FC2ブログ

詰パラ9月号到着

<詰パラ9月号到着>

 近所の花壇。
近所の花壇1908

★☆★ネット作品展解答募集中★☆★
 創棋会のネット作品展「すらすら解ける20手台」PartⅣ、おかげさまで20作と多数の作品が揃いました。
 投稿下さった作家の皆様、ありがとうございました。
 今回出題させていただいた作品は、次の20名の方々から投稿いただいたものです。
 あらためて感謝申し上げます。
   有吉弘敏、有山隆、石川和彦、片山智之、kisy一族、則内誠一郎、中出慶一、金少桂、
   西村章、ぬ、野曽原直之、野々村禎彦、廣瀬崇幹、松田圭市、松本浩一、三輪勝昭、
   RINTARO、山路大輔、山本勝士、吉松智明
    (敬称略、作品順ではありません)。

 文字通り「すらすら解ける」作品が揃っていますので、多くの方からの解答をお待ちしています。
 短評は原則としてすべて掲載させていただく予定です。
 また解答者の中から若干名に呈賞の予定です。
 1問でも解けた方、遠慮なさらずに解答をお願いします。
 20手台の作品20作に全手順記載は大変かと思いますので、解答記載方法は簡単にしています。
 暗算で解けるもの、筋に入れば一気に詰ませることのできるもの、きれいな手順のものなど、解けば気持ちの良い作品が揃っていますので、多くの皆さんからの解答をお待ちしています。

◇解答送り先: blogsokikaitusin■gmail.com (■を@に変えてください)
◇解答締切:9/19(木)
◇解答要領:
・「キーとなる一手」と「手数」を記入してください。(もちろん全手順記入もOKです)
※キーとなる一手は問題ごとに設定しています。
・評価:ABC評価をお願いします。
  ※Aは3点、Bは2点、Cは1点とし、誤無解を除いて、集計いたします。
・短評:「すらすら度」「好感度」「表現力」「技術力」等々、さまざまな角度からのコメントをお願いします。
  長くても結構ですので、たくさんの短評をお願いします。

★出題は以下のURLを参照下さい。
  http://sokikaitusin.blog.fc2.com/blog-entry-287.html

★図面と解答用紙は次のサイトから取り出すことができます。
  図面: http://firestorage.jp/download/bf454d36ef822e9b5a1dc12ef3dfaa47b5bcf9fc

