Book レビュー「秘伝 将棋無双」

図書館で「秘伝 将棋無双」を発見。
2006年発行。出版社は山海堂。著者は将棋ライターとしても活躍されている湯川博士さん。監修は門脇芳雄さん。
難解な「無双」の作品を初心者でも理解できるように、複数の登場人物が試行錯誤を繰り返しながら解答に取り組むという構成になっています。図面もたくさんあって大変わかりやすい。
問題は全部で30問。詰パラ誌上で若島正さんが『夢想の研究』を連載されていますが、そこで取り上げられている1番や35番も登場します。
一読して印象に残った作品を二つ紹介させていただきます。

【9番】
無双9番

この作品、ある意味では取れる駒を取らない手順が出てくる。
導入は65銀の活用で74の金を取る。74同玉となったところで65金が妙手。54の飛車を取って53飛から56飛成となった局面で豪快に65龍と捨てるのが眼目の一手。

~図面<15手目65龍>~
無双9番65龍
64角成と欲ばると、以下、83玉、93香成、72玉、84桂、71玉、53馬の時62歩合となり、7筋は二歩禁のため、全然手段がない形になってしまう。

~図面<22手目62歩合、失敗図>~
無双9番失敗図
65龍は、同歩と取らせて、玉方6筋の歩を取らずに攻め、53馬の時、二歩禁で歩以外の合駒を要求しようというのである。
詰手順:72香、同玉、83銀成、同玉、74銀、同玉、65金、同玉、54飛成、同玉、53飛、65玉、
56飛成、74玉、65龍、同歩、64角成、83玉、93香成、72玉、84桂、71玉、53馬、62香合、
同馬、同銀、72香、81玉、92成香まで29手詰

【15番】
無双15番

本題は「飛先飛歩」の一局。
4手目いきなり飛合が飛び出す。

~図面<4手目84飛合>~
無双15番84飛合
普通に同馬から73馬と玉を追うとその意味がわかる。73同玉、83飛、64玉、65飛、54玉、44角成、同香となって打歩詰。これでは失敗である。

~図面<44同香、失敗図>~
無双15番失敗図
この局面、4手目に歩合などでは65の駒は歩なので、ここから55歩と打って収束に入ることが出来る。一見強力な飛を合するのが「飛先飛歩」の不利合駒の妙防だった。
そこで攻方は、獲得した持駒の飛車を歩と交換を計る。遠回りのようだが92歩成から93馬と捨て、93同玉に95飛で94歩合を強要し、飛と歩を交換することに成功する。

~図面<12手目94歩合>~
無双15番94歩合
これにより前記の詰み筋が実現し都の詰め上がり。
詰手順:93歩、83玉、89香、84飛合、同馬、82玉、92歩成、同香、93馬、同玉、95飛、94歩合
同飛、同玉、85金、93玉、84金、82玉、73金、同玉、83飛、64玉、65歩、54玉、44角成、
同香、55歩、同玉、53飛成、54金合、44龍、同金、56香まで33手詰

「無双」についてはもう少し紹介したい作品があるので続きは近日中に。
******************************************************
【次回創棋会例会案内】
◆日時:2015年12月20日(日)13時~17時
◆場所:関西将棋会館4F
◆課題:
「持駒ホケキョ(桂香歩)の3種」(それぞれの枚数は不問です)
29手以内でお願いします。
作品の送付先 ⇒ sokipara@yahoo.co.jp
******************************************************
以上
スポンサーサイト

詰備会に行ってきました

<詰備会に行ってきました>
11月7日(土)は詰備会例会です。
いつもは岡山市内の会場だそうですが、来年の全国大会開催に備えて、倉敷の、それも全国大会開催会場内で開かれました。

私は少し早めに倉敷に到着したので来年に備えてプチ観光。
美観地区は心を洗われるような落ち着いた風情のあるところでした。
写真を撮っているS氏にも遭遇しました。
美観地区①blog

次の写真は有名な大原美術館。来年はゆっくりと入りたいと思います。
美観地区②blog

詰備会の例会が開かれる藝文館のお向かいは大山名人記念館です。
記念館blog

記念館の入り口には詰将棋も出ていました。(易しいので解答は省略。7手詰です。)
記念館図面blog

記念館には対局風景写真をはじめさまざまなパネルが飾られています。
将棋世界のバックナンバーや懐かしの単行本も置かれています。スペースはやや狭いのですが時間があればちょっとのぞいてみたいところです。
S氏がたまたま開いた昭和50年の将棋世界に次の図面が!
将棋世界197512M氏blog

さて例会ですが、何と16名の方が参加。
詳細はどなたかが報告されるのでしょうが、記憶にある範囲でお名前を列記させていただきます。間違いがあればご指摘ください。
赤畠・小林・長谷川・平井・松田(以上岡山)、梶下(広島)、松重(山口)、中村・吉松(兵庫)、猪股・久保・則内・冨永・柳原(以上大阪)、広瀬(京都)、岩本(奈良)…敬称略
詰備会では事前課題はなく各自持ち寄った作品を鑑賞。
しかし最初に見せられた某氏の実戦型に参加者一同大苦戦、柿木は13秒で解けたようだが約1時間悪戦苦闘!
持参作品の検討や批評などをやっているうちに、あっという間に終了時刻となりました。
例会の後、来年の会場となるアイシアターを下見させていただき、大山記念館で記念撮影を行い、その後二次会へ。
二次会は、これまた来年の大会後の懇親会場となる倉敷ステーションホテルの地階で開催。
当然のことながら、ホテル内で懇親会場の下見も実施。
二次会は自己紹介のあと歓談。翌日の鳥取県での会合(「とり研」?と呼ぶらしい)に行く人もいたり、詰棋談は尽きることがなかったようです。

集合写真blog

今から来年の全国大会が待ち遠しくなる楽しい一日でした。
お世話いただいた平井さん、赤畠さんありがとうございました。
以上