ネット作品展「教材に使える10手台」出題中

ネット作品展教材に使える10手台出題中
 2月22日に一斉出題しました。
 初心者向けから上級者向けまで、詰将棋の面白さや楽しさが伝わる作品が揃っています。
 1問でも結構ですから解けた方は、解答をお願いします。
◇解答送り先: blogsokikaitusin@gmail.com
◇解答締切 : 3/20(月)
◇解答要領 : 解けた作品には作品展の主旨に見合った評価(「良・可・否の三段階評価)と短評をお願いします。
優秀解答者1名に呈賞
★図面は次のサイトから取り出すことができます。
http://firestorage.jp/download/dddefb791590baf9ebbe51759cdaa1aba3c6302a
パスワード 「kyouzai」です。

■お詫びと訂正
 2月8日にアップした「【結果発表】創棋会の年賀詰人気投票<6回目>」に誤りがありました。
   №21 「S」の作者名
     )廣瀬 崇貴 → )廣瀬 崇幹
 廣瀬さんには大変失礼いたしました。謹んでお詫び申し上げます。
 ご指摘いただいたブログ読者の方には感謝申し上げます。ありがとうございました。

■春が近づいています
 近くの公園に散歩に行ったら梅の花が咲いていました。
 まだ満開ではないのですが、写真を撮りましたので、紹介させていただきます。

梅1

 桜の花が咲く頃には解答選手権ですね。

■打歩詰の作品紹介
 今回から打歩詰の過去の名作を紹介させていただきます。
 ある催しのために打歩詰を調べることになったのですが、そのときに思い出したのが「将棋めいと」13号(1992年7月)から19号(1995年11月)まで連載されていた湯村光造さんの「歩詰手筋総まくり」という論考。
 押し入れからめいとのバックナンバーを出してきて眺めているところですが、ここで取り上げられた作品を自分なりに鑑賞しなおして、紹介させていただきます。
 なお湯村さんの論考が契機となり「打歩詰大賞」が創設されました。
 同大賞の作品群はブログ「借り猫かも」で詳細に紹介されています。
http://torakamaneko.cocolog-nifty.com/blog/cat59275509/index.html


大橋宗桂作 将棋舞玉62番
舞玉62番
                     (圭は成桂)

 まず一作目は、ちょっと珍しい手筋から。
 なお本作はめいと13号で紹介されていました。
 古典らしい(?)おおらかな配置です。
 初手から53銀生、34玉(53同玉は71角)、23角、33玉、42銀引生、22玉、45角成とする手がありますが、そこで25成桂とされると(失敗図①)、これ以上続きません。

<失敗図① 25成桂まで>
失敗図①

 先ほどの手順で45に質駒があれば失敗図でも持駒が増えているので何とかなりそうです。
 そこで初手は45金とします。
 これは取る一手。まず銀から調べてみましょう。
 同銀には53銀生から同じように進めたとき45角成と銀を入手できます。25成桂とされても、23銀と打てます。しかも13玉には25桂、24玉と追えば、46馬と飛車まで取れるので、駒余りの詰み。
 それでは同飛はどうでしょうか。銀よりもっと強力な駒が手に入るので簡単そうです。
 同じように進めると23飛と打てます。
 しかし12玉とされた局面(失敗図②)は、なんと打歩詰になっているではありませんか。

<失敗図② 12玉まで>
失敗図②

 33飛生や43飛成と開き王手しても45銀と馬を取られ、13歩、22玉、34桂、同銀で詰みません。
 25飛成も45銀で全然ダメです。
 13飛成、同玉、25桂も筋っぽいのですが、24から15に脱出されると捕まりません。
 どこが悪かったのでしょうか?
 23に飛車以外の駒を打てれば打歩詰にはなりません。
 どこかに駒が落ちていないか…。

 盤を広く見渡すと、他の駒を入手する巧妙な手段がありました。
 45同飛のときに56桂と跳ねます。さらに34玉となったときに46桂と捨てます。
 同飛とさせておいてから23角と打つと、同じように進めたとき、56角成と歩を入手できるというわけです。
 今度は23に歩が打てますから12玉となった途中図では13歩が打てます。

<途中図:16手目 12玉>
16手目12玉

 ここからは、13歩~25桂~46馬と質駒を奪って一気の寄せです。
 本作は有利な駒を取ると詰まず、わざわざ不利な駒を取ることで打歩詰を打開しようとする構想を実現した作品でした。

【作意】45金、同飛、56桂、同歩、53銀不成、34玉、46桂、同飛、23角、33玉、
    42銀引不成、22玉、56角成、25成桂、23歩、12玉(途中図)、13歩、同玉、
    25桂、24玉、46馬、15玉、17飛、16香、27桂、26玉、35馬まで27手詰

 「四百人一局集」によると、大橋宗桂は1789年(寛政元年)に八世名人を襲位。「将棋舞玉」は1786年に献上され、献上図式としては最後のものということです。
 「舞玉」をキチンと鑑賞したことはないのですが、もう一局『古今短編詰将棋名作選』に採録された作品があるので、紹介させていただきます。

大橋宗桂作 将棋舞玉13番(『古今短編詰将棋名作選』第17番)
舞玉13番

 最初の5手が抜群の味の良さです。
 いきなり84桂は同龍があるので、93銀と捨て同角に84桂が手順の妙。
 今度同龍なら81銀から42龍があるので(75角の利きが消えた)同角の一手。
 ここで93金と只捨てするのが気持ちの良い一手。同玉なら91龍~96香から詰み。
 同角と取らせれば94金が消えたので94桂と打って龍の利きもそれるので42龍と馬を奪って収束です。
 前半の切れ味の良さが素晴らしい一局です。

【作意】93銀、同角、84桂、同角、93金、同角、81銀、82玉、94桂、同龍、
    42龍、81玉、63角、71玉、72龍まで15手詰

******************************************************************
★次回例会
[日時] 2017年4月16(日)13時~
[場所] 関西将棋会館 4F和室
[課題] 次回(6月号)企画展のため作品の一般募集は行いません。
******************************************************************
★偶数月の第三日曜日に例会を開催します。
 6月は18日です。場所は大阪市福島区民センターになります。
 毎回、何か課題作を持ち寄って楽しく過ごせるようにしたいと考えています。
******************************************************************
※当ブログのコメントは管理者承認制になっていますが、下記アドレスに直接ご意見をいただければ、必要に応じて、返信させていただくとともに、内容をブログに反映するようにいたします。
      blogsokikaitusin@gmail.com
                                   以上
スポンサーサイト

ネット作品展「教材に使える10手台」出題!

ネット作品展教材に使える10手台」の一斉出題

 創棋会のネット作品展「教材に使える10手台」、おかげさまで15作と多数の作品が揃いました。
 投稿下さった作家の皆様、ありがとうございました。
 投稿いただいたのは次の13名の方々です。あらためて感謝申し上げます。
  (敬称略、作品順ではありません、複数作投稿された方もいらっしゃいます)。
   上谷直希、奥鳥羽生、北村憲一、金少桂、芹田修、高縄山ろく、中出慶一、中村雅哉、
   中村宜幹、野曽原直之、まつ&べし、三宅英治、吉松智明

 初心者向けから上級者向けまで、詰将棋の面白さや楽しさが伝わる作品が揃っています。
 1問でも結構ですから解けた方は、解答をお願いします。

 ◇解答送り先: blogsokikaitusin@gmail.com
 ◇解答締切 : 3/20(月)
 ◇解答要領 :
    解けた作品には作品展の主旨に見合った評価(「良・可・否」の三段階評価)と短評をお願いします。
  ※優秀解答者1名に呈賞

 ★図面は次のサイトから取り出すことができます。
   http://firestorage.jp/download/dddefb791590baf9ebbe51759cdaa1aba3c6302a
   パスワード 「kyouzai」です。


超初心者向
「龍の転回」
01_転回


初心者向
「玉のエスカレーター」
02_玉のエスカレーター


初級者向
「不成」
03_初級向け不成


初級者~中級者向
「局面の対比」
04_局面の対比


中級者向
「初めての10手台~3手5手の詰手筋を重ねる~」
05_はじめての10手台


中級者向
「遠打ちと趣向手順」
06_遠打と趣向の教材


中級者向
「遠打・限定打の原理説明図」
07_限定打と中合


中級者~上級者向
「限定打とスイッチバック」
08-限定打とスイッチバック


中級者向
「打ち替え手筋を習熟して解答や創作に生かそう」
09_打ち換えを学ぶ


中級者向
「角2枚を捨てて質駒を入手する手順を研究しよう」
10_質駒の作り方


中級者向
「双玉のスリルを味わってみよう① 限定打とピン外し」
11_限定打とピンの外し方


上級者向
「双玉のスリルを味わってみよう② 双玉詰将棋入門」
12_双玉詰将棋入門用教材


中級者~上級者向
「実戦派向け邪魔駒消去の教材」
13_実戦派向け邪魔駒消去


上級者向
「大駒4枚怖くない」
14_大駒は怖くない


上級者向
「美濃崩し」
15_美濃崩し

******************************************************************
★次回例会
[日時] 2017年4月16(日)13時~
[場所] 関西将棋会館 4F和室
[課題] 今回は一般募集していません。
******************************************************************
★偶数月の第三日曜日に例会を開催します。
 6月は18日です。場所は大阪市福島区民センターになります。
 毎回、何か課題作を持ち寄って楽しく過ごせるようにしたいと考えています。
******************************************************************
※当ブログのコメントは管理者承認制になっていますが、下記アドレスに直接ご意見をいただければ、必要に応じて、返信させていただくとともに、内容をブログに反映するようにいたします。
      blogsokikaitusin@gmail.com
                                   以上

創棋会例会報告(2017年2月19日)

