詰パラ6月号が到着

■詰パラ6月号が到着
・順位戦(11P)。詰棋校はお休みですが、錚々たるメンバーによる年に一度の競作です。
・同人室は意外と少な目の出題(16P)。編集室では柴田さんが檄を飛ばしています。
創棋会作品展(18P)。課題は「成生の態度保留や態度打診」。好作の応募多数で、厳選された4作品です。解けば納得の好作ばかりです。ぜひチャレンジしてください。1問だけでも結構ですので、解答をお願いします
・全国大会ご案内(20P)。今年は7月17日(日)倉敷開催です。待ち遠しいですね。
・門脇賞(37P)。第5回は金子清志さんに決定。詰工房300回、25年は素晴らしい貢献ですね。昨年の筒井さんや石黒さんもそうですが、一つのことを長く続けるのは簡単なことではありません。「継続は力なり」、頭の下がる思いです。
・七條賞(34P)。今年の満点は福村努さんただ一人。これで福村さんは11年連続満点、14年連続首位ですから、本当にすごいですね。全国大会に参加してもらいたい方の一人です。
・解答選手権初級一般戦レポート(38P):小池正浩さんのレポート。管理人も一度だけ選手出場経験があるのですが、この気持ちよくわかります。
・春霞賞(46P)。読者サロンでの発表。青木裕一作が大賞受賞。
・創棋会報告(48P)。6月の創棋会例会は19日(日)です。開催場所は大阪市立港区民センター(大阪市港区弁天2-1-5)です。関西将棋会館ではありませんのでご注意ください。今年の解答選手権チャンピオン戦大阪会場で使ったところです。地下鉄中央線またはJR環状線の「弁天町駅」から徒歩7分。多数のご参加をお待ちしています

■「風船図式」
創棋会の次回課題は「駒配置5×5内の風船図式」です。
「風船図式」とは「四周(1・9筋と一・九段目)に置き駒がないもの」です。
それを「5×5」というスペースで創っていただきたいというのが今回の課題です。
詰パラの出題・結果稿から「風船図式」に該当する作品を探すと、4月号が該当なし、5月号が1題でしたが、6月号では江口伸治作(飛角図式作品展③)、角建逸作(解答選手権初級③)、熊谷春海作(結果稿、保育園②)、岩本修作(結果稿、彩棋会③)と結構ありました。
作家の皆さん、好作の投稿をお待ちしています。
作品の投稿先 ⇒ sokipara@yahoo.co.jp


■作品紹介
その前に前回紹介した管理人の例題の正解です。
管理人作の答

作意:73飛成、同馬、33飛成、同馬、54金まで5手詰

象形崩れですが、左右同形ではないのがミソです。
初手33飛成とすると、3手目73飛成に44玉とかわされて詰みません。


それでは今回も課題にマッチした作品を紹介させていただきます。
今回はあぶり出し曲詰を紹介させていただきます。

添田宗太夫作(「将棋秘曲集」71番)
秘曲集71

詰手順:54飛、同金、同馬、同玉、45金、64玉、65香、同金、同銀、同玉、55金打まで11手詰

詰め上がり:三の字
秘曲集71「三」

手順は易しく説明の必要がないと思います。
初形が数字の「2」に見えるので、見方によっては立体曲詰とも言えますが、江戸時代の作品ですからね…。

添田宗太夫(生没年は不明)は元禄から享保にかけて活躍した民間棋士。
「将棋秘曲集」は1752年(宝暦2年)に刊行された101局すべてがあぶり出し曲詰という歴史的な作品集です。


