えにくかった。

★2度の角合は読めたと思いますが、トドメの15龍が見えるかどうか。

則内誠一郎:15龍で教材は作品ぽくなってる。

★飛距離のある龍捨てで解後感もいいですね。

奥鳥羽生:その特性を活かした角の応酬。

★大駒が手に入っても頭の丸い角は、攻め方にとっては不便なもの。

福原徹彦:角合にこだわった作。もっと繰り返したくなってしまう。

ほっと:中合が出るかと思ったが。

★11飛に12捨合が入るような筋で別の作品が生まれそうですね。


⑭ 中村雅哉作
14).png

【作意】15角、26桂合、同角、同金、28銀、同香不成、29桂、同香成、28角
   同桂成、38歩、同成桂、46銀、36玉、35金迄15手。

【評点】(Aは3点、Bは2点、Cは1点とし、誤無解を除いて集計)
  平均点:2.62、A:8、B:5、C:0 (誤解:0、無解:3、無評価:1)

【作者のことば】
 「桂」の特性を学ぶ作品。
   ・前に効かない(角と桂の特性)・・・2手目の合駒選択。
   ・敵陣2段目(8段目)に動く時は必ず成らなければいけない(桂だけの特性)
     →10手目桂生ができれば打歩詰で不詰ですが、できません。(6手目香生との違い)。
 なお、27香は歩でも良いが、2手目合駒に歩の選択肢を残した。

★46銀と金を取るような俗手では、38からの脱出が止まりません。
 この形は、38を塞いで46銀とする筋が有力です。
 しかし持駒は頭の丸い角で38には打てません。
 28銀と と金を取る手もありますが、それは26玉から脱出されます。また28金なら同香成とされ、27地点が空いてしまうので続きません。
 そこで角を打って合駒を請求します。
 59角では48に合駒されて切れ模様なので、15角とします。
 頭に利く駒は、取って38に打てば簡単ですから、26桂合しかありません。
 この合駒読みは分かりやすいと思います。
 26地点を塞ぐことが出来たので28銀と と金を取ります。
 同香成や同桂成なら、38歩と打ち、同成香(桂)と取らせて46銀とすれば詰みます。
 28銀には同香不成と応じるのが最善です。これで打歩詰の局面となりました。
 46銀は38玉、また59角は48合でダメです。
 ここで持駒の角桂を使って打歩詰を打開する好手順があります。
 まず29桂と捨てます。
 これは同香成の一手です。
 そこで28角と焦点に捨てる短打が好手。カッコよく19角と打つのは同成香で無効。短く打つのが巧い手です。
 同成香は38歩から46銀で駒余りの詰みですから、同桂成とします。
 同桂不成と出来れば打歩詰に誘導できるのですが、桂は8段目の不成が禁手です。
 6手目は香で取ることができたので不成で応じられたのですが、今度は桂なので成るしかないというわけです。これも桂の特性です。
 28同成桂となり、38歩と打つことが出来ます。
 これで待望の46銀が実現でき、収束です。
 コンパクトな入玉図で桂香の成/不成を学べる作品でした。


金少桂:香は八段目不成ができるが桂はできない。
奥鳥羽生:成りたくなくても成らされる、桂の性。

★作者の意図を理解いただきありがとうございます!

西村章:28同香生をうっかりしてしばし悩んだ。

★もちろん香の特性も学べる作品です。

中出慶一:打歩誘導のやさしい香不成の例題局。
則内誠一郎:これを学んで入玉嫌いを治そう。

★打歩詰誘導の香不成は入玉特有の手筋ですね。

ほっと:10手目は同成香でまとめる方が簡単だと思うが、あえて教材向けにしたということか。
福原徹彦:角桂を如何に使い、打歩を防ぐか。欲を言えば10手目を同成香にしたい。

★桂と香の違いを学んでいただこうというのが主旨でした。

有吉弘敏:玉方の応手の限定方法に、無駄が無い。

★香は不成、桂は成という対称。

鳩森美羽:手順自体は易しいのだが、やりたいことをすべてやっている。脱帽の完成度。

★合駒、不成、打歩詰打開と盛沢山の内容。

竹中健一:駒の特性というテーマにはそぐわない感じがするが、作品としては狙いが明確で良いと思いました。

★桂馬は8段目では成るしかない、というのはやや地味なテーマだったかもしれませんね。

占魚亭:打歩詰を巡る攻防戦。遠打と短打。

★9手目19角は同成香で打歩詰が打開できません。

RINTARO:打歩回避の常套手段。完成度は高い。

★習いある手筋ですが、表現は洗練されています。

蛇塚の坂本:何とか成の形にもって行きたい攻め方とそうしたくない守備方の攻防を狭いところで、巧みに作り上げておられると痛感します。面白いと思います。

★易しい中にも攻防のアヤを楽しんでいただけたことと思います。


■創棋会の今後の予定
***【次回例会】************************************************* 
[日時] 2019年6月16日(日)13時~
[場所]  大阪市福島区民センター 303号
  〒553-0006 大阪市福島区吉野3-17-23
    アクセス → https://www.osakacommunity.jp/fukusima/access.html
[会費]  無料
[課題] 9月号作品展「簡素図式(盤面5枚以内、使用駒は持駒含めて9枚以内)」(29手以内)

***【次々回例会】*********************************************** 
[日時] 2019年8月18日(日)13時~
[場所]  大阪市福島区民センター 302号 ← いつもより広い部屋です ^^)
[課題] ネット作品展「すらすら解ける20手台PartⅣ」(予定)

※課題作の投稿などはこちらまで
  → blogsokikaitusin■gmail.com (■を@に変えてください)

創棋会の次回課題は簡素図式

<創棋会の次回課題は簡素図式>

 連休に大阪城ナイトウォークというイベントに行ってきました。
    参考:https://sakuyalumina.jp/
 大阪城は近場の観光地なのですが、訪れたのは久しぶりでした。
 夜景もきれいでしたし、イベントはそれなりに楽しめるものでした。
 大阪城は、全国大会の会場からは地下鉄で2駅です。
    ※堺筋本町→(中央線)→谷町四丁目→(谷町線に乗換)→天満橋
 この催しが7月も開催されているようなら、最終入場が20時40分ですから、全国大会の懇親会終了後でも間に合うと思います。
大阪城


■第35回全国大会
 今年は大阪です。このブログでも関連記事を紹介します。
 概要については5/1にも紹介していますので、そちらを参照下さい。
 アマレン杯握り詰、使用駒は「玉、飛、金、銀、桂、香、歩、歩、歩、歩、歩」の11枚です。
 今年はメール投稿もOKです。下記までどうぞ。
   blogsokikaitusin★gmail.com(★を@に変えてください)
 また今回は手数制限もあり19手以内です。
手数制限の主旨については5/6に申し上げましたので、そちらを参照下さい。
 イベント参加者に作品を十分鑑賞いただきたいと思いますので、作家の皆さまには、これまで同様、奮って投稿いただきますよう、よろしくお願いします。
 なお一人一作、締切は5月末日です。
 書籍販売の申込も届いています。これについては、あらためて取り上げることとします。