<創棋会例会報告(2017年2月19日)>
■第265回創棋会例会報告
 2月19日(日)に創棋会の第265回例会が開催されました。場所は関西将棋会館4Fの多目的ルーム。
 参加者は次の皆さん((敬称略、順不同)。
    則内誠一郎、谷本治男、中出慶一、中村雅哉、中村宜幹、野曽原直之、水上仁、
    吉田彰、吉松智明(以上9名)

 今回は数名の常連メンバーが参加されず、少々さびしい会合になりましたが、水上さんと吉田さんが久方ぶりのご参加。

【例会風景】
20170219風景①
左から、則内、中出、中村(雅)、中村(宜)、野曽原の各氏

20170219風景②
左から、則内、水上、中村(雅)、吉田、中出、野曽原、谷本の各氏

 課題作のネット作品展「教材に使える10手台」は、多くの「教材」が寄せられました。
 参加者一同解図に取り組み、近々ブログで出題されることになりました。
 中出さんから「各人お気に入りの作品を例会で発表して参加者で鑑賞しよう」という提案があり山路大輔さんの作品(将棋世界2015年8月)が紹介されました。
 また「45周年記念行事をやってはどうか」というご意見があり、8月ごろに懇親の場を持とうということになりました。
 あらためて案内させていただきますが、多くの方にご参集いただきたいと思います。
 事務担当と作品展担当から、今後の課題作や開催日程、解答選手権大阪会場の運営協力のお願いなどについて連絡がありました。
 例会終了後は有志で懇親を深めました。

******************************************************************
★次回例会
[日時] 2017年4月16(日)13時~
[場所] 関西将棋会館 4F和室
[課題] 今回は一般募集していません。
*********************************************************************
★偶数月の第三日曜日に例会を開催します。
 6月は18日です。場所は大阪市福島区民センターになります。
 毎回、何か課題作を持ち寄って楽しく過ごせるようにしたいと考えています。
*******************************************************************
※当ブログのコメントは管理者承認制になっていますが、下記アドレスに直接ご意見をいただければ、必要に応じて、返信させていただくとともに、内容をブログに反映するようにいたします。
      blogsokikaitusin@gmail.com
                                  以上

ネット作品展「教材に使える10手台」の投稿をお待ちしています

ネット作品展「教材に使える10手台」の投稿をお待ちしています

 創棋会の例会は2月19日です。
 ネット作品展教材に使える10手台の投稿をお待ちしています。

■創棋会の次回課題
 創棋会の次回課題は「ネット作品展教材に使える10手台」です。
   ・ タイトル必須 …(  )向け(  )の教材  ← この形式にはこだわりません!
              初心者向けあぶり出しの教材
                 実戦派向けミニ趣向の教材
   ・ 指導要領(自作解説)【必須何か一言書いていただければ結構です
   ・ 条件『教え易い、分かり易い、覚え易い』
   ・ 投稿先 → blogsokikaitusin@gmail.com
     (いつもの宛先ではありません)
   ・ 投稿締切 2月19日(日)
   ・ 発表 2月20日以降、当ブログで一斉出題し、解答募集の予定


 将棋を覚えた。強くなりたい。だから詰将棋をやる。
 しかし、強くなれない、ライバルに勝てない、結局将棋からも詰将棋からも離れてしまう。
 逆に将棋の腕が上がったために実戦オンリーとなり詰将棋から遠ざかってしまう。
 あるいは、他に面白いことが出来る。たとえば球技やゲームなどに夢中になって将棋どころではなくなる。
 それ以外にも、受験や就職、結婚、育児等々、詰将棋に熱中できる環境ではなくなってしまうということがある。
 でも、詰将棋に病みつきになった経験のある人や、詰将棋が楽しく遊べる世界だと知っている人は、時が経てば詰将棋の世界に戻ってきたり、詰棋熱を再燃させたりします。

 今回の企画には、詰将棋と出会ったなら、ぜひともその面白さを知ってほしいという想いがあります。
 詰将棋の魅力を一口で言い表すことは大変難しいのですが、これまで7回にわたって例題を紹介してきました。
  ・手筋の気持ちよさ
  ・駒の活用
  ・豪快な大駒捨ての快感
  ・ミニ煙
  ・曲詰
  ・実戦型から飛び出す妙手順
  ・パズルのような手順
  ・駒の動きやリズムを楽しむ
  ・意外性や不利感
  ・ちょっと高級な手筋
  ・構想作

 詰将棋の面白さや楽しさと出会えるような教材が盛り沢山の作品展にしたいと思いますので、皆さまの投稿をお待ちしています。
 タイトルは「(  )向け(  )の教材」という形式にはこだわりません。お好きな「お題」をつけてください
 指導要領についても、自作解説が煩わしいという場合は、何か一言書いていただければ結構です
 たとえばご自身が詰将棋に引き込まれた原点や、おすすめの作品や本の紹介などをお書きください。
 「やさしい」「わかりやすい」「面白い」「爽快」「解いて楽しい」「並べて楽しい」「解答がわかれば納得」「もっと解いてみたくなる」「自分でも創ってみようと思う」等々
 そんな作品があればぜひとも投稿下さい。

 さて例題紹介も今回が最後です。
 文字通り楽しい作品を紹介させていただきます。


湯村光造作(詰パラ1966年4月、『古今趣向詰将棋名作選』第69番)
湯村光造

 持駒趣向作です。桂が4枚。
 「三桂あって詰まぬことなし」という俗諺もありますが、この初形、桂が4枚もあるのに打つところがありません。
 ここで27の金に注目です。
 この金がいなければ27桂と打って、14玉以下、26桂~15桂~14桂~23桂と詰みます。
 そこでこの金を消そうとします。
 26金直、14玉に15金と捨てて27桂を打とうとしますが、23玉と逃げられ、またしても15金が邪魔になりました。
 しつこく14金と捨てにかかりますが、取らずに22玉とされて相変わらず桂の打ちどころがありません。
 これでもかと23金のタダ捨てですが、11玉と雪隠に逃げます。
 ここでとどめが22金

<9手目 22金>
湯村光造22金

 玉にはもう逃げ場がありません。
 同角なら23桂の一手詰ですから、やむなく同玉と応じます。
 これで14桂と、ようやく桂を打つことが出来ます。
 以下、23玉には15桂と打ち、14玉に26桂と桂の連打です。
 15玉に27桂までの詰み。
 27金の押し売りに逃げ続ける玉、最後は4桂の連打という、シンプルですがとても楽しい作品でした。

【作意】26金直、14玉、15金、23玉、14金、22玉、23金、11玉、22金、同玉、
    14桂、23玉、15桂、14玉、26桂、15玉、27桂まで17手詰


三枝文夫作(詰パラ1957年3月、『古今中編名作選Ⅰ』第61番)
三枝文夫

 入玉作ですが、46玉の脱出に用心し、2枚のと金に触らないようにすればそう難しくありません。
 初手は36金と押さえます。
 27玉と横にかわす一手ですが26金と寄ります。
 玉は37に戻っても18に潜り込んでも36馬があるので、17玉と寄ります。
 それには27金と引きます。
 取れば63角打ちがあるので18玉とひたすら逃げます。
 ここで17金と寄れば同玉と取るしかなく、玉と金の追いかけっこは終わりです。

<7手目 17金>
三枝17金

 17同玉には53角と打ちます。
 18玉には36馬と引けば、27桂合が最善の受け。
 そこで17角成から19龍と大駒の連続捨てが飛び出し、同桂成に26銀まで。
 金が36→26→27→17と鋸引きする序奏は楽しい手順で、収束も申し分ない好作でした。

【作意】36金、27玉、26金、17玉、27金、18玉、17金、同玉、53角、18玉、
    36馬、27桂合、17角成、同玉、19龍、同桂成、26銀まで17手詰


山田修司作(近代将棋1970年5月、『夢の華』第78番、『古今短編名作選』第163番)
山田修司

 本作も駒の動きを楽しんでいただける作品。
 26銀と28金が邪魔だと感じた方は鋭い!
 しかし守備陣も強力なので用心して攻める必要があります。
 たとえば37香などと俗に攻めると、同桂成、同銀、同馬、同金、同玉と包囲網から脱出されてしまいます。
 まず29香に活を入れるため28金から消していきます。
 37金と捨てます。今度、同桂成なら同銀、同馬、28桂と打てるので、同馬、26馬まで。
 同馬と応じるしかありませんが、あわてて同銀は同玉でダメです。
 取れる馬を取らずに28桂と捨て、同馬と取らせて39香が妙手順。

<5手目 39香>
山田39香

 同となら48桂まで。38合も37銀と捨てる手があり、同馬、28桂の筋で詰み。
 39香は同馬と取るしかなく、そこで38香が絶好の一打。
 同となら37銀、同玉、26馬まで。
 38同馬にも、やはり37銀が好手。
 これも同馬と取り、とどめが28桂の軽手。
 同馬に26馬まで。36玉は不動のまま詰みました。
 ここで玉方の応手をよくみると、なんとすべての応手が同馬でした。
 邪魔駒消去に39香、38香の連打が入り巧妙な手順ですが、なんといってもこの馬の動きを楽しんでいただきたい一局でした。

【作意】37金、同馬、28桂、同馬39香同馬38香同馬、37銀、同馬
    28桂、同馬、26馬まで13手詰


 それでは、皆さんから詰将棋の楽しさや面白さを伝える作品の投稿をお待ちしています。
****************************************************************
★次回例会
[日時] 2017年2月19(日)13時~
[場所] 関西将棋会館 4F多目的ルーム
[課題] 「ネット作品展教材に使える10手台
   ・ タイトル必須 …(  )向け(  )の教材  ← この形式にはこだわりません!
              初心者向けあぶり出しの教材
                 実戦派向けミニ趣向の教材
   ・ 指導要領(自作解説)【必須何か一言書いていただければ結構です
   ・ 条件『教え易い、分かり易い、覚え易い』
   ・ 投稿先 → blogsokikaitusin@gmail.com
     (いつもの宛先ではありません)
*******************************************************************
★4月以降も偶数月に例会を開催します。
 偶数月の第三日曜日開催。
 4月は16日です。
 毎回、何か課題作を持ち寄って楽しく過ごせるようにしたいと考えています。
*******************************************************************
※当ブログのコメントは管理者承認制になっていますが、下記アドレスに直接ご意見をいただければ、必要に応じて、返信させていただくとともに、内容をブログに反映するようにいたします。
        blogsokikaitusin@gmail.com
                                  以上