田中至作:「詰将棋考」自選曲詰50局集 第4番(1983年6月刊)
田中至「ヒ」

作意:54飛、同銀、66金、同桂、65銀、同銀、55角成、同玉、45馬まで9手詰

詰め上がり:「ヒ」
田中至「ヒ」詰

一見して44の飛車を捌きたくなる初形なので54飛捨は当然の一手。続いて邪魔な65金を消し65銀と捨てれば、決め手の55角成で「ヒ」の字の詰め上がりとなる。

田中至氏は1987年に54歳の若さで亡くなられるまで精力的に作品を発表され、作品集も短編では「白扇」、あぶり出し曲詰では「過雁組曲」、全駒市松などの「白雁組曲」と、非常に多くのものを出されている。
「詰将棋考」は弘文出版から刊行されたもので、アマチュアの詰将棋作家の作品集が商業出版されるのは珍しかったという記憶がある。


門脇芳雄作:詰パラ1956.01(「曲詰百歌仙」第58番)
門脇芳雄「ヒ」

作意:55金、同龍、45銀、同龍、54飛、同龍、57金、同銀生、68桂、同銀生、67銀、同角成、65角、同龍、48桂、同と、46金まで17手詰

詰め上がり:「ヒ」
門脇芳雄「ヒ」詰

原型から54金を消去し、54飛捨てを同龍と取らせて45龍の守備力を弱めます。
今度は原型から48金を消して48桂を打とうとするのですが、玉方も銀不成で抵抗。
68桂から67銀と手順を尽くしてやっと48桂が実現します。

門脇芳雄は「珠」で看寿賞を受賞されるなど作家として活躍されるだけでなく、早くから詰将棋のデータベース化にも取り組まれ、2002~2009年には全日本詰将棋連盟の会長を務められました。
著書には「曲詰百歌仙」の他、『図巧』と『無双』を解説した「詰むや詰まざるや」(平凡社東洋文庫)などがあります。
2012年に亡くなられましたが、詰棋界に大きな足跡を残されました。

***【次回例会】*****************************************************
[日時] 2016年6月19日(日)13時~
[場所] 大阪市立港区民センター
(大阪市港区弁天2-1-5、地下鉄中央線・JR環状線「弁天町駅」徒歩7分)
今年の解答選手権チャンピオン戦大阪会場で使ったところです。
※関西将棋会館ではありませんのでご注意ください。
多数のご参加をお待ちしています

[課題] 「駒配置5×5内の風船図式」(29手以内)
作品の投稿先 ⇒ sokipara@yahoo.co.jp
編集部に郵送いただいても結構です。
*********************************************************************
以上
スポンサーサイト

(続)創棋会例会(6/19)の開催場所と次回課題


■創棋会例会(6/19)の開催場所について
次回6月19日(日)創棋会例会の開催場所は、関西将棋会館ではありません。
大阪市立港区民センター(大阪市港区弁天2-1-5)です。
今年の解答選手権チャンピオン戦大阪会場で使ったところです。
地下鉄中央線またはJR環状線の「弁天町駅」から徒歩7分。
※場所が変更となりますが、多数のご参加をお待ちしています。

■「風船図式」
創棋会の次回課題は「駒配置5×5内の風船図」です。
「風船図式」とは「四周(1・9筋と一・九段目)に置き駒がないもの」です。
それを「5×5」というスペースで創っていただきたいというのが今回の課題です。
作家の皆さん、好作の投稿をお待ちしています。
作品の投稿先 ⇒ sokipara@yahoo.co.jp

■作品紹介
今回は初回象形のものを紹介させていただきます。

その前に管理人の例題を一つ紹介させていただきます。
管理人の例題②

「左右非対称で、象形じゃない!」と言わずに、易しい一桁ものなので、少し考えてみてください。


柏川悦夫作:王将1954.12(「駒と人生」第55番)
柏川悦夫

作意:33金、44玉、36桂、同銀、45歩、同銀、54飛、同角、36桂、同銀、56桂まで11手詰

「まりも」というタイトルが付けられています。
阿寒湖に生育するまりも。この初形から湖に漂うさまが伝わってくるようです。
狙いは桂打ちを作るための54飛捨てですが、36桂から45歩として銀を54に利かせてから飛車を捨てるのが味の良いところ。
「駒と人生」は1963年発刊。