■創棋会の次回課題は「簡素図式」
 6月例会の課題は9月号作品展になりますが、簡素図式です。
 枚数は「盤面5枚以内、使用駒は持駒含めて9枚以内」。
 たとえば盤面3枚なら持ち駒は6枚までOKです。ただし裸玉はご遠慮いただきます(双裸玉はOK)。
 駒数の少ない作品は解いてみようという気になります。
 作品展も9月で残暑が厳しいでしょうから、涼しげな初形に解図欲がそそられるのではないでしょうか。
 作家の皆さまからの投稿、お待ちしています。

 それでは例によって、例題を紹介させていただきます。

西田みのる作 将棋世界1956年1月(「古今短編詰将棋名作選」補遺8番)
西田作

 実に端正な実戦型。
 持駒も手ごろで、解いてみようという気になります。
 23玉には上から押さえる手が利きそうですが、43玉には注意が必要です。
 初手は23角と捨てるのが一石二鳥の好手です。
 43玉なら、53飛、44玉、45金でピッタリ詰みますし、23同玉には24飛、32玉に31角成が好手で、43玉、53金、33玉、42馬までと、こちらも捕まえられます。
 23角には22玉と寄ります。
 32飛なら23玉で脱出モード。33金と捨て同桂に32飛もありそうですが、それには13玉とされ続きません。
 ここは33角成が好手。

<3手目:33角成>
西田作33角成

 33角成を同桂なら跡地に21飛と捨てるのが好手で同玉に32金まで。
 危なそうですが33同玉が最善です。
 これには34金と押さえ、22玉のとき32角成と捨てるのが決め手です。
 同玉に、52飛と離して打てば、31玉に42飛成まで。
 きれいな初形から気持ちの良い手が飛び出します。
 変化にも軽手があり、申し分のない好形好手順の作品。

【詰手順】23角、22玉、33角成、同玉、34金、22玉、32角成、同玉、
   52飛、41玉、42歩成まで11手詰


小西逸生作 詰パラ1974年8月(『残照』第20番)
小西作

 本作は創棋会の課題「簡素図式」で発表されたものです。
 このときの条件は「盤面4枚以内。持駒4枚以内。19手以内」というもので、5/1の例題で紹介した柴田さんの作品と同時に発表されています。

 3×2に収まったコンパクトというより可愛い初形。
 取れば21金があるので、13香と押さえたくなる局面です。
 しかし平凡に12歩合とされて、21馬、同玉、41飛と迫っても、31桂合、33桂、32玉、43金、同桂のような展開になってはちょっと続きません。
 初手は13飛が正解です。
 飛車なら横利きがあるので、12歩合は22馬、同玉、23金で詰みます。香や桂も同様。
 銀(角)合はどうでしょうか。それには21馬から31金の好手順があります。同玉に33飛成とすれば32合に42金から詰みます。
 ということで22と23に利く12金合が最善です。
 (飛車合の変化は後述します)
 金合には21馬とするしか手がありません。
 21同玉となって31金の筋はダメなのですが、俗に33桂と打つのが怖い紛れ筋。
 31玉なら41桂成があるので32玉としますが、そこで42金、同玉、41桂成とします。同玉には43飛成で詰むのですが、52玉と寄り、51成桂には42玉とされると、41成桂は52玉で千日手、また44香と打っても31玉で12金の守りが強くギリギリ逃れています。
 そこで21同玉には、32金と捨て、同玉に34香と打ちます。
 41玉なら43飛成があり、42玉なら54桂がありますから、21玉と逃げますが、このとき33桂が何とも打ちにくい一手です。

<9手目:33桂>
小西作33桂

 32玉とかわしたときに、41桂成と開き王手するのがうまい手です。
 同玉に待望の43飛成が実現して、51玉に52金までの詰み。
 最後に2手目12飛合の変化に触れておきます。
 作意と同様に追って詰みますので変化同手数になるのですが、9手目32金と捨て、11玉と逃げたとき22金と歩を取って33飛成とすれば17手駒余りで詰ます手もあります。
 いずれにしても本作は簡素形から打捨てや成捨てなど軽快な手順が楽しめる一作です。

【詰手順】13飛12金合、21馬、同玉、32金、同玉、34香、21玉、33桂、32玉、
   41桂成、同玉、43飛成、42歩、52金まで15手詰


藤倉 満作 詰パラ1976年10月(『四万十』第56番、『金波銀波集』第88番)
藤倉作

 3作目は藤倉さんの作品。
 ご自身の解説によれば「形からヒネリ出した(形がもっている詰め筋を生かして作った)作品」とのこと。
 まず初手が手広いですね。
 42に落ちられるのを防ぎたくなるので51角が目につきます。
 42歩合なら34金~23飛~42角成~54桂と追って詰むのですが、42桂合とされると、同様に追って54桂に31玉で逃れます。
 24角もありそうですが、43玉と寄られ、73飛と打てば53銀合と応じられ、34銀、32玉で続きません。
 34銀(金)は42玉で詰みませんし、63飛も43合でダメです。
 正着は44金です。
 一見非効率そうで指しにくいのですが、22玉なら34桂で一気に狭くなり、13玉(12や23は22飛で簡単)、15飛、15飛、23玉に14角と捨てるのが好手で、同香、25飛で詰み。
 また32玉には、43角、22玉、32飛、13玉、25桂、14玉、34飛成、15玉、24龍、16玉、13桂成、17玉、26龍、18玉、54角成以下、手数はかかりますが詰みます。
 42玉が最善ですが、53角と打ちます。
 32玉と寄ったとき42飛と打ちたくなりますが、23玉、43飛成、33歩合とされ、34金、14玉、24金、15玉と脱出されます。
 ここは31飛が正解。
 23玉なら21飛成、22合、34金、14玉、24金、15玉、11龍と香を取って詰みますから22玉と寄ります。
 34桂なら13玉で逃げられますから、33金と捨てるのが好手。

<1図/7手目:33金>
藤倉作33金

 33金を同桂と取れば、34桂、13玉、11飛成、12合に15香から31角成で詰み。
 取れないので13玉と応じますが、23金と活用するのが好手順です。
 同玉に34飛成と待望の飛車の活用です。
 これにも12玉と逃げて頑張ります。
 24桂にも13玉と簡単には土俵を割りません。
 13玉には31角成と二枚目の大駒も使って玉は風前の灯火に見えます。
 22合は何でも同馬、同玉と進めます。
 飛金は23に打ってお終い。角も31まで。銀は23銀、13玉、12桂成の要領です。
 桂合は32桂成、12玉、14龍から24桂。香合も32桂成、12玉、22成桂と捨てて24香があります。
 ということで平凡ですが22歩合が最善の受け。