  解答用紙: http://firestorage.jp/download/82b5e1c81412be0499c3e71cc737a0a0852e8dac

  パスワードはいずれも「sura2019」です。

■詰パラ9月号到着
・表紙は中澤さん。表紙には珍しい初形曲詰。
 「そもそも初形曲詰の創作は難しい」は同感。表紙は手数の制約もあるのでなおさらです。
・詰棋校(12P~)。
 小学校:驫さんの年齢で虚無感という単語が出てくるとは…。
 中学校:色々引き受けて濃密な日々、というのは良い経験になると思います。
 高校:デパートの将棋まつりは夏の風物詩。
 短大:握り詰の手数オーバー作は大学や大学院にも登場するのでしょうか?
 大学:酷暑の夜には辛そうな読みの求められる作が揃った?
 大学院:こちらも同様…。じっくり取り組みましょう!
創棋会作品展(18P~)
 今回の課題は「簡素図式」。
 「Limit7」発刊記念ではないので(笑)、使用駒8枚以上の作品もありますが、楽しめる作品が揃いました。
 奮ってご解答をお願いします。
・全国大会レポート(19P~)
 小池正浩さんによるレポート。記事と写真から大会が昨日のことのように思い出されます。
 また今回は大会のアンケート結果が公開されています。
・アマレン杯握り詰(30P~)
 全国大会で優秀作として選ばれた3作と記念詰将棋の計4題が出題されています。
 握り詰、今年は19手詰以内という手数制限にもかかわらず、25作と多数のエントリー。
 上位の3作はそのなかの選りすぐりの好作揃い。初見の方は是非挑戦してみてください。
・全詰連の頁(31P~)。
 全国大会の幹事会報告。
 看寿賞では選考委員交代や選考討議ツールの変更など。柳田さんが委員を退任。長期の重職お疲れ様でした。
 解答選手権の運営には課題があるので、引き続き検討。
 財政面では各賞受賞者への補助のあり方が検討されました。
 懸案の次回開催地については、九州グループが引き受けて下さることになりましたが、オリンピック開催年ということもあり、日程は同グループに一任。
・持駒のある風景(32P~)
 全国大会関連の話題。2004年の札幌大会の裏話が面白い。
 浦野さんのハンドブックがスタートしたのはこの年ですから、今年の浦野さんへの門脇賞表彰も北村さんには感慨深いものがあったものと思います。
 最後に書かれている「折り本」。私も井上さんの「盤上に死を描く」を購入して「折本」を入手しました。
 Wordでも作成できるテンプレートをネットで探しました。まだ試してないのですが、興味のある方はどうぞ。
   http://www.oritoyo.com/?p=163
・おもちゃ箱だより(34P~)
 「詰将棋世界の拡大」は興味深く拝読。
 私はようやく「パソコン・ウェブの時代」にたどりついたところ。「スマホアプリ・SNSの時代」は眺めるのが精一杯です。
 「詰将棋世界の分断」というのは過渡期の現象でしょうか。何らかの形で情報が融合され、気に入った分野のものを楽しめればよいと思います。
 少なくとも私には「マスメディア」が淘汰されるとは思えないので、紙世界だけで楽しむのもありですが、そういう人たちにも他の世界に誘うようなインフラの存在は必要なんでしょうね。
・ちえのわ雑文集(36P~)。
 太刀岡さんの「担当者のすゝめ」。いいことですね。若手はどんどん担当者にチャレンジしましょう。
 昔のパラの担当はベテランと新人の組合せが多かったように思います。また担当者の交代も結構多く、今のような長期安定布陣は望むべくもない状態でした。
 柿木や同一作検索などIT環境が整ったのも負担減。何より2ケ月後発表は原稿作成の負担を大きく減らしました。
 報酬が望めないのは趣味の同人誌のつらいところですが、編集長の愛がカバーというのはありがたいシステム(笑)。
 長期の担当に二の足を踏む方には、短コンや臨時コーナーの担当をやってみるのもお勧め。生の解答用紙との遭遇は、必ずやプラスの経験になりますよ。
・名局ライブラリー(38P~)。
 さすがに4年前の出来事なので、一つの作品にこれだけのスペースを取るのはいかがなものかと。
 そろそろ柴田さんでなければ語れない次の論考を期待。
・社団戦2日目(44P~)
 3部昇格後の2日目。初日は痛い一敗を喫するも、2日目は4戦全勝。
 8/25も3勝1敗の好成績でリーグ首位を堅持された様子。
 この快進撃はいつまで続くのでしょうか?
・創作コンクール(48P)
 早くも短コンの案内かと思えば、何と透明駒!
 全くといってよいくらいルールが分かっていない(汗)。これを機会に少し勉強しますか…。
・結果稿
 順位戦(58P~)。各クラスとも自力ではとても解けない難物ばかりですが、作意を追っただけでもその手順に圧倒されます。包含される変化や紛れも濃密で、詰将棋の醍醐味を味わえる佳品揃い!
 同人室(75P~)。今回のお題は「構想作」。テーマとしては面白いのですが、解釈は作者次第のところもあって作者のことばが面白かったですね。もしかすると担当の狙いもその辺にあるのか?
 次回は「作風が滲み出る作品」。これはどこかで似たようなフレーズを目にしましたが?
 創棋会作品展(85P~)。課題は「局面の対比」でした。妙味を味わっていただける作品揃いで、解答者の評価もまずまずでした。
・編集室(100P~)。消費増税を誌代に反映しないという粋なはからい。


■創棋会の次回課題
☆12月号掲載作品展の課題
・「複数の打歩詰関連手筋を含む作品」。29手以内。
 打歩詰を巡る手筋は実に多彩です。
 思いつくままに挙げるだけでも、不成、打診、森田手筋、ブルータス手筋、不利逃避、不利合、不利先打等々、さまざまな手筋があります。
 12月号作品展は楽しめるものにしたいと考えておりますので、面白い狙い、ユニークな表現、組み合わせの妙を味わえる作品の投稿をお待ちしています。
 作家の皆さんの腕の見せ所です。奮って投稿ください。
・10月例会で選題します。
 投稿は→ blogsokikaitusin■gmail.com(■を@に変えてください)