森田正司作:近代将棋1986.03(創棋会第4作品集「金波銀波集」第104番)
森田正司

作意:56飛、同と、同飛、同玉、67金打、55玉、66金左、64玉、76桂、54玉、45銀、同玉、56金上、54玉、55歩、44玉、45金、同玉、57桂、44玉、56桂まで21手詰

森田さんの年賀詰。本作は1986年(昭和61年)寅年の作品だが、前年阪神タイガースが日本一となり、同球団のマーク(HとT)を図式化されたもの。
手順は、二枚の金がせり上がっていくところが見もの。

岡田敏作:詰パラ1965.04(「蝸牛Ⅱ」第58番)
岡田敏

作意:55桂、同角、76玉、64桂合、同香、同角、55桂、同角、53飛、64玉、73飛成、同金、62龍、同馬、65香まで15手詰

昭和40年度の看寿賞短編賞奨励賞受賞作。
双玉の盤面「王」で“三王図”というシャレッ気を込めた作品。
4手目逆王手の64桂が絶対の受け。他の手では53飛で早い。
二度の55桂が味の良い手で、最後は飛車二枚を捨てて気持ち良く詰み上がる。
なお発表図は一路右の中央であったが、後年コンピューターによって余詰が発見されたため、本図に修正されたもの。
「蝸牛Ⅱ」は2004年12月に岡田さんの傘寿を記念して発刊された。

さて、初形象形が出てきたらあぶり出し。
ということで次回はあぶり出し曲詰を紹介させていただきますので乞うご期待。

***【次回例会】*****************************************************
[日時] 2016年6月19日(日)13時~
[場所] 大阪市立港区民センター
(大阪市港区弁天2-1-5、地下鉄中央線・JR環状線「弁天町駅」徒歩7分)
今年の解答選手権チャンピオン戦大阪会場で使ったところです。
※場所が変更となりますが、多数のご参加をお待ちしています。
[課題] 「駒配置5×5内の風船図式」 (29手以内)
作品の投稿先 ⇒ sokipara@yahoo.co.jp
編集部に郵送いただいても結構です。
*********************************************************************
以上


創棋会例会(6/19)の開催場所と次回の課題

■創棋会例会(6/19)の開催場所について
次回6月19日(日)創棋会例会の開催場所は、関西将棋会館ではありません。
大阪市立港区民センター(大阪市港区弁天2-1-5)です。
今年の解答選手権チャンピオン戦大阪会場で使ったところです。
地下鉄中央線またはJR環状線の「弁天町駅」から徒歩7分。
※場所が変更となりますが、多数のご参加をお待ちしています。

■「風船図式」
創棋会の次回課題は 「駒配置5×5内の風船図式」 です。
「風船図式」とは「四周(1・9筋と一・九段目)に置き駒がないもの」です。
それを「5×5」というスペースで創っていただきたいというのが今回の課題です。
作家の皆さん、好作の投稿をお待ちしています。
作品の投稿先 ⇒ sokipara@yahoo.co.jp

■作品紹介
まず前回紹介した管理人の例題には同一作がありました。
作者には謹んでお詫び申し上げますとともに、指摘いただいた方にはあらためて感謝いたします。
調査不足で大変失礼いたしましたが、今後はこのようなことのないように、十分注意いたします。

それでは今回も課題にマッチした作品を紹介させていただきます。
前回は普通作の短編を紹介しましたが、今回は10手台のものをいくつか紹介させていただきます。

大和敏雄作:徳島新聞2007.08.30(「とくつめ」第70番)
大和敏雄

作意:23銀、同馬、25金、同玉、23飛成、24桂合、34角、15玉、16飛、同桂、25龍まで11手詰

45銀などと攻めると25玉とされて駒不足。
俗なようですが23銀から25金と捨てると詰み形が見えてきます。
玉方は桂合で抵抗しますが、最後は飛車捨てできれいに決まります。
大和敏雄氏は同人作家。創棋会会員で復活が待たれる作家のお一人です。
また徳島新聞には1963年から詰将棋が掲載されており、「とくつめ」は1994年以降に掲載された作品の中から好作160番をまとめた作品集で、全詰連から2013年7月に発刊されています。