<2図/16手目:22歩合>
藤倉作22歩

 22歩合も同馬と取り、同玉に32龍と突っ込むのが良い味です。
 13玉と逃げたとき、12桂成と捨てるのが決め手。
 12同香と取らせて、邪魔な桂が捌けたので、14歩と叩いて、同玉に34龍と引けば詰みが見えます。
 収束は、初形からはやや意外な16玉に26龍までの詰み。
 多岐な変化を含む導入から、33金から23金の捌き、龍の活用と見応えのある手順が展開される本作は実に内容豊富な一局。
 最後に作者のことばを「金波銀波集」から引用させていただきます。
 『本局の主眼は31に打った飛車を34飛成と引き戻し、それをまた32龍と突っ込むまでの張りのある手順。これ以上望めそうもない自然な形、程よくバランスのとれ手順、自作中での好きな作品である。』

【詰手順】44金、42玉、53角、32玉、31飛、22玉、33金(1図)、13玉、
  23金、同玉、34飛成、12玉、24桂、13玉、31角成、22歩合(2図)、
  同馬、同玉、32龍、13玉、12桂成、同香、14歩、同玉、34龍、15玉、
  24龍、16玉、26龍まで29手詰

 今回は実戦型の簡素図式を紹介させていただきました。
 解いてみようという気になる作品揃いだったと思います。
 作家の皆さまにはどうぞ好形好手順の簡素図式の投稿をお願いします。。


■創棋会の今後の予定
***【次回例会】************************************************* 
[日時] 2019年6月16日(日)13時~
[場所]  大阪市福島区民センター 303号
   〒553-0006 大阪市福島区吉野3-17-23
      アクセス → https://www.osakacommunity.jp/fukusima/access.html
[会費]  無料
[課題] 9月号作品展「簡素図式(盤面5枚以内、使用駒は持駒含めて9枚以内)」(29手以内)

***【次々回例会】*********************************************** 
[日時] 2019年8月18日(日)13時~
[場所]  大阪市福島区民センター 302号 ← いつもより広い部屋です ^^)
[会費]  無料
[課題] ネット作品展「すらすら解ける20手台PartⅣ」(予定)

★課題作の投稿などはこちらまで → blogsokikaitusin★gmail.com(★を@に変えてください)
以上

詰備会に行ってきました~5月5日~

<詰備会に行ってきました~5月5日~>

■詰備会に行ってきました
 令和となって最初の会合は詰備会。
 開始時刻の13時過ぎに会場に到着すると、皆さん何やら作品に取り組んでいる様子。
 その作品は松重さんの初形「77」。
 これは今年の名人戦が第77期であり、第2局が山口県で12年ぶりの開催となったことから、松重さんが創作を思い立たれたものだそうです。
 加藤さんのおもちゃ箱でも紹介されていましたので下記を参照下さい。
    https://www.asahi.com/articles/ASM4L56MPM4LUCVL00L.html
読みの入った作品で、途中作者のヒントに助けられながら、何とか解けましたが、力作です。
 その後もどんどん参加者は増え、最終は19人という大盛況。
 解答選手権の話、看寿賞や握り詰のことなど、話題は尽きません。
 また新作を見せてくれる方も多く、久方振りに盤駒を使って取り組みましたが、少しは錆びついた脳細胞のトレーニングになったかもしれません。
 例会終了後は岡山駅前の居酒屋で懇親会。こちらも17人が参加し、大いに盛り上がりました。

【例会風景】
風景20190505_3

風景20190505_1

風景20190505_2

集合写真20190505

■第35回全国大会
 今年は大阪です。このブログでも関連記事を紹介します。
 概要については5/1にも紹介していますので、そちらを参照下さい。
 今回はアマレン杯握り詰について、追記させていただきます。
・握り詰の使用駒は「玉、飛、金、銀、桂、香、歩、歩、歩、歩、歩」の11枚です。
・今回は手数制限もあり19手以内です。
・メール投稿もOKです。下記まで
   blogsokikaitusin★gmail.com(★を@に変えてください)
 手数制限について、実行委員メンバーの考え方を申し上げておきます。
 作家の視点から多々ご意見があることは認識していますが、大会参加者の多くは、大会当日は「解く詰将棋ファン」や「観る詰将棋ファン」です。
 そういう方々に当日のイベントの一つである「握り詰」をどうすれば、よりよく鑑賞していただけるか、という視点で考えてみました。
 握り詰には例年多くの投稿があり、全国大会では参加者の投票により優秀作が決定し、表彰が行われます。
 しかし全国大会での握り詰の紹介は、当日配付する冊子とプロジェクターを使った手順紹介にとどまります。
 このような限られた時間での作品紹介では、十分に時間をかけて鑑賞することができません。
 パラ誌上で発表されるのは上位作に限られますので、多くの作品が十分鑑賞されないままとなりますが、それは忍びないところです。
 そこで今回は19手以内と手数制限を行い、できるだけ鑑賞が可能となるようにしたいと考えた次第です。
 15手や17手でもよかったのですが、2019年に因んで19手とさせていただきました。
 またともすれば長手数の作品が投票上有利という声も聞かれますので、手数の長さを競うものにはしたくないという気持ちもありました。
 今回の方式がベストとは考えていませんが、方向転換を試みました。
 使用駒と手数のダブル条件となり大変かもしれませんが、作家の皆さまにとって条件は同じです。
 作家の皆さまには、これまで同様、奮って投稿いただきますよう、よろしくお願いします。


■創棋会の次回課題は「簡素図式」
 6月例会の課題は9月号作品展になりますが、簡素図式です。
 枚数は「盤面5枚以内、使用駒は持駒含めて9枚以内」。
 たとえば盤面3枚なら持ち駒は6枚までOKです。ただし裸玉はご遠慮いただきます(双裸玉はOK)。

 駒数の少ない作品は解いてみようという気になります。
 作品展も9月で残暑が厳しいでしょうから、涼しげな初形に解図欲がそそられるのではないでしょうか。
 作家の皆さまからの投稿、お待ちしています。

 それでは例によって、例題を紹介させていただきます。

南 倫夫作 詰パラ1961年1月(「古今短編詰将棋名作選」第82番)
南作

 一作目は飛角図式です。
 飛角図式は盤面5枚ですから、持駒が4枚以下なら、今回の課題の要件を満たします。
 23歩では12玉でも32玉でも続きません。また14桂も32玉、33歩、42玉とどんどん逃げられてしまいます。
 正解は34桂です。これなら32玉には44桂、同飛、33歩、43玉、35桂がピッタリです。
 34桂には12玉と寄るしかありませんが、そこで13歩と叩いて同飛と取らせます。
 そこで22桂成と捨てて14桂と捨てるのが巧い打換え。