創棋会例会は2月19日、課題は「教材に使える10手台」

<創棋会例会は2月19日、課題は「教材に使える10手台」>

■創棋会の次回課題
 創棋会の次回課題は「ネット作品展教材に使える10手台」です。
  ・ タイトル必須 … (  )向け(  )の教材  ← この形式にはこだわりません!
            初心者向けあぶり出しの教材
                実戦派向けミニ趣向の教材
  ・ 指導要領(自作解説)【必須】 … 何か一言書いていただければ結構です
  ・ 条件『教え易い、分かり易い、覚え易い』
  ・ 投稿先 → blogsokikaitusin@gmail.com
    (いつもの宛先ではありません)
  ・ 投稿締切 2月19日(日)
  ・ 発表 2月20日以降、当ブログで一斉出題し、解答募集の予定

 これまで数回にわたって本企画の主旨を書いてきました。
 詰将棋との接点は人それぞれ、指し将棋の腕を上げることしか興味が無い、超短編しか解いたことがない、解いてスカッとすればそれで十分、単なる暇つぶし、等々、色々な方がいらっしゃると思います。
 しかし詰将棋との出会いが一過性のものに終わらないようにしてほしい。
 初心者に限らず、多くの人に、詰将棋の楽しさ、面白さを知ってもらいたい。
 そういう作品を「教材」として作れないものかということが、企画のねらいです。

 例題については、管理人の感動を伝えたいという想いもあって、次のような切り口で、これまで6回にわたって多くの作品を取り上げてきました。
 ・ 詰手筋をたくさん知ってもらいたい
 ・ 不思議な手筋、構想作、意外性のある手を紹介して、詰将棋の奥の深さや醍醐味を味わってもらいたい
 ・ パズル的な作品、曲詰やミニ煙などから、実戦とは違う世界、楽しく遊べる世界を知ってもらいたい

 ブログをご覧いただいている皆さん、投稿をお待ちしています。
 必ずしも「やさしさ」を求めているわけではありませんが、手順のわかりやすさ(割り切れている、煩雑でない…)は大切な要素です。
 投稿をためらっている作品にいい手が一手あり、それが詰将棋の魅力を伝えられそうならぜひとも投稿下さい。
 タイトルも「(  )向け(  )の教材」という形式にはこだわりません。お好きな「お題」をつけてください
 指導要領についても、自作解説が煩わしいという場合は、何か一言書いていただければ結構です。たとえばご自身が詰将棋に引き込まれた原点や、おすすめの作品や本の紹介などをお書きください。


 さて例題紹介の前に、前回紹介した作品の解答を紹介させていただきます。

柏川悦夫作(詰パラ1971年3月、『詰将棋半世紀』盤上流転第80番)
柏川悦夫80

 初手は23飛と合駒を訊きます。
 斜めに利く駒でなければ、33桂、同銀、32角成という手があります。
 金や銀合は同飛成、同銀、32金(銀)、12玉に14飛から24桂の筋で詰み。
 最善は22角合です。同飛成と取ったとき、同玉と応じます。
 角なら23から打てません。32飛には21玉で寄りません。
 また23飛も、31玉、33飛成、41玉、74角、63角合、42銀、52玉、64桂、61玉、31龍、41歩合で際どく逃れています。
 しかし22同玉には絶妙の一手がありました。
 33銀成と捨てるのです。

<5手目 33銀成>
柏川悦夫33銀成
       ※全=成銀

 上部の押さえに見える44銀のタダ捨て!
 同玉には55角があります。44合は23飛まで。43玉も44飛、33玉、45桂です。
 やむを得ず同銀としますが、ここからも好手が出ます。
 32飛に21玉で寄らないようですが、12飛成とするのが好手。
 同玉なら23角があります。
 同香と取りますが、33銀捨ての効果で守備の銀が42から33に動いたので、43角と打てます。11玉に23桂から32角成までの詰み。
 33銀成が不利感のある意表の一手でした。

【作意】23飛、22角合、同飛成、同玉、33銀成、同銀、32飛、21玉、
    12飛成、同香、43角、11玉、23桂、22玉、32角引成まで15手詰


それでは今回はパズル的な作品を紹介します。

柳原裕司作(詰パラ1983年8月、『月下美人』四×四図式 第4番)
柳原裕司

 楽しい角銀入れ替えパズルです。
 途中図のように初形から37角と17銀を入れ替えて詰上り図を実現するのです。
 初手は26に角か銀を動かすしかありません。同飛成とは出来ないので27玉とします。
 26X、27玉となった局面を見ると、26が銀だと、銀をどこに動かしても37の角を取られてしまいますから、これ以上手が続きません。初手は26角と決まります。
 26角、27玉となったら、玉を37から逃げられないようにするには48角と引くしかありません。
 玉は17に戻る一手ですが、今度は角が37から48に動いたので、26銀と引くことが出来ます。
 26銀、27玉となったとき、銀を35に動かします。
 17玉には26角とします。27玉には銀が動いた後へ15角と移動します。
 17玉に今度は35の銀を26に引きます。27玉に37銀と引いて途中図です。

<途中図>
柳原裕司16手目

 見事に初形から角と銀を入れ替えることに成功しました。
 ここからもう一度26角と引けば27玉に36銀と立って詰みです。

<詰上り図>
柳原裕司詰上り

 26角→48、15銀→35、48角→15、35銀→37と、少しずつ角と銀の位置を変えていくのです。
 文字で解説するよりも、作意を並べて駒の動きを楽しんでいただきたいと思います。
 本作の仕組みを発展させて明石六郎氏が中編作で半期賞を獲得し、田島秀男氏が579手詰の大作を仕上げて看寿賞を受賞されたのは有名な話です。

【作意】26角、27玉、48角、17玉、26銀、27玉、35銀、17玉、26角、27玉、
    15角、17玉、26銀、27玉、37銀、17玉、26角、27玉、36銀、まで19手詰


山本勝士作(近代将棋1963年7月、『古今中編詰将棋名作選Ⅰ』第89番)
山本勝士

 今度の作品は角の入れ替えパズルです。
 25と16の二枚角がだぶっていて重い配置。何とか捌きたいところです。
 しかし34角から44龍を清算するのはさすがに駒不足。
 ここは14角として13玉に36角に引くのが好手段。
 25の角を36に動かしただけなのですが、何か状況が変わったのでしょうか?

<3手目 36角>
山本36角

 14合では同香、23玉に15桂があるので、黙って23玉と寄ります。
 ここで34角の只捨てが好手。
 同玉なら44龍があります。同玉の一手に54飛、43玉、35桂までです。
 この変化のために角の場所を変えたのです。
 34角には同龍とするしかありませんが、もう一度14角と出て、今度は25角と引きます。
 今度はどういう狙いがあるのでしょう?

<9手目 25角>
山本25角

 23玉と寄る一手に27の桂を35に跳ねます。これは同龍と取るしかありません。
 27桂が消えたので47龍の横利きが通りました。
 ここから収束です。15香を13に成捨てます
 同玉に47龍を17に転回します。
 25角のおかげで玉方35龍の利きが遮られています。また34の逃路も塞いでいます。
 25角引は一石二鳥の手でした。
 17龍に、23玉、14龍までの詰みです。
 もう一度10手目23玉と寄った局面を見ると、初形から10手かけて16角を消したことになっています。
 前の角を残して後ろの角を消すという不思議な手順が成立しているのです。

【作意】14角、13玉、36角、23玉、34角、同龍、14角、13玉、25角、23玉、
    35桂、同龍、13香成、同玉、17龍、23玉、14龍まで17手詰


上田吉一作(近代将棋1983年3月、塚田賞、『極光21』第37番)
上田吉一

 最後の作品は上田さんの趣向的パズル(パズル的趣向作?)。
 26馬、28玉、37馬とすれば、17玉と戻れない。28金、同金、26馬がある。
 39玉とされたとき48馬が好手。
 同玉なら、59金、38玉、49金と角を取ると、同玉には27角以下、28玉と逃げても23飛、19玉、29飛成以下で詰みます。
 そこで28玉と逃げますが、37馬としては元に戻ってしまうので、39金と捨てて穴埋めしておくのが好着。

<7手目 39金>
上田39金

 これは同金と取る一手。
 そこから37馬、17玉、26馬、28玉と進めます。
 ここで58龍と捨て馬の利きをずらすのが妙手です。

<13手目 58龍>
上田58龍

 同角成なら、37馬、17玉、27飛までです。
 龍は取れないので38合の一手です。
 銀合は27飛、19玉、37馬。金合は37馬、17玉、27飛です。
 受けに窮したようですが、38角成という移動合の妙防がありました。
 これなら37にも27にも受けが利くというわけです。
 しかしそれでも37馬とします。
 17に逃げる玉に、27飛、同馬、28龍と大駒の連続捨てが気持ちの良い決め手。
 同馬ととらせて26馬までの詰みです。

 先手の馬が48→26→37→48→37→26→37→26と7回も動きます。
 同じことを繰り返しているようですが、39金や58龍が局面を打開する好手で、玉方も移動合で凌ぎますが手筋連発の大駒捨てで締めくくります。