◇例題紹介
 例題紹介のために、一昨年のブログでも参考にさせていただいた湯村光造さんの「歩詰手筋総まくり」という論考を読み直しています。
  ※この論考は「将棋めいと」13号(1992年7月)から19号(1995年11月)まで連載されました。
 この論考で取り上げられている作品についても、自分なりに鑑賞しなおして、紹介させていただきます。
 それ以外にも、手元の詰棋書を眺めていて、面白いと思ったものは随時紹介させていただきます。
 なお湯村さんの論考が契機となり「打歩詰大賞」が創設されました。同大賞の作品群はブログ「借り猫かも」で詳細に紹介されています。
   http://torakamaneko.cocolog-nifty.com/blog/2014/08/post-d497.html

 さて、それでは例題紹介です。管理人が面白いと感じた作品をご覧ください。


若島 正作 詰パラ1976年12月(「盤上のファンタジア」第23番)
若島ファンタ23

 1筋の駒柱が気になる配置ですが、2枚角が受けに良く利いています。
 たとえば44龍は同角成と取られます。
 23銀不成も33玉と逃げられると42桂も利いているので続きません。
 35香が有望そうですが、同角、同銀、同玉、57角、36玉で僅かに詰みません。
 初手は、スッと立つ35銀が好手。
 同玉なら37香、36合、44龍という筋を見ています。
 ここで同角不成と取るのが好手なのですが、その意味は後でわかります。
 ちなみに同角成と取ると、26桂、同馬、36香、24玉、44龍、同馬、25歩、同角、23銀成とキレイに詰みます。
 35同角不成にも、26桂と捨て、同角と取らせて、36香と打ちます。
 35合なら44龍までですから、24玉とかわしますが、44龍と一歩入手。
 同角なら、25歩、同角、23銀成まで。
 簡単に詰んでしまいましたが、受け方に妙防がありました。
 34角の移動合です。

<8手目:34角>
若島ファンタ23_34角

 16角のままでは25歩と打たれてしまうので、34に移動させることで、自ら44の龍にピンされた状態にしたわけです。
 これで25歩が打てなくなりました。
 34角は打歩詰誘致の移動合の妙手でした。
 ところで、2手目同角不成が最善だったことがこの局面でやっとわかります。
 26の角が馬だったら、25歩が打てるので、34角の妙手が台無し。
 2手目の角不成と34角はセットになった妙手順だったわけです。

 さてこのままでは44龍が強過ぎて打歩詰です。
 しかし34同龍と取ってしまうのは、同桂、25歩(42角は33合で打歩詰)、33玉と逃げられてしまいます。
 打開の妙手が33龍!
 34角の瞬間に裏側をこする味が作者のお気に入りです。
 同玉は23とまでですから同香と応じますが、これで縛り駒が消えたので25歩が可能になり、同角に23銀成まで。

 角不成と移動合で打歩詰に誘致すれば、縛り駒の龍捨てで打開するという、短手数の中に打歩詰関連手筋が凝縮された好局。

【詰手順】35銀、35銀、同角不成、26桂、同角、36香、24玉、44龍、34角
      33龍、同香、25歩、同角、23銀成まで13手詰


伊藤看寿作 宝暦5年(1755年) 『将棋図巧』第42番
図巧42

 37角を動かして開き王手したい形ですが、55角では37歩合、25銀、同桂となってうまく行きません。
 初手は25銀と桂を入手し、同桂に28桂と打つのが良く、これで45玉が絶対。
 ここで55金と と金を取るのは毒饅頭。
 35玉で打歩詰。そこで46角が好手ですが、同玉と取ってはくれず(同玉なら56金の一発)、26玉で打歩詰。
 困ったようですが、46歩と打つのが不思議な一手。

<1図>5手目:46歩
図巧42_46歩

 46歩に35玉なら、36歩、44玉、55金まで。46歩は同と と応じる一手です。
 55のと金を46に動かしてから55金とするのが手順の妙。
 取れる駒を取らずに攻めるのが不思議な手段。
 55金に35玉と寄ったところで、46角としたくなりますが、26玉と逃げられると打歩詰。
 ここでもじっと36歩と打つのが好手順。
 55のと金が36まで動きました。
 そこで待望の46角です。