<7手目:14桂>
南作14桂

 32玉には52飛成がありますし、12玉なら34馬から24桂で詰みますから、同飛と取る一手です。
 そこでもう一度34桂とうちます。
 32玉なら52飛成ですから、12玉とかわしますが、11飛成と捨てるのが決め手です。
 同玉に、33馬と入れば詰み。
 飛角図式に桂の打換えという小技が入って軽快な一作です。

【詰手順】34桂、12玉、13歩、同飛、22桂成、同玉、14桂、同飛、
   34桂、12玉、11飛成、同玉、33馬、12玉、22馬まで15手詰


信太 弘作 詰パラ1982年2月(『残照』第61番)
信太作

 本作は創棋会の課題「不動駒なし」で発表されたものです。
 手のつけどころに困りますが、48銀を質にする59金が軽い導入。
 同銀は39金があるので38玉とかわしますが、48金と銀を入手。
 取れば39銀打で簡単ですから28玉と逃げます。
 37銀と打って、29玉には39金の好手があるので、19玉と雪隠に逃げ込みます。
 59飛と活用したところで、29の合駒が問題。
 まず銀合はどうでしょうか。
 これには28銀打から清算して、28同玉に29飛と銀を取るのが好手順で29同玉に38銀と打って駒余りの詰み。角も同様です。
 飛合なら、銀合同様に28銀打から清算して28同玉に29飛と飛を取り、同玉に39金と捨てるのが好手で、同玉に38金打から23飛と打って駒余りの詰み。
 ということで29金合が最善です。

<8手目:29金打>
信太作29金合

 これも28銀打、同金寄、同銀、同玉と清算しますが、先ほどの銀合や飛車合のように29飛と切ってしまうのは駒不足になります。
重く38金打とします。
 17玉にも27金打とし、18玉のときに最後の一歩を使って19歩とするのが好手。
 同玉に29飛と切って金を入手。
 同玉には28金と引き、19玉に18金打まで、きれいな金の一色詰になりました。
 最終3手は他にも手がありますが、このきれいな形になるの手順を尊重させていただきます。
 簡素図式から詰上りが金一色図式になるという楽しめる一作です。

<詰上り:18金引>
信太作詰上り


【詰手順】59金、38玉、48金、28玉、37銀、19玉、59飛、29金打
   28銀打、同金寄、同銀、同玉、38金打、17玉、27金打、18玉、
   19歩、同玉、29飛、同玉、28金引、19玉、18金打まで23手詰


近藤 孝作 近代将棋1958年5月(塚田賞、『古今中編詰将棋名作選Ⅰ』第67番)
近藤作

 信太作に続いて盤面5枚の簡素入玉図。
 本局は持駒銀4枚という趣向です。
 見るからに解図欲をそそられるのではないでしょうか。
 38から4筋に逃がすわけにはいかないので29銀はこの一手です。
 19玉に38銀と開き王手。28玉なら39銀、18玉(19玉は48銀)、29銀打、19玉、28銀打で早詰。
 そうなると39に捨合するしかないのですが、飛金は同飛と取られて延命効果がありませんし、銀は品切れ。
 ここは39角合が最善。

<4手目:39角合>
近藤作39角

 39角合は同飛と取る一手。
 28玉と応じますが、29銀打などは39飛と飛を取られて続きません。
 飛車を見捨てるようで指しにくいのですが、俗に37銀と歩を取ることで手がつながります。
 39玉と飛車を取られますが、93角の遠打が気持ちの良い手です。

<9手目:93角>
近藤作93角

 93角に29玉と逃げますが、38銀と捨て同玉に48角成と馬を引きつけます。
 38銀に19玉と逃げるのは、28銀打、同歩成、同銀、同玉、29銀打、19玉、82角成まで駒余りとなります。ちょっと気の利いた変化ですね。
 48角成、29玉となったとき、38銀と打ち、18玉(19玉はいきなり28銀打で2手早く詰む)に29銀打、19玉、28銀、同歩成、同銀と清算します。
 同玉には、29歩、18玉、19歩、と歩を連打し、19同玉に37馬と馬が働いて、18玉、28馬までの詰み。
 簡素図式に持駒趣向というだけでなく、39角合や93角などの好手が入り、よく捌ける手順は退屈しません。
 塚田賞受賞。

【詰手順】29銀、19玉、38銀、39角、同飛、28玉、37銀、39玉、93角、29玉、
   38銀、同玉、48角成、29玉、38銀、18玉、29銀打、19玉、28銀直、同歩成、
   同銀、同玉、29歩、18玉、19歩、同玉、37馬、18玉、28馬まで29手


■創棋会の今後の予定
***【次回例会】************************************************* 
[日時] 2019年6月16日(日)13時~
[場所]  大阪市福島区民センター 303号
   〒553-0006 大阪市福島区吉野3-17-23
      アクセス → https://www.osakacommunity.jp/fukusima/access.html
[会費]  無料
[課題] 9月号作品展「簡素図式(盤面5枚以内、使用駒は持駒含めて9枚以内)」(29手以内)

***【次々回例会】*********************************************** 
[日時] 2019年8月18日(日)13時~
[場所]  大阪市福島区民センター 302号 ← いつもより広い部屋です ^^)
[会費]  無料
[課題] ネット作品展「すらすら解ける20手台PartⅣ」(予定)

★課題作の投稿などはこちらまで → blogsokikaitusin★gmail.com(★を@に変えてください)
以上

【結果発表】ネット作品展「教材に使える詰将棋~駒の特性を学ぶ~」<8回目>

文字色【結果発表】ネット作品展「教材に使える詰将棋~駒の特性を学ぶ~」<8回目>

近所の花壇。
8回目_花

■【結果発表】ネット作品展「教材に使える詰将棋~駒の特性を学ぶ~」<8回目>
 創棋会のネット作品展「教材に使える詰将棋~駒の特性を学ぶ~」には、17名の方から解答をいただきました。
 解答いただいたのは次の方々です(敬称略)。皆様ありがとうございました。
   有吉弘敏、奥鳥羽生、金少桂、則内誠一郎、鷲見慎吾、占魚亭、竹中健一、中出慶一、
   西村章、鳩森美羽、福原徹彦、藤野勝好、蛇塚の坂本、ほっと、まさ、RINTARO
   柳原裕司

 多数の方に解答に取り組んでいただきましたこと、あらためて感謝申し上げます。
 駒の特性を学ぶことが出来る作品が揃っていたので、楽しんでいただけたのではないかと思います。