 「10手台」の作品募集に21手詰を取り上げるのは気が引けたのですが、是非ともこのパズルのような手順を味わい、馬の動きを楽しんでいただきたいと思い紹介させていただきました。


【作意】26馬、28玉、37馬、39玉、48馬、28玉、39金、同金、37馬、17玉、
   26馬、28玉、58龍38角成37馬、17玉、27飛、同馬、28龍、同馬、
   26馬まで21手詰


 例題紹介も次回が最後です。楽しい作品を取り上げたいと思います。
 皆さんの投稿をお待ちしています。

****************************************************************
★次回例会
[日時] 2017年2月19(日)13時~
[場所] 関西将棋会館 4F多目的ルーム
[課題] ネット作品展教材に使える10手台
  ・ タイトル必須 … (  )向け(  )の教材  ← この形式にはこだわりません!
            初心者向けあぶり出しの教材
                実戦派向けミニ趣向の教材
  ・ 指導要領(自作解説)【必須】 … 何か一言書いていただければ結構です
  ・ 条件『教え易い、分かり易い、覚え易い』
  ・ 投稿先 → blogsokikaitusin@gmail.com
    (いつもの宛先ではありません)
*******************************************************************
★4月以降も偶数月に例会を開催します。
 偶数月の第三日曜日開催。
 4月は16日です。
 毎回、何か課題作を持ち寄って楽しく過ごせるようにしたいと考えています。
*******************************************************************
※当ブログのコメントは管理者承認制になっていますが、下記アドレスに直接ご意見をいただければ、必要に応じて、返信させていただくとともに、内容をブログに反映するようにいたします。
    blogsokikaitusin@gmail.com
                   以上

【結果発表】創棋会の年賀詰人気投票<最終回>

【結果発表】創棋会の年賀詰人気投票<最終回>

 創棋会の年賀詰ネット作品展への人気投票結果発表最終回です。
 (そういえばおもちゃ箱の年賀詰人気投票も本日2/10が締切のようですね)
   → http://www.ne.jp/asahi/tetsu/toybox/kinen/kinen023.htm

 最終回は「KAI」の3作品です。

№26 「K」 北浜健介作
26)「K」13手

【作意】
31銀不成、21玉、22銀成、同玉、31角、21玉、32桂成、同金、33桂、同金、
22歩、32玉、42とまで13手

【人気投票】
 1位:3票、2位:2票、3位:0票
 総得点 13点、投票総数 5票 (得点は1位:3点、2位:2点、3位:1点で集計)

★26局目「K」は北浜さん。厚かましく出品をお願いしたところ「13手詰でもいいでしょうか?」と投稿いただいたのが本作。
どこから攻めるか?
 13に上がられても詰む形を考えると31銀生が当然の一手なのですが、21玉で打歩詰。
 そこで32桂成が筋なのですが同玉とされて続きません。
 露骨に32角と打ち込むのも同金と応じられ、同桂成と清算してしまっては33玉からの脱出が防げません。さりとて22歩、同金、同銀、同玉、32金では13玉で切れてしまいます。
 ここでうまい手段があります。22銀成から31角と打ち換えるのです。
 21玉で相変わらず打歩詰となりますが、ここで32桂成とすると、今度は同玉に42角成として22玉に31馬までで詰んでしまいます。 この変化を用意するための打ち換えだったのです。
 そこで32桂成には同金と応じますが、33桂捨てで同金とさせれば、22歩と打つことができ、32玉に42とまでの詰みとなります。
 打歩詰打開と打ち換えが盛り込まれた好作で、人気投票は2位と好評でした。

須藤大輔
 銀をすぐに捨てるとは思わず苦戦。手数が残念。

★打ち換えの意味がすぐにはわからないようになっているのが良い?

安田恒雄
 唯一の13手詰ですが、歩詰回避でスラスラ気持ち良く解けました。

★一作だけ手数オーバーで評価上割を食うのではと心配したのですが杞憂に終わりました。

名無し名人
 二種類の邪魔駒消去がうまく入っている。作者予想=久保紀貴氏。

★名無し名人さんの投票は、1位 26番、2位 12番、3位 24番で、すべてベスト3入りはお見事。


№27 「A」 梶下雄貴作
27)「A」

【作意】
 31香成、22玉、32歩成、23玉、24飛、同龍、14角、同龍、33と まで9手

【人気投票】
 投票 なし

★27局目「A」は梶下さん。梶下さんは例会参加や作品展登場が創棋会にご縁が出来たので詰備会の席で投稿をお願いしました。
 どうやったら詰むのかという初形ですが、14飛と15銀のいる危険地帯に玉を呼びたいところ。また35香にも力を発揮してほしい形です。そしてできるだけ34龍や12馬の守備力が働かないように攻めましょう。
 初手は31香成がほぼ絶対。桂馬を成ってしまうと11玉で手も足も出ません。
 22玉には32歩成とします。当然の一手に見えますが、32成香だと最後に詰まなくなります。
 23玉となったところで、24飛と捨てます。
 同龍と取らせて、14角と連続の捨て駒が決め手です。
 実は14の飛車は邪魔駒だったわけです。
 14同龍となったところで33とまでの詰みです。
 24飛、14角と連続の大駒捨てが気持ちの良い一局でした。

須藤大輔
 序がもったいない。

★23玉となってからは、連続大駒捨てで爽快なのですが。

安田恒雄
 35香を活かすにはこの手順でしょう。

★もう少し紛れがあるとよかったかもしれませんね。


№28 「I」 中村雅哉作
28)「I」中村

【作意】
 12角、同玉、13歩、23玉、41角、同飛、33香成まで7手

【人気投票】
 投票 なし

★最終28局目「I」は中村雅哉さん。
 中村さんからは連作の中で2文字あるものについて、作品が揃わないときのためにと複数の投稿を頂戴しており助かりました。
 本作、角をどちらから打つか、という問題です。
 カッコよく41角から入ると12玉とされて打歩詰。
 正解は12角です。同歩や同銀なら、そこで41角が手順というもの。同飛なら33香成まで歩が余って詰みます。
 作意は12同玉と取り、13歩から23玉に、41角が決め手。
 同飛と取らせて33香成までです。
 12角も41角もよくある手なのですが、手順前後のアヤがあって上手くできていると思います。

須藤大輔
 気の利いた序。

★手順前後は打歩詰。12角もやりたい手なのでうまい入り方です。

安田恒雄
 うっかり41角から入って思考停止しましたが、12角後はスラスラです。

★41角の決め手が最後に出てくるのが気持ちの良いところでした。


【 総 評 】
有吉弘敏
 初形曲詰で且つ短手数というのは、非常に難しい条件だと思います。しかしながら、全題捨駒中心で仕上げられていて、流石だと感じました。

小池正浩
 条件はなかなか厳しいものだったと思うのですが、作品を締める手を入れるところに力を感じました。

★きびしい条件下で創作いただいた作家の皆さんにはあらためて感謝申し上げます。
 ご苦労をおかけしてしまいましたが、好作ぞろいで、ブログをご覧いただいた皆さんには楽しんでいただけたのではないかと思います。

金少桂
 初形曲詰という条件下でこんなに実戦型が作れるのか!というのが一番の感嘆。

★桂香図式が3作。21桂や11香配置が4作。右上5×5という条件だったので、配置を考えていると、自然とそうなったというものもあったかもしれません。

安田恒雄
 少し数が多かったのですが、お陰様で楽しく年賀詰を解かせていただきました。
 他の方の作品をコメントすることに不慣れで、的外れな表現もあるかもしれませんが、勉強と思って一応全作品に短い感想をつけてみました。

★全題に短評をいただいたのは須藤さんと安田さんのお二人でした。
 的確なコメントをいただき大変ありがとうございました。

河童生
 独断と偏見での投票です。
 先ずは初形を4段階で採点、続いて詰手順も4段階で評価。
 初形+詰手順=評価点、8点満点作が28題中で6題もありました。
 選べるのは3題、独断と偏見、河童好みの投票です。
 河童が選んだ作品への皆さんの支持率は?
 せめてアメリカの大統領の支持率くらいは、あると良いな、です。

★河童生さんの投票は、1位=12番 R、2位=26番 K、3位=21番 Sでした。
 12と26がベスト3入りですから、某国大統領の支持率を上回ったものと思います。

山下誠
 やっと全作を解き終えました。この壮大な企画を実現された創棋会のエネルギーに拍手です。今年も作品展を楽しみにしております。

★詰パラ誌上の作品展に加えてネット作品展も開催していきたいと考えています。
 2~3月には「教材に使える10手台」を開催予定です。開催の折には解答をお待ちしています。

【最後に】
 創棋会では昨年ブログ「創棋会通信+α」においてネット作品展「すらすら解ける20手台」を開催し好評でした。
 そこで新年には創棋会の会員による年賀詰をブログに発表しようということになりました。
 易しい作品を揃えてお屠蘇気分で楽しんでいただきたいという主旨で、創作条件は「あぶり出しではなく初形曲詰」「手数は9手以内」「配置は右上辺5×5」としました。
 当初案は24文字だったのが最終的には
  「HAPPY NEWYEAR  2017 FROM SOUKIKAI」
 の28文字となり、看寿賞作家、同人作家、プロ棋士、ベテランから新人まで24人の豪華メンバーによる連作組曲となりました。
 人気投票も多くの方から頂戴し、皆さんのコメントを拝見しながら結果稿を作成するのも楽しい作業でした。
 この企画にご協力いただいた作家の皆様、人気投票に参加いただいた皆様、ブログ読者の皆様、大変ありがとうございました。