<2図>11手目:46角
図巧42_46角

 同玉なら、56金から36龍があるので、26玉と逃げます。
 ここまで進んで、ようやく取れると金を取らずに動かした理由がわかります。
 目的はここで26歩と打ってと金で取らせることだったのです。
 2図から26玉に、27歩、同と と進めます。
 これで27地点が塞がりましたので、35角、同飛、同龍、同香と飛車を入手します。
 そこで15角成と捨てるのが気持ちの良い一手。
 同玉に16飛、24玉、13飛成、34玉と追って、序盤で働いていた55の金を44金と捨てるのが決め手。
 同玉に43龍までの詰み。

 本作、図巧のなかでは易しい作品ですが、楽しめる手順です。
 取歩駒を移動させて打歩詰を解消するのですが、取れる駒を取らずに移動させるという巧妙な手段で表現したところが実に素晴らしい一局。

【詰手順】25銀、同桂、28桂、45玉、46歩(1図)、同と、55金、35玉、
      36歩、同と、46角(2図)、26玉、27歩、同と、35角、同飛、同龍、同香、
      15角成、同玉、16飛、24玉、13飛成、34玉、44金、同玉、43龍まで27手詰


■創棋会の今後の予定
  ※10月と11月は会場が異なりますのでご注意ください。
***【次回例会】************************************************* 
[日時] 2019年10月20日(日)13時~
[場所]  大阪市港区民センター 楓
   〒552-0007 大阪市港区弁天2-1-5
     アクセス → https://www.osakacommunity.jp/minato/access.html
[会費]  無料
[課題] 12月号作品展「複数の打歩詰関連手筋を含む作品」29手以内

***【次々回例会】*********************************************** 
[日時] 2019年12月15日(日)13時~
[場所]  大阪市福島区民センター 304号
   〒553-0006 大阪市福島区吉野3-17-23
     アクセス → https://www.osakacommunity.jp/fukusima/access.html
[会費]  無料
[課題] 3月号作品展「捌きを楽しむ作品」29手以内
****************************************************** 

★課題作の投稿などはこちらまで → blogsokikaitusin■gmail.com(■を@に変えてください)
以上

九州グループに行ってきました

<九州グループに行ってきました>

★☆★ネット作品展解答募集中★☆★
 創棋会のネット作品展「すらすら解ける20手台」PartⅣ、おかげさまで20作と多数の作品が揃いました。
 投稿下さった作家の皆様、ありがとうございました。
 今回出題させていただいた作品は、次の20名の方々から投稿いただいたものです。
 あらためて感謝申し上げます。
   有吉弘敏、有山隆、石川和彦、片山智之、kisy一族、則内誠一郎、中出慶一、金少桂、
   西村章、ぬ、野曽原直之、野々村禎彦、廣瀬崇幹、松田圭市、松本浩一、三輪勝昭、
   RINTARO、山路大輔、山本勝士、吉松智明
    (敬称略、作品順ではありません)。

 文字通り「すらすら解ける」作品が揃っていますので、多くの方からの解答をお待ちしています。
 短評は原則としてすべて掲載させていただく予定です。
 また解答者の中から若干名に呈賞の予定です。
 1問でも解けた方、遠慮なさらずに解答をお願いします。
 20手台の作品20作に全手順記載は大変かと思いますので、解答記載方法は簡単にしています。
 暗算で解けるもの、筋に入れば一気に詰ませることのできるもの、きれいな手順のものなど、解けば気持ちの良い作品が揃っていますので、多くの皆さんからの解答をお待ちしています。

◇解答送り先: blogsokikaitusin■gmail.com (■を@に変えてください)
◇解答締切:9/19(木)
◇解答要領:
・「キーとなる一手」と「手数」を記入してください。(もちろん全手順記入もOKです)
※キーとなる一手は問題ごとに設定しています。
・評価:ABC評価をお願いします。
  ※Aは3点、Bは2点、Cは1点とし、誤無解を除いて、集計いたします。
・短評:「すらすら度」「好感度」「表現力」「技術力」等々、さまざまな角度からのコメントをお願いします。
  長くても結構ですので、たくさんの短評をお願いします。

★出題は以下のURLを参照下さい。
  http://sokikaitusin.blog.fc2.com/blog-entry-287.html

★図面と解答用紙は次のサイトから取り出すことができます。
  図面:  http://firestorage.jp/download/bf454d36ef822e9b5a1dc12ef3dfaa47b5bcf9fc