⑪ 則内誠一郎作
11).png

【作意】24歩、13玉、25桂、22玉、23歩不成、11玉、12歩、同玉、13馬、11玉
  22歩成、同歩、12歩、21玉、33桂生まで15手

【評点】(Aは3点、Bは2点、Cは1点とし、誤無解を除いて集計)
   平均点:2.54、A:7、B:6、C:0 (誤解:0、無解:3、無評価:1)

【作者のことば】
  類型的な教材で申し訳ない。

★初手は24歩と打つしかありません。同桂は同馬、32玉、42とまでですから、13玉と銀を取ります。
 13玉には25桂とします。12玉には34馬があるので、22玉と逃げます。
 44馬は同桂があります。
 23歩成も同玉なら13馬で詰むのですが11玉と逃げられると打歩詰です。
 困ったようですが22玉には打歩詰打開の好手筋がありました。
 23歩不成です。
 こうしておけば11玉には12歩と打てます。
 同玉に13馬と突っ込んで、11玉に22歩成と成捨てます。
 同歩に12歩と打ち、21玉には33桂不成まで気持ちよく詰みました。
 歩の不成で打歩詰を打開する。これも歩の特性です。
 歩の性能を学べる一局でした。


占魚亭:打歩詰回避の不成は基本。後に成り捨てるのがいい。

★前作では「先打突歩詰」を歩の教材に出品いただきましたが、今回は歩の不成でした。

福原徹彦:歩の不成で打歩を回避し、その歩を成り捨ててまた打歩を打開する。
西村章:24歩2度進んでやっと成れました。

★歩の二段活用。

竹中健一:不成が入ることで、特定の駒の特性というよりも、成らないことによるメリットを伝えている感じですかね。
奥鳥羽生:成と不成で最も利き箇所の差が大きい歩。指将棋では考えられない詰将棋特有の不成。

★歩以外の小駒、銀桂香は成らないときは元の性能は残りますが、場合によっては成らない方が有利なこともあります。
 しかし歩の場合は成らない方が有利というのは打歩詰打開のとき以外には考えられないので、歩の不成は詰将棋ならではです。

まさ:こちらも歩の特性。歩生も入ってさらに高度で、形もコンパクトで中級者向けの優れた教材。

★好形というのも教材には望ましい要件でしょうか。

有吉弘敏:この初形から不成がでるんですね。

★ちょっぴり意外性を感じていただけたでしょうか。

中出慶一:やさしい歩不成の練習題、後半既成に流れるのが残念ですね。
蛇塚の坂本:歩の使い方の妙、桂と馬の連携綺麗で素晴らしい。

★桂跳ねの詰め上がりは良い感じではないでしょうか。

RINTARO:歩不成を学ぶにはいいでしょうね。
ほっと:地味だが5手目が好手。

★「地味」というのも、もしかしたら歩の特性かも(笑)

金少桂:こちらも打った歩の活用。歩不成は初めて見たときはびっくりしたものです。
鳩森美羽:全体的にすらすらと手が流れる。歩生を見つけてこっそりガッツポーズ。

★「初めての不成」が解けたときの感動をずっと大切にしたいものです。


⑫ 中出慶一
12).png

【作意】16香、23玉、35桂、同と、24角成、同玉、15角、23玉、24銀、14玉
  13銀成、同玉、14銀、同玉、33角成まで15手

【評点】(Aは3点、Bは2点、Cは1点とし、誤無解を除いて集計)
  平均点:2.64、A:9、B:5、C:0 (誤解:0、無解:3、無評価:0)

【作者のことば】
 角の使い道(捨て方、打ち場所)を練習する教材?です。
 と金を動かしてその位置に角を捨てるのがミソです。
 24とが24金で表現できていればなお良かったですが…。

★初手は16香と打つ一手です。
 15合ならば、26桂、23玉、34銀打、13玉(同と、同銀、32玉、43銀打)、24角成、同香(同玉は46角、35合、33銀打)、31角、同飛、15香、22玉、23銀打以下。少し手数がかかりますが15手駒余りの詰みです。
 16香には23玉とかわします。
 ここで手筋の35桂。33玉と角を取られても、44角と打てば銀二枚で詰む形。
 35同と と応じますが、24銀などと打ってしまうと今度は32玉で詰みません。
 14角も33玉でダメです。
 ここは軽く24角成と捨てて、同玉に15角と打ち換えるのが好手順。
 なお24角成に32玉は54角があり、43金合、33銀、41玉、63角成、52合、42銀打で簡単な詰み。
 15角に13玉は、14銀、同玉、33角成できれいに詰みますが持駒が余ります。
 23玉と引くのが最善です。
 ここで14銀では32玉で詰まないので24銀と打つしかありません。
 14玉と懐に逃げ込まれて困ったようですが、邪魔な銀を13銀成と捌き、同玉に14銀と打つのが好手順。
 これで33角成まで気持ちの良い開き王手の詰みとなります。


金少桂:2手目合駒の変化が難物。作意は角の打ち換えから銀を用いての玉の誘導がうまい。
占魚亭:打ち換え以降の流れが見事です。

★2手目は少し読みが必要ですが、そこを越えれば気持ちの良い手順。

竹中健一:これはどの駒の特性なんだろうか…

★内容豊富で教材の主題がやや不明確?

RINTARO:教材にしては難しすぎます。序盤変化が多かったです。角の打ち換えが主眼。
まさ:角の特性と思うが、教材にはちょっと難しすぎるかな。

★角の打換えが主題というのは多くの方に伝わったようですが、序の変化が主題を伝えるうえでややマイナスだったかもしれません。

西村章:角だけでなく銀の打ち替えも入ってきれいな作品でした
蛇塚の坂本:玉を1四にもって行く銀棄てが、面白いと思いました。

★銀の打換えを評価された方も多数。
 24に打った銀をすぐに捨て、直後に14に銀を捨てるのが気持ちのよい手順でした。

奥鳥羽生:横に利かない銀の特性により、14玉以降の詰将棋としての手順が可能になる。

★銀が横に利かないのでこういう回りくどい手段が必要になるのですが、それが詰将棋の面白さ。

福原徹彦: 23玉を14に呼ぶために銀を2枚使うのが贅沢感ある手順。35桂~24角成が見えにくかったです。

★取れる駒を動かしてその場所に捨てるというのも詰将棋らしい技ですね。

鳩森美羽:作意はすぐ見つかるも変化に戸惑う。特に2手目合駒がなぜかわからず苦戦した。
則内誠一郎:2手目合駒を割り切るのが大変。

★この変化を乗り越えれば、それほど面倒なものはありません。

有吉弘敏:一手一手変化を確認しながらすすめ。最後は気持ちよい詰め上がり。

★丁寧な読みの先に気持ちのよい収束が待っていました。

ほっと:16香・15角を打つ構成が良い。

★舞台装置をつくるところからスタートするのが収束を引き立てます。
 力試しを除く14作中、もっとも好評を博した作品でした。


■創棋会の今後の予定
***【次回例会】************************************************* 
[日時] 2019年6月16日(日)13時~
[場所]  大阪市福島区民センター 303号
   〒553-0006 大阪市福島区吉野3-17-23
      アクセス → https://www.osakacommunity.jp/fukusima/access.html
[会費]  無料
[課題] 9月号作品展「簡素図式(盤面5枚以内、使用駒は持駒含めて9枚以内)」(29手以内)