 これからも創棋会への応援をよろしくお願いします。

****************************************************************
★次回例会
[日時] 2017年2月19(日)13時~
[場所] 関西将棋会館 4F多目的ルーム
[課題] ネット作品展 「教材に使える10手台」
 ・ タイトル必須 …(  )向け(  )の教材  ← この形式にはこだわりません
           初心者向けあぶり出しの教材
              実戦派向けミニ趣向の教材
 ・ 指導要領(自作解説)【必須 …簡単なもので結構です
 ・ 条件『教え易い、分かり易い、覚え易い』
 ・ 投稿先 → blogsokikaitusin@gmail.com
    (いつもの宛先ではありません)
*******************************************************************
★4月以降も偶数月に例会を開催します。
 偶数月の第三日曜日開催。
 4月は16日です。
 毎回、何か課題作を持ち寄って楽しく過ごせるようにしたいと考えています。
*******************************************************************
※当ブログのコメントは管理者承認制になっていますが、下記アドレスに直接ご意見をいただければ、必要に応じて、返信させていただくとともに、内容をブログに反映するようにいたします。
      blogsokikaitusin@gmail.com
                                   以上

【結果発表】創棋会の年賀詰人気投票<6回目>

【結果発表】創棋会の年賀詰人気投票<6回目>

 創棋会の年賀詰ネット作品展への人気投票結果発表6回目です。
 今回は「SOUKI」の5作品です。

№21 「S」 廣瀬崇貴作
21)「s」

【作意】
 41桂成、同玉、33桂生、42玉、43歩、33玉、25桂まで7手

【人気投票】
 1位:1票、2位:1票、3位:1票
 総得点 6点、投票総数 3票 (得点は1位:3点、2位:2点、3位:1点で集計)

★21局目「S」は廣瀬さんの作品。
 いきなり打歩詰の局面でスタート。
 34桂、同銀、43歩とすれば、同銀と取れるので打歩詰は打開できます。
 しかしそこから同角成としても同玉でちょっと詰みそうにありません。
 ここは打歩詰打開のセオリーの一つ、攻め方の勢力を弱めることにしましょう。
 手始めは41桂成と捨てます。
 同玉と取らせて、25の桂を33桂に跳ねます。
 42玉となった局面をよく見ると、初形から25桂が消えました。
 33桂には紐がついていないので43歩と打てます。
 33玉には25桂と打って詰みです。
 ちょっと不思議な感じの打歩詰打開作品でした。
 桂馬の動きもユーモラスで総得点6点と好評でした。

須藤大輔
 辛い初形だが、桂がぴょんぴょん楽しい手順。

★管理人から依頼したサンプルのシルエットがこの形でした。曲線の表現が難しいですね。
 手順は楽しんでいただけたと思います。

安田恒雄
 桂成、桂生行、桂打ちと桂の活躍が楽しいです。

★桂馬の特徴が良く出た手順と思います。

野曽原直之
 33と25のマスに注目してみると桂馬が消えたり現れたりしているように見えておもしろい。

★4手目は初形から25桂が消えただけ。この局面も「S」になっていますね。


№22 「O」 須藤大輔作
22)「O」

【作意】
 22歩、同玉、33龍、同玉、43馬、22玉、23歩、同玉、33金まで9手

【人気投票】
 投票 なし

★22局目「O」は須藤さん。同人入りも秒読み段階です。

作者のことば
 短編で持駒に歩2枚は弱点ですね。

★初手は22歩と叩きたいところです。
 歩の使い道は決まっているようなものですが、変化があってそう単純ではありません。
 同銀なら32龍とすりこむのがうまい手で、同玉に43馬があります。
 そこで22歩には単に同玉とします。
 22同玉には23歩の追撃が利きそうに見えますが、11玉とされると22金から清算するしかなく、それでは続きません。
 ここは33龍と一つ寄って捨てるのが味のある好手です。
 21玉と落ちると11金から31龍があるので同玉と応じるしかありません。
 これで43馬と25の馬が活用できました。
 22玉とかわす手には23歩がとどめの一手です。どう応じても金打ちまで。

安田恒雄
 33龍の一手!

★やはり大駒捨てがあると気持ちがいいですね。


№23 「U」 鳥本敦史作
23)「U」

【作意】
 21香成、同馬、23桂まで3手

【人気投票】
 投票 なし

★23局目「U」は鳥本さん。大道棋教室復活で活躍中。
 創棋会の例会では新作大道棋を披露されるのですが、管理人はよく考えずに見えた手を指すので奉納の連発。大道棋教室のネタを供給しています。
 本作も双玉で逆王手の味があります。
 22香成、同馬、同金までと思ったら、31香で33の王様を取られてしまいます。
 32の金が31の香にピン(釘付け)されていることに注意。
 もちろん12歩成と馬を取る手は同玉からどんどん上部に脱出されます。
 となると残るは21香成しかありません。
 同馬に23桂と打てば、何と詰んでいるではありませんか!
 №7「E」に続いての3手詰でした。
 狙ったわけではないのでしょうが「U」から「C」への立体曲詰というおまけ付き。

須藤大輔
 一応、2回解いて罠がないか確認。

★28作中、3手詰は二題しかありませんでしたので、これでいいのか疑心暗鬼の方もおられたと思います。

安田恒雄
 実戦では思わず22香成としそうですが・・易しくて面白いです。

★28作中もっともコンパクトな3×3に収まりました。


№24 「K」 中村雅哉作
24)「K」

【作意】
 34銀、同銀、25桂、同龍、21と、23玉、32角、同玉、22角成まで9手

【人気投票】
 1位:4票、2位:1票、3位:2票
 総得点 16点、投票総数 7票 (得点は1位:3点、2位:2点、3位:1点で集計)

★24局目「K」は中村雅哉さん。人気投票で見事首位になりました。
 11角と22と。バッテリーのある形です。
 と金を動かす開王手が見えますが、21とでは11龍と大事な角を抜かれてしまいます。
 それなら12とはというと、23玉から14玉と上部脱出。
 どうやら開王手は決め手にしておいた方がよさそうです。
 そうなると有力なのは25桂ですが、同龍とされて、依然として上部脱出を阻止できません。
 上部脱出を防ぐにはどうすれば良いのか?
 たとえば、21と、23玉に32角と打てれば14からの脱出は阻止できます。
 しかし21とには11龍もあるし、32角は同銀と取られてしまいます。
 32角の筋を成立させる巧い攻め筋があります。
 まず初手34銀と捨て同銀とさせて32の守りを無くします。
 そこで25桂と捨てるのが継続の好手。
 わざわざ銀の利きが生まれてから捨てるのは不思議ですが、同銀なら、12と、23玉、22角成、14玉、23角まで。25が塞がったので脱出できません。
 仕方なく同龍としますが、今度は21と とします。
 23玉には32角の決め手が出て、同玉に22角成までの詰み。
 攻防の綾があり中身の濃い作品でした。

安田恒雄
 連続の駒捨てですが、14への脱げ道さえ気に留めておけば簡単です。

★25まで逃げられるとダメ。その前準備が34銀でした。

野曽原直之
 捨駒で銀と龍の利きを逸らす。

★狙いの開き王手の前にうまい序奏が入りました。

名無し名人
 25の利きを増やしてから桂を捨てる感触が良い。作者予想=浦野真彦氏。

★34銀から25桂が味の良い手順。ここで評価が上がりました。

奥鳥羽生
 本手順と変化との、と金の動きの対比が妙。
 それと、初手から3手目の、「わざわざ利かしてから」も味あり。

金少桂
 玉方の応手によってと金を開く方向が変わるのが面白い

★作意と変化でと金の動きが変わることで、作品に深みが出ました。

須藤大輔
 変化も含めて上手い手順。開き王手のと金の行き先が限定されていて、首位独走?

★適度な紛れにうまい変化。ちょっぴり難しいが煩雑ではありません。
 手順は開き王手の綾があって、前後が捨駒で構成され、解けば解後感も良いという、一桁モノの条件作とすれば理想的な作品だと思います。

山下 誠
 味の良い捨駒、手順のバランス、形の美しさなど理想的な短篇構成です。

★多くの方から好評でした。


№25 「 I 」 久保紀貴作
25)「I」久保

【作意】
 32飛成、同玉、44桂、21玉、33桂、12玉、13馬、同銀、21飛成まで9手

【人気投票】
 1位:0票、2位:2票、3位:1票
 総得点 5点、投票総数 3票 (得点は1位:3点、2位:2点、3位:1点で集計)

★25局目「I」は久保さん。詰パラの大学担当として活躍中。
 持駒が桂2枚なので、どこかで22飛成と金気を補充したくなるところ。
 しかしいきなり22飛成も、13桂、12玉に22飛成も同銀とされ、11銀や14角の守備が強く、うまくいきません。
 筋悪ですが33桂とやってみると、12玉なら13馬、同銀、21飛成があるのですが、32玉と飛車の陰に逃げられると、44桂と打っても43玉と上部脱出を図られてしまいますし、41桂成なら平凡に同玉で、いずれも続きません。
 ここまでの読みで、あまり34飛が働いていないと感じたのではないでしょうか?
 そうです初手はいきなり32飛成と捨てるのが好手。
 同玉とされると意味がないようですが、44桂と打つと41玉には53桂まで。気の利いた変化ですね。
 21玉と戻れば今度は33桂が打てるというわけです。
 以下、12玉に13馬ともう一枚大駒を捨てて21飛成まで。

須藤大輔
 ちょっと不意を突かれた打ち換え。

★強力な飛車を桂に打ち換えるのは、41玉に53桂の変化も一目ではないので、意外性があります。

中出慶一
 本作は、33桂打から始めて苦労しました。いきなり飛捨てから始めるのは秀逸で、2二銀を取る順に余詰がないのも不思議です。

★34飛は逃げ道を塞いで貴重な攻め駒に見えるだけにいきなり捨てるのは盲点?