橋本樹作:近代将棋1980.06(創棋会第3作品集「白雨」第140番
橋本樹

作意:56銀、同銀、67桂、㋑同銀生、46銀、44玉、37銀、55玉、45飛、同玉、46龍まで11手詰
変化:㋑同銀成は56銀~67飛。64玉は73銀~55桂。
本作は看寿賞と塚田賞をダブル受賞した傑作短編です。
気の利いた変化をふくんだ67桂。同銀不成に46銀と重く打った銀を一転して37に引く。
収束も飛車捨てから46龍と無駄のない詰め上がりです。

柴田昭彦作:詰パラ1977.05(「詰将棋三十年」第36番
柴田昭彦

作意:34桂、同歩、12飛、㋑53玉、44角、54玉、53角成、同玉、62角、54玉、52飛、同銀、55歩、63玉、73歩成まで15手詰
変化:㋑32桂香合は31角、同玉、22角成以下。このために12飛が限定。
32金合は同飛、同玉、33金、31玉、42角以下
初手の桂捨ては「桂があれば打ってみよ」という手ですが、他にも有力そうな手があり、次の12飛が見えないと指しづらいのではないでしょうか。
12飛の意味は変化㋑のとおりですが、変化があって読まされます。
53玉となった局面で55角が邪魔なことに気づけば、一気呵成に収束ですが、62角の限定など気が利いています。
大駒の限定打二回に邪魔駒消去、打歩詰打開と内容豊富な一局でした。

***【次回例会】*****************************************************
[日時] 2016年6月19日(日)13時~
[場所] 大阪市立港区民センター
(大阪市港区弁天2-1-5、地下鉄中央線・JR環状線「弁天町駅」徒歩7分)
今年の解答選手権チャンピオン戦大阪会場で使ったところです。
※場所が変更となりますが、多数のご参加をお待ちしています。
[課題] 「駒配置5×5内の風船図式」(29手以内)
作品の投稿先 ⇒ sokipara@yahoo.co.jp
編集部に郵送いただいても結構です。
*********************************************************************
以上

詰備会に行ってきました(2016/5/3) ※修正5/6

■詰備会に行ってきました。
5月3日(火)、三連休の初日ですが、岡山で詰備会が開催されました。
今年の全国大会は倉敷で開催されますので、もしかすると事前準備でお手伝いできることがあるかもしれないと考えて出かけました。

※全国大会の案内は「詰将棋おもちゃ箱」や「詰将棋劇場」に詳細が紹介されています。
詰将棋おもちゃ箱 ⇒ http://toybox.tea-nifty.com/taikai/2016/05/post-f298.html
詰将棋劇場 ⇒ http://www7.plala.or.jp/tsume/kurasikitaikai.html


少し早めに岡山に到着したので、会場近くの後楽園を散策。

後楽園

後楽園→岡山城

さすが三大名園の一つで緑がとても美しく、時間があればお隣の岡山城まで足を伸ばしたいところでした。全国大会に参加されたかたは、倉敷の美観地区だけでなく後楽園もおすすめスポットですね。

会場には13時過ぎに到着。
すると地元の方以外に関東方面からも複数の方が参加。
伊藤果氏の「果し状」を持参されている方がいて、早速中身について色々な声が出ていました。管理人も5月早々に入手したのですが、若島さんの解題を読んで、あらためて詰将棋作家・伊藤果の好作の数々を鑑賞しなおしているところです。
詰備会では特に課題はなく、各自作品を持参する自由出品方式。早速いくつかの作品にチャレンジ。
その合間に自作を紹介して、参加者から評価をいただくのも会合の楽しみの一つです。
気がつけば17名の方が参加。看寿賞作家の姿もチラホラ。
テーブルを巡りながらの歓談に、気がつけば17時前。
記念写真を撮って一次会は終了。
天候不良から早めに帰られた方が数名おられましたが、近所の居酒屋で二次会。
こちらも楽しいひとときを過ごすことが出来ました。
参加された皆さん、また7月の全国大会でお会いしましょう!