***【次々回例会】*********************************************** 
[日時] 2019年8月18日(日)13時~
[場所]  大阪市福島区民センター 302号 ← いつもより広い部屋です ^^)
[会費]  無料
[課題] ネット作品展「すらすら解ける20手台PartⅣ」(予定)

※課題作の投稿などはこちらまで
   → blogsokikaitusin■gmail.com (■を@に変えてください)
以上

【結果発表】ネット作品展「教材に使える詰将棋~駒の特性を学ぶ~」<7回目>

【結果発表】ネット作品展「教材に使える詰将棋~駒の特性を学ぶ~」<7回目>

<写真>
 近所でみかけた花。
7回目_花

■【結果発表】ネット作品展「教材に使える詰将棋~駒の特性を学ぶ~」<7回目>
 創棋会のネット作品展「教材に使える詰将棋~駒の特性を学ぶ~」には、17名の方から解答をいただきました。
 解答いただいたのは次の方々です(敬称略)。皆様ありがとうございました。
   有吉弘敏、奥鳥羽生、金少桂、則内誠一郎、鷲見慎吾、占魚亭、竹中健一、中出慶一、
   西村章、鳩森美羽、福原徹彦、藤野勝好、蛇塚の坂本、ほっと、まさ、RINTARO
   柳原裕司

 多数の方に解答に取り組んでいただきましたこと、あらためて感謝申し上げます。
 駒の特性を学ぶことが出来る作品が揃っていたので、楽しんでいただけたのではないかと思います。


⑨ RINTARO作
09).png


【作意】42銀、同玉、53銀生、31玉、42銀生、22玉、33銀生、同玉、23金、
   42玉、43桂成、同玉、53金まで13手詰

【評点】(Aは3点、Bは2点、Cは1点とし、誤無解を除いて集計)
   平均点:2.60、A:10、B:4、C:1 (誤解:0、無解:2、無評価:0)

★32銀から迫るのは駒が足りません。
 53金が質駒然としているので、これに狙いをつける42銀が正着。
 22玉なら、33銀不成から23金と打って早いので、42同玉と取ります。
 そこで53の金を取るですが、53銀不成とするのが好手。
 31玉に42銀不成と追撃。
 22玉にも33銀不成と銀の単騎攻撃が続きます。
 不成でなければ13玉とされて逃れます。
 33同玉と応じるしかないのですが、23金とおさえて、42玉に43桂成と捨てるのが気持ちの良い決め手。同玉に53金までの詰み。
 銀の連続不成が楽しい作品でした。


奥鳥羽生:不成に使えば独特の個性を発揮する銀。
福原徹彦:銀の追跡で斜め駒の特性が表れている。

★「銀は千鳥に使え」ですね。

まさ:これは銀の特性をきれいに表現している。
竹中健一:銀の特長をうまく表現していると思いました!

★斜め後ろに利くのが金と銀の違い。

有吉弘敏:3連続銀生が簡潔な構図で実現されている。
占魚亭:いい感じの銀の押し売り。

★不成の効果がすぐには表れないところがいいですね。

則内誠一郎:チェス盤ならば千鳥が引き立つ。

★このまま一直線に不成で動かしたかった…

鳩森美羽:生々しい現場に遭遇。2手目の変化でばれてしまうのはちょっと損。

★33銀不成が変化にも出てきます。そちらも含めて銀の不成を楽しんでください。

ほっと:こっちも定番。
蛇塚の坂本:銀二枚の動きが実に美しく素晴らしい、でも手なり一本道だと思う。

★易しいから銀の不成を味わっていただけるということもありますが。

中出慶一:銀不成活用の見本。のこぎり状の3回銀不成が見事に実現されている。持駒銀を51に配すれは銀4回不成が実現できる。 

★紛れは少なくなりますが、不成の回数は増えますね。

作者:53銀不成を入れたかったのでこうなりました。93から始める図もあります。

09)23手別案

★こちらは23手。楽しい趣向詰になっています。

鷲見慎吾:テーマは銀と予想、無理矢理押し打った銀だけではなく、最後は桂馬で捨てて気分良いスッキリした詰上り。
金少桂:徹底した銀不成。収束で舞台装置の桂成捨てが入ったのもうまい。

★収束に捨駒が入ると手順が引き締まります。

西村章:昔ダンスの歩というのがあったけど、これはダンスの銀ですね。

★銀が玉を追いかけるさまをダンスに見立てましたか。


⑩ 則内誠一郎作
10).png

【作意】15歩、同玉、16歩、14玉、25角、同香、15歩、23玉、24歩、同銀、
  32馬、13玉、14歩まで13手詰

【評点】(Aは3点、Bは2点、Cは1点とし、誤無解を除いて集計)
  平均点:2.62、A:7、B:6、C:0 (誤解:0、無解:3、無評価:1)

【作者のことば】
  初手25角で打歩詰を教える。

★25角と打ち込むのが有力そうですね。
 同香なら15歩と打って同玉に25馬を見せ、23玉には24歩と叩けば、22玉なら32香成、同玉なら34馬、同銀でも32馬から14歩の要領で詰みます。
 しかし25角には34玉と寄り34馬、15玉の局面は打歩詰です。
 そこで15歩と捨てて同玉に16歩と先に拠点を作っておくのが手順の妙。
 こうしておけば25角には同香の一手です。
 そこで15歩と突き出すのが味の良い手。
 取れば25馬の一手詰ですから23玉と逃げますが、最後の一歩を使って24歩と叩きます。
 22玉は32香成、また同玉は34馬で、いずれも駒余り。
 同銀と取りますが、32馬から14歩の突歩詰。
 歩が活躍する作品でした。