安田恒雄
 13桂と打ちたくなる気持ちを最後まで抑えられれば大丈夫です。

★13桂とすると攻めあぐねます。

中村雅哉
 易しいが技巧的

★飛桂の打ち換えに気づくかどうかが難易度の分かれ目でしょうね。

金少桂
 ラインの遮断を防ぐための飛→桂の打ち換え、収束で大駒もう一枚捨ててスッキリ。

★大駒捨てで始まり大駒捨てで締めくくり解後感も上々でした。


 次回は最終回。皆さんからいただいた総評も紹介させていただきます。

****************************************************************
★次回例会
[日時] 2017年2月19(日)13時~
[場所] 関西将棋会館 4F多目的ルーム
[課題] ネット作品展 「教材に使える10手台
 ・ タイトル必須 …(  )向け(  )の教材
          例初心者向けあぶり出しの教材
             実戦派向けミニ趣向の教材
 ・ 指導要領(自作解説)【必須 …簡単なもので結構です
 ・ 条件『教え易い、分かり易い、覚え易い』
 ・ 投稿先 → blogsokikaitusin@gmail.com
     (いつもの宛先ではありません)
*******************************************************************
★4月以降も偶数月に例会を開催します。
 偶数月の第三日曜日開催。
 4月は16日です。
 毎回、何か課題作を持ち寄って楽しく過ごせるようにしたいと考えています。
*******************************************************************
※当ブログのコメントは管理者承認制になっていますが、下記アドレスに直接ご意見をいただければ、必要に応じて、返信させていただくとともに、内容をブログに反映するようにいたします。
     blogsokikaitusin@gmail.com
                              以上

【結果発表】創棋会の年賀詰人気投票<5回目>

【結果発表】創棋会の年賀詰人気投票<5回目>

 創棋会の年賀詰ネット作品展への人気投票結果発表5回目です。
 今回は「FROM」の4作品です。
 裏話をすると当初「FROM」の4文字はありませんでした。
 作品の揃い具合から急きょこの4文字を創作することになったもの。

№17 「F」 則内誠一郎作
17)「F」

【作意】
 12銀、同玉、13歩、23玉、22角成、同龍、24金打まで7手

【人気投票】
 1位:0票、2位:1票、3位:3票
 総得点 5点、投票総数 4票 (得点は1位:3点、2位:2点、3位:1点で集計)

★17局目「F」は則内さん。
 「FROM」を追加しようということが決まると同時に提供いただいたのが本作でした。
 端正な実戦形です。

奥鳥羽生
 14を埋めるのではなく12を埋める、のがちょっと意表。

★14に逃路のある形なので、初手は14銀としてみたい形。
 同香なら24歩できれいに詰むものの、同玉とされると駒不足です。
 初手24歩もありそうですが、平凡に同龍とされてダメです。
 22角成も良さそうな手に見えますが、同龍、24銀、12玉で息切れ。
 正解は12銀。
 同香なら今度こそ22角成が飛んできます。
 同玉と取るしかないのですが、そこで13歩が利きます。
 同桂なら22金があるので23玉としますが、12玉とバックできないので決め手の22角成。
 同龍と取らせて24金までの詰み。

中出慶一
 初手の銀捨てが逃げ場所防ぎに利いている。

★14ではなく12を塞ぐのが近道でした。

安田恒雄
 実戦形ですが、初手一発の感じです。

★初手は結構紛れがあるのですが、そこを過ぎると一直線だったかもしれません。

須藤大輔
 一歩千金。締まった手順。

★持駒に歩があると普通は考えやすいのですが、紛れもあってそう単純ではなく、好評でした。


№18 「R」 吉松智明作
18)「R」

【作意】
 22飛成、同玉、34桂、31玉、32香、同銀、53角成、同桂、42香成まで9手

【人気投票】
 投票 なし

★18局目「R」は吉松さん。
 初形はなんとも重苦しい配置。
 山田さんから好作が届いたのでお蔵入りしていた予備作に出番が回ってきたとのこと。
 42からの脱出を防ぎたいところですが、いきなり32飛成、同銀、53角成では同桂で続きません。
 いったん22飛成と捨て同玉に34桂が44角を活かす攻め。
 同銀には12香成、31玉に、53角成から32香まで駒余りの詰み。
 やむなく31玉と逃げますが、これで42から逃げられなくなりました。
 あわてて53角成は同桂、32香に41玉とされますので、先に32香と打ちます。
 同銀と取らせてから決め手の53角成です。
 今度は同桂に42香成までの詰みとなります。
 なお55とは、7手目、22桂成以下の余詰消し。

須藤大輔
 大仰な形に気を取られた。

★今回の28作中、最高の肥満形ですね。

安田恒雄
 45香を活かしたいという第一感で一気に解けました。

★42飛を捨て、43銀を動かし、53角を捌けば、45香の利きが通りました。


№19 「O」 柴田昭彦作
19)「O」2

【作意】
 24角、23玉、15桂、同歩、13角成、同玉、14歩、23玉、24香まで9手

【人気投票】
 投票 なし

★19局目「O」は柴田さん。入選400回を超える大ベテラン。
 二段目は龍、上部には銀がにらみを利かせていますから容易に詰みそうですが、持駒に金気が無いので工夫が必要です。
 初手は24角しか無さそうですが、23玉で手が止まります。
 33角成が筋っぽく見えますが、同銀でも同桂でも続きません。
 ここは15桂と打って同歩と取らせ14地点をこじ開けるのが正解。
 そこで13に角を成捨てれば、同香や同桂は24香まで。
 同玉と取るしかありませんが、15桂捨ての効果で今度は14歩と打てます。
 23玉に24香までの詰みです。

須藤大輔
 3手目、すぐに角を捨てたくなる。

★24角がいなければ24に歩や香が打てますからね。

安田恒雄
 駒の動きが少ないのが気になります。

★玉の行動範囲が狭いので致し方ない展開かと…。


№20 「M」 中筋俊裕作
20)「M」

【作意】
 23金、同香、22銀、同玉、11角、同玉、12金まで7手

【人気投票】
 投票 なし

★20局目「M」は中筋さん。
 本作は例会会場で創作されたものです。
 素材が出来、アドバイスが入り、検討も行われ、短時間で完成したのには驚きました。
 主役は中筋さんですが、脇を固めるメンバーも豊富で、創棋会の面目躍如!

 24銀が手筋のようですが、同飛と取られてアウト。
 23金と捨て同香と取らせて、空間のできた22に銀を捨てます。
 22同玉に11角が決め手です。どう応じても金打の詰みです。

須藤大輔
 Mにしては耳が長い?

★マクドナルドの「M」を連想したのですが…。

安田恒雄
 19番と同様に駒の動きが少なく、ここしかないというところが残念です。

★連続打ち捨てですが、単打が続くので、インパクトが弱かったかもしれません。


****************************************************************
★次回例会
[日時] 2017年2月19(日)13時~
[場所] 関西将棋会館 4F多目的ルーム
[課題] ネット作品展 「教材に使える10手台
  ・ タイトル必須 …(  )向け(  )の教材
             初心者向けあぶり出しの教材
               実戦派向けミニ趣向の教材
  ・ 指導要領(自作解説)【必須…簡単なもので結構です
  ・ 条件『教え易い、分かり易い、覚え易い』
  ・ 投稿先 → blogsokikaitusin@gmail.com
     (いつもの宛先ではありません)
*******************************************************************
★4月以降も偶数月に例会を開催します。
 偶数月の第三日曜日開催。
 毎回、何か課題作を持ち寄って楽しく過ごせるようにしたいと考えています。
*******************************************************************
※当ブログのコメントは管理者承認制になっていますが、下記アドレスに直接ご意見をいただければ、必要に応じて、返信させていただくとともに、内容をブログに反映するようにいたします。
      blogsokikaitusin@gmail.com
                                   以上

創棋会の次回課題はネット作品展「教材に使える10手台」

創棋会の次回課題はネット作品展です!
教材に使える10手台」、皆さんの投稿をお待ちしています。


・年賀詰の結果は今回もお休みさせていただきます。

■創棋会の次回課題
創棋会の次回課題は「ネット作品展教材に使える10手台」です。
  ・ タイトル必須 …(  )向け(  )の教材
           初心者向けあぶり出しの教材
              実戦派向けミニ趣向の教材
  ・ 指導要領(自作解説)【必須 …簡単なもので結構です
  ・ 条件『教え易い、分かり易い、覚え易い』
  ・ 投稿先 → blogsokikaitusin@gmail.com
    (いつもの宛先ではありません)
  ・ 投稿締切 2月19日(日)
  ・ 発表 2月20日以降、当ブログで一斉出題し、解答募集の予定

 このブログをご覧になっている方の多くは「マニア」の域に達しているのではないかと思いますが、皆さんが詰将棋と出会い、熱中することになった経緯、どういうものだったのでしょうか?
 私自身は詰パラを紹介してくれた棋友との出会いがスタート。
 それ以前は将棋世界くらいしか読んだことがなく、詰将棋の本もプロのものしか手にしたことはありませんでした。
 初めて手にした詰パラを読んで驚きの連続。特に当時は「大道棋秘手500番」が連載中で合駒の妙技に感動したものです。
 おそらく棋友との出会いが無ければ詰パラを購読することもなく、ただの指し将棋の好きな学生で終わっていたと思います。

 さて「教材に使える10手台」では、タイトル必須とさせていただきました。
 例として「初心者向けあぶり出しの教材」や「実戦派向けミニ趣向の教材」などをあげています。
 詰将棋との出会いはさまざま、病みつきになったきっかけも一様ではないと思います。
  ・超短編を解くのがやっとの初心者に、10手台の長いものに挑戦してもらう。
  ・終盤の腕を磨きたいという指し将棋派に、実戦では現れないような詰手筋を知ってもらう、
  ・難しいものを解くのが醍醐味という方に、趣向作の楽しさを知ってもらう。
  ・捨駒がなければ詰将棋ではないという人に、パズルの面白さを味わってもらう。
 というように詰将棋との出会いの場面を考えてタイトルをつけていただければと思います。