  解答用紙: http://firestorage.jp/download/82b5e1c81412be0499c3e71cc737a0a0852e8dac

  パスワードはいずれも「sura2019」です。


■九州グループに行ってきました
 8月25日に開催された九州グループの会合に参加しました。
 1年7ヶ月ぶり、2度目の参加。
 某氏曰く「盆と正月に開催」なので、創棋会の新年会や8月例会と重なると、ちょっと参加が難しい。
 今回は、これまたご無沙汰続きの詰四会と重なったのですが、来年のこともあり、九州に向かうことにしました。
 博多駅で昼食にラーメンをいただき(少々行列に並びましたがおいしかったです)、土産物屋をのぞいてから、詰パラ8月号の案内に記載の集合場所へ。
 すでに、八尋さん、酒井さんが到着。その後、坂田さん、永安さんがお見えになり、会場へ向かいます。
 会場には三々五々メンバーが参集され(九州は広いので、福岡県だけでなく、佐賀や長崎など他県からも参加されます)、最終的には11人と賑やかな会合になりました。
 課題作は「囲い図式」。残念ながら自作を持ち込むことは出来なかったのですが、課題に忠実な美しい初形の作品が揃っていました。近いうちに誌上でご覧いただけると思います。
 私はその間、某氏の新作を拝見したり、全国大会のことで色々と相談を受けたり、皆さんと色々とやりとりをさせていただきました。
 今回は時間をかけて、解答選手権の結果報告、九州グループの作品集、そしてなんといっても来年九州で開催される全国大会のことが話し合われました。
 メンバーの多くが12年前の福岡開催を経験されており、そのときのことを振り返りながら来年のことについてアイデアを出されていました。
 しかし、さらにその12年前にも北九州で開催されており、八尋さんにとっては3度目の大会主催とのこと。息の長い活動には頭が下がる思いです。
 開催時期が合意され、プログラム案も多々意見が出されました。
 会場候補も決まっているので、希望の日程で会場が確保できれば、第一歩がスタート。
 次回の九州グループの会合は1月11日となったようですから、そのあたりから本格始動されるのではないかと思います。
 また何かお手伝いできることがあれば、微力ながら協力させていただきたいと考えています。
 会合終了時には集合写真を撮り、そこから小雨の中を博多駅前まで移動して二次会。
 ここでも詰棋談議に花が咲きました。日帰りの予定だったので、途中で失礼しましたが、大変楽しい一日を過ごすことが出来ました。九州グループの皆さん、ありがとうございました。またお会いしましょう!

 なお当日の様子は以下のサイトからご覧いただくことが出来ます。
  ★九州グループのHP
    http://kyusyug.blog35.fc2.com/
  ★ストンリバーの日記(石川和彦さん)
    https://stoneriverki.hatenablog.com/

【会合の写真】
九州Gの例会201908


■創棋会の次回課題
☆12月号掲載作品展の課題
・「複数の打歩詰関連手筋を含む作品」。29手以内。
 打歩詰を巡る手筋は実に多彩です。
 思いつくままに挙げるだけでも、不成、打診、森田手筋、ブルータス手筋、不利逃避、不利合、不利先打等々、さまざまな手筋があります。
 12月号作品展は楽しめるものにしたいと考えておりますので、面白い狙い、ユニークな表現、組み合わせの妙を味わえる作品の投稿をお待ちしています。
 作家の皆さんの腕の見せ所です。奮って投稿ください。
・10月例会で選題します。
 投稿は→ blogsokikaitusin■gmail.com(■を@に変えてください)

◇例題紹介
 例題紹介のために、一昨年のブログでも参考にさせていただいた湯村光造さんの「歩詰手筋総まくり」という論考を読み直しています。
   ※この論考は「将棋めいと」13号(1992年7月)から19号(1995年11月)まで連載されました。
 この論考で取り上げられている作品についても、自分なりに鑑賞しなおして、紹介させていただきます。
 それ以外にも、手元の詰棋書を眺めていて、面白いと思ったものは随時紹介させていただきます。
 なお湯村さんの論考が契機となり「打歩詰大賞」が創設されました。
 同大賞の作品群はブログ「借り猫かも」で詳細に紹介されています。
    http://torakamaneko.cocolog-nifty.com/blog/2014/08/post-d497.html