福原徹彦:歩の使い方が上手い。
蛇塚の坂本:実に歩の動き使い方が巧みで面白い。

★歩は一つ前に利くだけの駒。
 王手は打つか突くか、どちらかしかありませんが、演出次第でこういう楽しい作品が生まれます。

まさ:打歩詰はだめだが突歩詰は可という歩の特性がよくわかる。

★もう一つ「打歩詰の禁」というのが、歩の特性ですね。

占魚亭:先打突歩詰。きれいにできていますね。

★「先打突歩詰」という打歩詰打開の高級手筋を教材向けに易しく表現された一品。

有吉弘敏:16に打った歩が、15-->14と動く。
金少桂:この手数で打った歩を2回も突くとは驚き。
中出慶一:歩の活用術を学ぶのに、先打突歩を2回行う優れものです。

★16に打った歩が二度動くのがセールスポイントです。

奥鳥羽生:打って・・・突いて・・・、可愛いという感じの歩の特性。

★小品という言葉がピッタリでしょうか。

竹中健一:持ち歩の使い方のお手本ということでしょうか。歩の特性は難しいですよね。。。

★「一歩千金」という格言もあります。実戦でも歩の活用は難しい。

ほっと:もっといろいろできそう。

★教材向けにあっさりと仕上げたものと思いますが…。

鳩森美羽:一歩一歩踏みしめて、13手を歩ききった。ゆるやかな手順が心地よい。

★派手な手は出てきませんが、味の良い手順は解いて心地良いですね。

西村章:小太刀の様に歩を操る妙手順。

★昭和の名棋士の一人である丸田祐三九段は、歩の使い方が巧みなことから「小太刀の名手」と呼ばれましたね。

RINTARO:完璧な構成。今回のNo.1でしょう。

★歩という駒の特性を的確に表現された一局でした。


■創棋会の今後の予定
***【次回例会】************************************************* 
[日時] 2019年6月16日(日)13時~
[場所]  大阪市福島区民センター 303号
  〒553-0006 大阪市福島区吉野3-17-23
      アクセス → https://www.osakacommunity.jp/fukusima/access.html
[会費]  無料
[課題] 9月号作品展「簡素図式(盤面5枚以内、使用駒は持駒含めて9枚以内)」(29手以内)

***【次々回例会】*********************************************** 
[日時] 2019年8月18日(日)13時~
[場所]  大阪市福島区民センター 302号 ← いつもより広い部屋です ^^)
[会費]  無料
[課題] ネット作品展「すらすら解ける20手台PartⅣ」(予定)

※課題作の投稿などはこちらまで
   → blogsokikaitusin■gmail.com (■を@に変えてください)
以上

令和元年 詰パラ5月号到着

<令和元年 詰パラ5月号到着>

 少し前に撮ったものですが、4月中旬は近所でハナミズキが満開でした。
ハナミズキ

■詰パラ5月号
 令和となって最初の号、詰パラ5月号は4月26日(金)に到着しました。
 令和元年発行のものが平成31年に届いたわけですが、そんなことはどうでもいいです(笑)
 4月到着は微妙と思っていたので嬉しい誤算。
 連休突入前に届いたことに対し、編集部に感謝申し上げます!

・表紙。同人作家海老原さん6回目の登場。
  令和のスタートを飾る号への表紙掲載は作者にとっても格別の思いでしょうね。
  熊谷での普及のお話も素晴らしい。多くの詰将棋作家が誕生することを期待しています。
・詰将棋学校(12P~)。
 小学校:水谷さん、担当お疲れ様でした!
 中学校:太刀岡さんは、令和から流れるような手順の簡素図式を連想されるんですね。
   令和からは涼やかなものをイメージする方が多いでしょうか。
高校:仲西さんも熊谷の解答選手権の運営にご協力。
   熊谷が詰将棋の新たなスポットになる日も近い?
   それにしても今月のラインナップの凄いこと…。
 短大:選題の言葉は令和づくしでした(笑)
 大学:鈴川さんの作品、タイトルは三国志ファンならご存知の故事。
   若島さんが3ヶ月連続登場。その事情とは?
 大院:松本さんの作品、飛車のある豆腐図式(?)ならタイトルは「飛龍頭」でも良かったのでは?
   菅野さんの作品、タイトルの衝突って今までなかったのでしょうか?
・大道棋教室(16P~)。「栃木各問題」という名称、不勉強にして初めて知りました(汗)
   両問とも見た目は30手台とは思えませんね。
・D級順位戦(18P)。一見していずれも力作という印象ですね。
・全詰連の頁(19P~)。解答選手権の結果。本当にお疲れ様でした。
・解答選手権チャンピオン戦レポート(20P~)。桃燈さんの力作。名古屋会場の様子が克明に記されています。参加選手の感想なども盛り込まれ読み応えがあります。
・持駒のある風景(28P~)。脱線話が面白かったです。
・おもちゃ箱だより(30P~)。くるくる展は楽しい作品ばかり。
・ちえのわ雑文集(32P~)。「指す将から詰将棋作家への本音」。
   『解けないのが苦痛。狙いや解説を添えて手順を並べられる分には面白いし、見てる方も充分に芸術品としての凄さを理解できます。』というあたりは納得。
   作家と解答者以外の「観る詰将棋ファン」拡大のための鑑賞コーナーが増えることを切望します。
・全国大会案合(34P~)。今年は大阪です。このブログでも関連記事を紹介します。
  握り詰の使用駒数も発表されました。
  「玉、飛、金、銀、桂、香、歩、歩、歩、歩、歩」の11枚です。
  なお今回は手数制限もあり19手以内です。
  またメール投稿もOKです。下記まで
    blogsokikaitusin■gmail.com(■を@に変えてください)
・将棋パズル雑談(36P~)。36番は正解を読んで「なるほど」と思うと同時に、aとbの対比の素晴らしさに拍手!
   今回も挑戦してみよう…。
・2018年学校短編平均点ベスト20(44P)。やはり5月と11月の期末が多いですね。
   有吉さんと三輪さんが4作はさすがです。
・編集後記(104P)。ここでも令和の話題が。
   令和は018、これも曲詰ネタになりそうですね。