 それでは今回も過去の作品から「教材に使える10手台」の例題を紹介していきたいと思います。
 今回は「意外性」という切り口で3作紹介させていただきます。
 タイトルをつけるなら、「中級者向けに不利感や意外性を味わってもらう教材」というところでしょうか。


小西稔作(将棋世界1953年6月、『古今短編詰将棋名作選』第48番)
小西稔

 端正な実戦型です。
 一目23飛、14玉、21飛成のような開き王手の筋が見えますが、単純な攻めでは32金と角を取られてしまいます。
 15飛も23金を見て有力そうですが、22玉とされると31玉からの脱出が防げません。
 12飛と捨て、同香とさせてから15飛が手筋でうまそうですが、これも22玉、12飛成に同玉とはしてくれず、33から逃走されます。
 初手は軽く25桂と捨てるのが好手。22玉には33金から21飛です。また同歩なら25から上部脱出できなくなったので23飛から簡単です。
 同馬が最善ですが、続く33飛が先まで読んだ好手。これは同桂と取る一手。
 そこで23金から12金とソッポに動いて開き王手するのが絶妙手。
 金は縦横に動いてこそ力を発揮する駒です。それが斜めに動くのですから常識の逆をいくような手です。

<7手目 12金>
小西12金

 12金の意図は32金と角を取れば13飛までの一手詰を狙ったもの。
 15玉と上がって馬の守備力で逃れようとしますが、14角成が決め手です。
 同玉なら13飛まで。同馬には16から飛を打ち25玉に26金までの詰みとなります。
 12金のソッポ行きを中心に、その前後を洗練された捨駒で構成した好作です。
 この作品が発表されたのは昭和20年代です。12金のソッポ行きは今でこそ珍しい手筋ではありませんが、発表当時は新鮮なショックを与えたことと思います。

【作意】25桂、同馬、33飛、同桂、23金、14玉、12金、15玉、14角成、同馬、
    16飛、25玉、26金まで13手詰

 「四百人一局集」によれば、小西稔氏は1933年(昭和8年)生まれ、1954年(昭和29年)に21歳の若さで逝去されている。活躍期間は短かったが、発表作は約90局で本作は代表作の一つ。


柏川悦夫作(まりも集1951年11月、『駒と人生』第29番、『古今中編詰将棋名作選Ⅰ』補遺第3番)
柏川悦夫29

 本作も実戦に現れそうな初形。
 初手33金とすればどうやっても詰みそうに見えます。
 しかし13玉、22飛成、24玉、23龍、35玉とどんどん上部に脱出されてしまい、捕まりません。
 しかしそれ以外の手では、22金には13玉、21金は同玉、31金なら22合でも13玉でもダメ、という具合にどうやっても詰みません。
 全く手が無さそうな局面ですが、素晴らしい妙手があるのです。
 41金とするのです。

<初手 41金>
柏川41金

 33金でも詰まないのに玉から遠ざかるような41金で本当に詰むのかと思ってしまいます。とても不利感のある手です。
 22合とすればどうなるのでしょうか?
 これには同飛成と切って捨てる手がありました。41金の効果で、同玉に31角成と出来、12玉に13香までです。
 この変化が分かれば、2手目13玉に22飛成の好手もすぐ見えると思います。
 しかし24玉とされて手が止まります。
 持駒は香一枚、果たして上部脱出が防げるのか?
 ここで33龍と桂を取るのが俗手の妙手です。
 15玉には35龍、16玉、25龍、17玉、19香、18合、44角成までピッタリ詰んでいます。
 初手33金とすると、この金が邪魔で龍を引けなかったわけです。
 33同玉には42角成とします。この手が利くのも41金の効果です。
 ここで34玉には36香、35合、26桂で詰むのも気持ちの良い変化です。
 22玉には34桂と打ち、12玉に13香から25桂と跳ねます。
 12玉には34の桂を22に成捨て31馬と入ります。12玉に13桂成まで。

 41金の妙手でスタートし、22飛成から33龍と大駒を捨て、後半は34桂から22桂成の捌き、また37の桂が25から13へ二段活用されるなど、素晴らしい作品でした。

【作意】41金、13玉、22飛成、24玉、33龍、同玉、42角成、22玉、34桂、12玉、
    13香、同玉、25桂、12玉、22桂成、同玉、31馬、12玉、13桂成まで19手詰

 はじめて本作を見たときのインパクトが非常に大きかったのを覚えています。
 詰将棋を始めて2~3年くらい、棋友から借りた『駒と人生』。
 当時の棋力はパラの高校を半分くらい解けるかどうかというレベルでしたから、山田修司さんの名解説を読みながら、一手一手駒を動かして鑑賞したものです。


酒井克彦作(詰パラ1976年5月、看寿賞、『からくり箱』第39番)
酒井克彦

 右上4×5に収まって盤面も9枚。食欲をそそる初形ですが、あちこちに逃げ道があってどこから手をつけるか悩みます。
 33角が有力だが31玉でダメ。14や34から桂を打つ手もすぐ切れます。
 初手は33金と捨てるのが巧打。
 同玉なら34飛と打ち22玉に31角~13角成から24金を取って詰むので、取れません。
 12玉には45角の限定打が好手。23合なら同金から24桂があるので、34に中合します。
 34歩合なら同角、同金に13歩と打てます。桂合は13飛の好手があり、同玉、24金、同玉、34金から駒余りの詰み。
 そこで13玉とかわします。
 24金と取って簡単そうです。同玉、26飛に35玉なら53角、45玉、44金、55玉、67桂と追って詰みます。しかし26飛に33玉とされると34金、32玉、14角、31玉で詰みません。
 14飛や23飛では駒不足で切れてしまいます。
 ここで凄い手が出ます。
 14金と突っ込むのです。

<3手目 14金>
酒井14金

 拠点になっている25金を捨てる、手がかりを無くしてしまう不利感のある妙手です。
 同玉に36角、25合、12飛、13合、25桂という詰み筋が見えていないと指せない一手です。
 また取れる金を取らずにすべり込む味の良さも抜群です。
 作意は同玉と応じ、36角に13玉とかわします。
 今度は25桂と捨て、一転して12飛と裏側から攻めます。
 同玉に45角と活用して13玉に23角成まで。
 14金の絶妙手を中心に、初手33金の好手を配し、後半も25桂や12飛の軽手でまとめた好作です。
 14金が評価され見事看寿賞を受賞されました。

【作意】33金、13玉、14金、同玉、36角、13玉、25桂、同金、12飛、同玉、
   45角、13玉、23角成まで13手詰

 本作は毎月解答していた頃に出会いましたが、3手目は閃きの必要な一手でした。
 それでもこの作品が解けたのは数年前に解いた柏川さんの作品が記憶にあったからです。
 参考までに図を紹介しておきますので、腕試しにチャレンジしてみてください。
 解答は次回に発表します。

柏川悦夫作(詰パラ1971年3月)
柏川悦夫80

次回はパズル的な作品を紹介する予定です。


***【次回例会】***************************************************
[日時] 2017年2月19(日)13時~
[場所] 関西将棋会館 4F多目的ルーム
[課題] ネット作品展教材に使える10手台」です。
  ・ タイトル必須 …(  )向け(  )の教材
           初心者向けあぶり出しの教材
              実戦派向けミニ趣向の教材
  ・ 指導要領(自作解説)【必須 …簡単なもので結構です
  ・ 条件『教え易い、分かり易い、覚え易い』
  ・ 投稿先 → blogsokikaitusin@gmail.com
    (いつもの宛先ではありません)
*******************************************************************
★4月以降も偶数月に例会を開催します。偶数月の第三日曜日開催。
 4月例会は4月16日(日)です。
 毎回、何か課題作を持ち寄って楽しく過ごせるようにしたいと考えています。
*******************************************************************
※当ブログのコメントは管理者承認制になっていますが、下記アドレスに直接ご意見をいただければ、必要に応じて、返信させていただくとともに、内容をブログに反映するようにいたします。
     blogsokikaitusin@gmail.com
                      以上

詰パラ2月号到着&創棋会の次回課題

詰パラ2月号到着&創棋会の次回課題「ネット作品展教材に使える10手台」

・創棋会の年賀詰人気投票の結果発表、今回はお休みです。

■詰パラ2月号が到着
表紙。北岡さんは通巻192号以来の読者とのこと。
 今から45年前というと1972年です。
 連合赤軍によるあさま山荘事件があった年で、テレビ中継に見入っていたのを思い出しました。
 古い話で失礼しましたが、そのくらい長い間詰将棋を楽しんでこられたのだな、ということを言いたかったのです。
詰将棋学校(12P~)。
 中学校の選題のことばに納得。
 好き嫌いは誰にでもあります、また好みだからといっても評価ポイントは一様ではなく、どこがどのように良いのか価値観は多様です。
 個々の価値観は尊重されるべきというのが私の意見です。もちろんこのような考え方も他者に強要できるものではありませんが。
 そして最後にAIのことが出てきますが、高校はコンピューターにちなんだ話題でも創作に関することで、デパートの選題に関連する話。
 そして短大は同じデパートのことでもゲスト解説を取り上げています。
 つながっているようで、切り口がさまざまなところが面白いですね。
・ 全詰連の頁(20P~)。今年も解答選手権のシーズンがやってきました。
 生身の人間同士で腕試しをしたい方、是非とも申し込みを!藤井新四段に会えるかもしれませんよ!
・ 名局ライブラリー(28P~)。平成23年度(2011年)の出来事が詳述されています。
 まだ6年前のことなのに懐かしく思えるような出来事の数々…。
・ ちえのわ雑文集(30P~)。金少桂さんによる角香問題のちょっとした解説。
 今月は大道棋が目につきます。大道棋教室(18P~)と、おもちゃ箱だより(26P~)。
・ 将棋パズル雑談(39P~)。今回こそ解答しよう!(実は前回も思ったのですが…)
・ サロン(46P~)。記事が一つだけはさびしいですね。
・ 会合案合(47P~)。2月も各地で会合があります。
 創棋会は2月19日(日)です。今回の課題はブログでもお知らせのとおりネット作品展教材に使える10手台です。
 みなさんのご参加、投稿をお待ちしています!
・ 結果稿(54P~)。
 11月号の詰棋校の結果、期末に相応しい高得点が出ているように思います。
 藤井四段昇段記念1と2も華麗な内容でした。藤井さんはテレビにもよく取り上げられています。その活躍にはしばらく目が離せませんね。