詰備会

後列左から、梶下・近藤・利波・松重・竹村・岩本・長谷川・斎藤・赤畠
前列左から、小林・片山・平井・冨永・則内・鈴川(敬称略)
*中村雅哉さんも参加されていたのですが席外しで写っていません。申し訳ありません。

■「風船図式」
創棋会の次回課題は「駒配置5×5内の風船図式」です。
「風船図式」とは「四周(1・9筋と一・九段目)に置き駒がないもの」です。
それを「5×5」というスペースで創っていただきたいというのが今回の課題です。
作家の皆さん、好作の投稿をお待ちしています。
今回は管理人が創った例題を紹介します。
一桁ものなので考えてみてください。

管理人の例題

上記の作品、同一作がありました
加藤裕明氏作: 詰パラ 1993年9月 ヤング・デ・詰将棋
前回のブログで同一作検索をお勧めしておきながら、調査不足で、お恥ずかしい限りです。
ご指摘にはあらためて感謝申し上げますとともに、作者には大変失礼しました。謹んでお詫び申し上げます。
なお作意は、64銀打、54玉、65角、同玉、56桂、54玉、76角まで7手詰です。 (5/6記)


■作品紹介
それでは今回も課題にマッチした作品を紹介させていただきます。
「古今趣向詰将棋名作選」からは、配置や持駒に趣向を凝らした作品を紹介しましたので、今回は普通作をいくつか紹介させていただきます。

最初は少し短めのものから。

藤倉満作:詰パラ1966.04(創棋会第3作品集「白雨」第6番)
藤倉満

作意:13飛、54玉、63馬、同龍、55金まで5手詰

大駒の足の長さを活用した好短編。
初手13飛の遠打ちが妙手で、2手目34玉や4手目44玉の変化を見越した限定打です。
藤倉さんは大正生まれで、初入選が1948年の紳棋会報という大ベテラン。平成3年に亡くなられましたが、平成13年には遺作集「四万十」が刊行されています。

桑原辰雄作:ガチンコ詰将棋(2014.10刊)第19番
桑原辰雄

作意:13角、同玉、24銀、同歩、15飛、22玉、11飛成、同玉、112金まで9手詰

13角から24銀が飛車の活用を図る好手段。最後は飛車も捨ててきれいな詰め上がりです。
桑原さんは2015年10月に亡くなられましたが、近代将棋には300回以上、将棋世界でも200回以上という入選を誇る素晴らしい実績を残されています。指将棋も強豪で県名人などを複数獲得されています。作風は「剛腕」という言葉がピッタリで、ガツンと音のするような強手を盛り込んだ作品を創作されています。主な作品集に「妙義図式」「赤城図式」「榛名図式」があります。

次回はもう少し長めのモノを紹介させていただきます。

***【次回例会】*****************************************************
[日時]2016年6月19日(日)13時~
[場所] 関西将棋会館
日時・場所は会場の都合で変更になる可能性があります。
最新の情報を本ブログに掲載しますので多数のご参加をお待ちしています

会場は大阪市立港区民センター(大阪市港区弁天2-1-5)になりました。
今年の解答選手権チャンピオン戦大阪会場で使ったところです。
地下鉄中央線またはJR環状線の「弁天町駅」から徒歩7分。
(以上2016/5/16記

[課題] 「駒配置5×5内の風船図式」(29手以内)
作品の投稿先 ⇒ sokipara@yahoo.co.jp
編集部に郵送いただいても結構です。
*********************************************************************
以上