■第35回全国大会
 今年は大阪です。このブログでも関連記事を紹介します。
 詰パラ5月号に開催案内が掲載されましたので、要点を再掲させていただきます。
  《日時》2019年7月14日(日) 12時00分~17時
    ※受付開始は11時を予定
  《場所》大阪産業創造館 4階
    大阪市中央区本町1-4-5
         http://shisetsu.sansokan.jp
    ※アクセス → http://shisetsu.sansokan.jp/access.html
     ・経路例:新大阪→(地下鉄御堂筋線)→本町→(地下鉄中央線)→堺筋本町
      本町では中央線に乗換、生駒・学研奈良登美が丘方面に乗車、1駅で堺筋本町です。
     ・会場は大通りに面していて、地下鉄出口から5分程度の便利なところです。
     ・地下鉄の出口(堺筋本町駅12番出口)を間違えなければ、迷うような場所ではありませんが、大会が近づいてきたら、近隣の写真などもアップする予定です。
  《会費》一般1,500円、女性・高校生以下500円
  《概要》看寿賞、七條賞、門脇賞などの表彰式
       アマレン杯握り詰紹介、解答競争、アトラクションなど。
  《懇親会》
    ・本会終了後、17時30分開始。
    ・場所:「桃莉」、同じ建物の16階。
    ・会費:一般5,500円、女性・高校生以下3,000円
  《その他》
    ・書籍販売:出品予定者は事前に下記までご連絡ください。
       blogsokikaitusin■gmail.com(■を@に変えてください)
     なお事前に会場に持ち込むことはできませんのでご了承ください。
   ・宿泊:実行委員会では宿泊の斡旋は行っていません
     ネットで検索すると結構ホテルの候補が出てきます。
     大阪のホテル事情も改善されつつあるようですが、早目の予約をお勧めします。
   ・観光情報
     全国大会を堪能して、翌日は大阪観光を楽しみたいという方も多いと思います。
     USJや海遊館が有名ですが、万博記念公園の太陽の塔も面白いかもしれません。
       USJ → https://www.usj.co.jp/
       海遊館 → https://www.kaiyukan.com/index.html
       万博記念公園 → https://www.expo70-park.jp/

■創棋会の次回課題は「簡素図式」
 6月例会の課題は9月号作品展になりますが、簡素図式です。枚数は「盤面5枚以内、使用駒は持駒含めて9枚以内」。
 たとえば盤面3枚なら持ち駒は6枚までOKです。ただし裸玉はご遠慮いただきます(双裸玉はOK)。
 駒数の少ない作品は解いてみようという気になります。
 作品展も9月で残暑が厳しいでしょうから、涼しげな初形に解図欲がそそられるのではないでしょうか。
 作家の皆さまからの投稿、お待ちしています。

 それでは例によって、例題紹介させていただきます。
 今回は過去の創棋会作品展に発表されたものを選ばせていただきました。


柴田 昭彦作 詰パラ1974年8月(「詰将棋三十年」第49番)
柴田作

 一作目は大ベテラン、柴田さんの作品。
 本作は創棋会の課題「簡素図式」で発表されたものです。
 このときの条件は「盤面4枚以内、持駒4枚以内、19手以内」で、今回よりも1枚少ないものでした。
 44角と打って上から押さえてみたくなりますが、13玉と逃げられると24銀打、14玉と上部脱出が止まりません。持駒に金がないというのは不便です。
 13への逃げを防ぐのは33銀打しかありません。これなら13玉には24銀引成があります。以下12玉に23角と打てば詰みます。
 33銀には12玉と寄って角打や銀打を防ぎますが、23銀と捨て、同玉に41角と据えるのが好手順。
 12玉には、最後の持駒を使って24桂と打ちます。
 13玉とかわされて攻めが切れてしまったようですが、22銀不成と捨てて33歩成が気持ちの良い手順です。

<11手目:33歩成>
柴田作33歩成

 33歩成は取れば32角成まで。
 11玉と逃げますが、12桂成と捨てるのが決め手です。
 以下23角成と活用して22馬までの詰み。

 33銀→22銀、24桂→12桂成と打った駒を捌くのも気持ちの良い手順で、さわやかな解後感の作品です。
 なお36歩がないと、3手目13銀、同玉に24銀上という手があり、14玉、36角から26桂の余詰があります。

【詰手順】33銀、12玉、23銀、同玉、41角、12玉、24桂、13玉、22銀不成、同玉
    33歩成、11玉、12桂成、同玉、23角成、21玉、22馬まで17手


川崎 弘作 詰パラ1991年5月(『残照』第6番)
川崎作

 本作も創棋会の課題「簡素図式」で発表されたものです。
 このときの条件は「盤面5枚以内、持駒4枚以下」で、ほぼ今回と同じでした。

 41飛が見えますが、22玉、33銀、13玉、11飛成、12桂合くらいで詰みません。
 42銀もありそうですが、21玉で続きません。
 ここは右から11飛と打つのが正着。
 22玉は13や33から銀を打てば簡単ですから、21に合する一手です。
 何を合しても42銀から33角成があるので、最善は21桂合です。

<2手目:21桂>
川崎作21桂

 21桂と打ったところは実戦型に戻ったような感じです。
 それでも42銀と打ちます。
 32玉は33金と打てばお終いですから22玉と逃げますが、33角成が決め手。
 同桂と取ったときに、31銀不成といくのが味の良い手です。
 11玉と飛を取られますが22金までの詰み。
 易しい合駒問題ですが、大駒は二枚とも消えて、解後感は悪くないと思います。

【詰手順】11飛、21桂、42銀、22玉、33角成、同桂、31銀不成、11玉、22金まで9手


若島 正作 詰パラ1983年4月(『残照』第31番)
若島作

 本作も創棋会の課題です。「配置が4筋5段以内、盤面6枚以内」で発表されたもの。
 初手47角が怖い筋ですが、25歩と捨合され、同角に24玉と寄られると逃れます。
 24玉と寄られたときに詰む形を考えれば、初手は23角しかありません。
 同玉と取らせて33と と寄れば、34とがあるので24玉の脱出は心配ありません。
 そこで33とには12玉と引きますが、24桂と捨てるのが軽手。
 同銀と取らせて23角と短く打つのが良い手です。
 34角と離して打つのは11玉で詰みませんが、23角としておけば11玉には22とから32飛成があります。
 23角には13玉とかわしますが、そこで15飛と行くのが本局一番の好手です。

<9手目:15飛>
若島作15飛

 15飛は同銀の一手。25桂から34角成として、最後に25に打った桂を13桂成と捨てて気持ちの良い収束です。
 二回の角短打を軸に飛車捨も入って、清涼詰になるあたり、解いて爽快な一局。

【詰手順】23角、同玉、33と、12玉、24桂、同銀、23角、13玉、15飛、同銀
   25桂、24玉、34角成、14玉、13桂成、同玉、23馬まで17手


■創棋会の今後の予定
***【次回例会】************************************************* 
[日時] 2019年6月16日(日)13時~
[場所]  大阪市福島区民センター 303号
   〒553-0006 大阪市福島区吉野3-17-23
      アクセス → https://www.osakacommunity.jp/fukusima/access.html
[会費]  無料
[課題] 9月号作品展「簡素図式(盤面5枚以内、使用駒は持駒含めて9枚以内)」(29手以内)

***【次々回例会】*********************************************** 
[日時] 2019年8月18日(日)13時~
[場所]  大阪市福島区民センター 302号 ← いつもより広い部屋です ^^)
[会費]  無料
[課題] ネット作品展「すらすら解ける20手台PartⅣ」(予定)

★課題作の投稿などはこちらまで → blogsokikaitusin■gmail.com(■を@に変えてください)
以上