■創棋会の次回課題
 創棋会の次回課題は「ネット作品展教材に使える10手台」です。
  ・ タイトル必須 …(  )向け(  )の教材
        初心者向けあぶり出しの教材
           実戦派向けミニ趣向の教材
  ・ 指導要領(自作解説)【必須 …簡単なもので結構です
  ・ 条件『教え易い、分かり易い、覚え易い』
  ・ 投稿先 → blogsokikaitusin@gmail.com
        (いつもの宛先ではありません)
  ・ 投稿締切 2月19日(日)
  ・ 発表 2月20日以降、当ブログで一斉出題し、解答募集の予定

 「教材に使える」という部分、フェアリーの世界でも展開されていますね。
 Web Fairy Paradise(WFP)1月号で「教材に使えるフェアリー作品展」の作品が募集されています。詳細は下記サイトを参照ください。
 フェアリー時々詰将棋 → http://fairypara.blog.fc2.com/
 創棋会の投稿もPRいただき感謝申し上げます。
 ただし創棋会には伝統ルールで投稿をお願いします。

 この企画を思いついたきっかけはいろいろありますが、詰将棋の楽しさ、面白さを伝えられるような作品がもっとあってよいというのは理由の一つです。
 指し将棋を強くなりたいので勉強のために詰将棋を始めるというのは多くの人のパターンだと思います。
 そして詰将棋の入門コースと言えば1・3・5手詰。
 初段になるにはこういうものをたくさん解くのが大切というのはその通りかと思います。
 しかし超短編だけでは詰将棋の面白さや奥の深さに触れることは出来ません。
 将棋の腕が上がれば詰将棋はそっちのけになってしまう恐れもありますし、強くなれなければ将棋から離れてしまう、必然的に詰将棋をやらなくなるということもあるでしょう。
 詰将棋に接したときに「こういう面白い世界があるんだ」という感動を与えられるような作品、そこまでいかなくてもちょっとした気づきの得られる作品、そういうものがあったらいいと思いませんか?
 作家の皆さんにはぜひ教材に使える作品を投稿いただきたいと思いますので、よろしくお願いします!

 今回はちょっと高級な手筋を簡潔に表現した作品を3作紹介させていただきます。
 タイトルをつけるなら、「初級者や中級者向けに詰将棋の奥の深さを味わってもらう教材」というところでしょうか。


若島正作(京都民報1989年10月、『盤上のファンタジア』第11番)
若島正第11番

 実戦形の好形作です。
 実戦なら42馬と金を取って35の角で53の龍を抜かれて顔が青くなるということがあるかもしれません。
 詰将棋では駒を取る手が好手になることはほとんどありません。
 本作でも取れる金を取らずに32馬と入るのが好手です。
 53角と龍を取れば、22銀、12玉、13歩、同桂、21銀まで桂が余って詰みます。
 33や43に合駒をしても同じようにして詰みます。
 何か巧い受けがあるのではないかと考えると、33桂と跳ねる手がありました。

<2手目33桂>
若島33桂
 こうしておけば22銀には12玉と逃げれば打歩詰で詰まないというわけです。
 22銀、12玉に21馬としても23玉で逃げられます。
 ここでスパッと33同龍と切って捨てるのが好手。
 同金に25桂捨てが継続の好手。
 同歩と取られて逃げ道が出来るようですが、22銀と打てば24玉には33馬が用意されています。
 今度も12玉で凌げるかと思ったら、13地点には35角が利いています。
 25桂と捨てたのは35角の利き筋を通すためだったのです。
 13歩、同角に21銀不成で詰みとなります。
 短手数ながら、実戦型から移動合の妙防が出て、思いがけず打歩詰の局面が現れ、捨駒の連続でこれを打開するという作品でした。

【作意】32馬、33桂、同龍、同金、25桂、同歩、22銀、12玉、13歩、同角、
    21銀不成まで11手詰


森長宏明作(詰パラ1990年3月、『詰物語』第 番、『詰パラ傑作選』第86番)
森長宏明

 本作も簡素な佇まいです。
 持駒に金気がないこともあって詰み形が見えません。
 たとえば14香、22玉、42龍などとすると32歩合で打歩詰になってしまいます。
 そこから13香成としても同玉、14歩、12玉で続きません。
 14香、22玉に23歩も33玉でうまくいきません。
 初手は43龍と引いて33の合駒を訊くのが正解。
 33合には14歩、22玉、23歩、12玉、32龍という手があります。この32龍を防ぐには33金合しかありません。
 ここで14歩とすると12玉とされ42龍に32角合が受けの好手で詰みません。
 32角合以外は13歩成から14香とされてしまいます。
 そこで攻め方は14香とします。22玉の一手です。
 そうしておいて42龍とすれば32合には23歩と打てるという読み筋です。
 ところが玉方には巧い受けがありました。
 32金と引く のです。これで23歩は打歩詰です。
 (そういえば前問の若島さんの33桂も移動合でしたね。)
 これで継続手段が無くなったかに見えますが、打開の好手筋があります。
 14香を13に成捨てる のです。

<7手目33桂>
森長13香成
                    ※杏=成香
 攻めの拠点の大事な香を捨てるのはどういう意味があるのでしょう?
 32金と引かれた局面をよく見ると14香がいなければ23歩と打てるのです。
 14香が強すぎるわけです。
 そこで13香成と捨てて同玉に14歩と弱い駒に変えます。
 13香成から14歩のように、盤上の駒を消して打ち直すのが打ち換え の手筋です。
 14歩と打てば、以下は22玉に23歩が打て、12玉に32龍と切って13金までの詰みとなります。
 打歩詰を巡る攻防に、移動合打ち換え の手筋が盛り込まれた好作です。

【作意】43龍、33金、14香、22玉、42龍、32金13香成、同玉、14歩、22玉、
    23歩、12玉、32龍、同飛、13金まで15手詰


上田吉一作(近代将棋1978年11月・塚田賞、『極光21』第60番)
上田吉一第60番

 両側に逃げ道のある形ですが、やはり42からの脱出を防ぎたいところ。
 平凡に33角と打ってみましょう。
 61玉には83角と打っても72歩の移動合で71玉から逃げる手を見せられて続きません。
 しかし83角のところで94角という妙手があります。以下72歩に73桂、71玉、81桂成、同玉に83香と打って詰みます。
 では33角に42歩と突かれるとどうでしょうか?そこで73角としても41玉で詰みません。
 先ほどの変化で学習しましたから、やはり遠くから打ってみましょう。
 24角とします。

<初手 24角>
上田24角

 今度42歩なら73角、41玉に33桂と打てます。先ほどは33に角がいたので打てませんでした。
 33桂に31玉と寄ったとき、24の角を13に成り、22合に32香で詰んでいます。
 13角成とするため、初手は24に打たないといけません。15では詰みません。
 この場所でないと詰まないというところに打つのが限定打です。
 61玉は先ほど調べたように94角で詰むので42に何か合駒をしないといけません。
 42合には73角から62角成があるので、横に利かす飛合が最善です。
 対して攻め方は予定通り73角とします。これも限定打です。
 なぜ限定なのか、少し追っていくとわかります。

<3手目73角>
上田73角

 合駒は利きませんから61玉と寄ります。
 このとき俗ですが62香と打ちます。
 72玉には82角成があります。このために73角は限定だったのです。
 やむなく51玉と戻ります。
 ここで43桂が軽い打診。玉方も同金と取る一手です。
 玉頭の守りを弱くしたので、61香成から52桂成と手筋の攻めを連発します。
 52桂成を同飛と取れば、51角右成と飛び込むのが決め手です。
 43桂~61香成~52桂成~51角右成の連続捨駒は本当に気持ちの良い手です。
 変化も含めて3種類の角の限定打を織り込んだ素晴らしい作品でした。

【作意】24角、42飛、73角、61玉、62香、51玉、43桂、同金、61香成、同玉、
    52桂成、同飛、51角右成、同飛、62桂成まで15手詰

 次回は「意外性」をテーマにした作品を紹介する予定です。


***【次回例会】***************************************************
[日時] 2017年2月19(日)13時~
[場所] 関西将棋会館 4F多目的ルーム
[課題] ネット作品展 「教材に使える10手台
  ・ タイトル必須…(  )向け(  )の教材
            初心者向けあぶり出しの教材
               実戦派向けミニ趣向の教材
  ・ 指導要領(自作解説)【必須 …簡単なもので結構です
  ・ 条件『教え易い、分かり易い、覚え易い』
  ・ 投稿先 → blogsokikaitusin@gmail.com
        (いつもの宛先ではありません)
*******************************************************************
★4月以降も偶数月に例会を開催します。偶数月の第三日曜日開催。
 4月例会は4月16日(日)です。
 毎回、何か課題作を持ち寄って楽しく過ごせるようにしたいと考えています。
*******************************************************************
※当ブログのコメントは管理者承認制になっていますが、下記アドレスに直接ご意見をいただければ、必要に応じて、返信させていただくとともに、内容をブログに反映するようにいたします。
    blogsokikaitusin@gmail.com
                                   以上