 さて、それでは例題紹介です。管理人が面白いと感じた作品をご覧ください。

上田吉一作 近代将棋1981年4月
(『極光21』第52番、『現代詰将棋短編名作選』第51番)
上田吉一198104

 最初の作品は上田さんの作品です。
 76銀引、77玉、86銀引、66玉と進むと打歩詰。
 67に歩を打つには、35角を成らせる、89龍や88とを呼んでくる、といった方法が考えられます。
 まず68歩と打ちます。
 同角成なら先ほどの76銀引以下の手順で67歩が打てて、同馬に75銀直まで。
 68歩には打歩詰に誘う68同角不成が当然ながら好防。
 同馬から48龍が見えますが、79玉と潜り込まれると詰みません。
 そこで79桂と捨てます。同龍なら76銀引、77玉に68馬と取れます。68同玉なら48龍があり、68同龍なら76銀引から67歩の筋があります。
 同とも76銀引、77玉、68馬、88玉、77角、97玉、93龍と駒が一杯に働いて詰み。
 最善は79同角不成です。
 なお最初に79桂と打っておくのが逃路封鎖で良さそうですが、これは同と と取られると68歩には77玉から88玉と脱出されるのでダメです。
 連続角不成の妙防で困ったようですが、打開の妙手がありました。
 76銀引、77玉と追って、68馬と捨てるのです。

<7手目:68馬>
上田吉一68馬

 68馬に同龍は48龍があります。同角成も76銀引から67歩の筋で詰みます。
 そこで68馬にも、68同角不成と連続不成で応じます。
 ここで69桂と捨てて同龍と取らせておくのが、後の打歩詰打開を見た好着です。
 86銀引、66玉のときに、46龍と捨てるのが決め手です。
 同角成と取らせれば、69龍の利きが通って、67歩が打てるというわけです。
 69桂から46龍が取歩駒を発生させるワンセットの好手筋でした。
 67同龍に75銀直まで。

 打歩詰を巡る攻防ですが、玉方が三連続角不成で誘致すれば、攻め方は68馬、46龍と大駒の連続捨てで打開するという、見応え充分の好局でした。

【作意】68歩、同角不成、79桂、同角不成、76銀引、77玉、68馬、同角不成
   69桂、同龍、86銀引、66玉、46龍、同角成、67歩、同龍、75銀直まで17手詰


明石六郎作 近代将棋1992年7月
明石六郎

 64銀、54玉と進むと早くも打歩詰の局面。
 勘の良い人なら37飛を捨てて28角を利かせる手が見えるでしょう。
 まず44と と捨てます。
 同金なら55歩、同金、63銀不成の筋で詰みますから、44とは同玉と応じます。
 そこで45歩と打てば、54玉の一手に、34飛と捨てて37角の利きが通りました。
 55歩、同角成、63銀不成、53玉となって、もう一歩あれば54歩で詰むのですが、これは足りません。
 ここまでの手順で働いていない78の飛車を使わない手はありません。
 44と、同玉のとき、48飛と回ります。
 54玉と逃げれば、34飛、同金、55歩、同角成、63銀不成、53玉、54歩と二枚の歩を使ってピッタリ詰みます。
 しかし玉方には妙防がありました。
 46歩と捨合するのです。

<6手目:46歩>
明石六郎46歩

 46同飛と取らせて54玉とかわした局面は、28角の利きが二重に止まっています。
 しかし、一歩入手したので、44飛と捨てる好手がありました。
 同玉に45歩と打って、54玉に34飛と捌けば、まだ手持ちに二歩あります。
 55歩と打てば、玉方も同角不成と最後の抵抗。
 これには63銀不成、53玉のとき65桂と活用するのが気持ちの良い手です。
 同馬と取らせれば、54歩が打て、同馬に52銀成までの詰み。

 取歩駒の利きを通そうとする攻め方と、そうはさせないという受け方の抵抗が、テンポの良い手順で表現され、楽しめる一局でした。

【作意】64銀、54玉、44と、同玉、48飛、46歩、同飛、54玉、
  44飛、同玉、45歩、54玉、34飛、同金、55歩、同角不成
  63銀不成、53玉、65桂、同馬、54歩、同馬、52銀成まで23手詰

■創棋会の今後の予定
***【次回例会】************************************************* 
[日時] 2019年10月20日(日)13時~
[場所]  大阪市港区民センター 楓
  〒552-0007 大阪市港区弁天2-1-5
    アクセス → https://www.osakacommunity.jp/minato/access.html
[会費]  無料
[課題] 12月号作品展「複数の打歩詰関連手筋を含む作品」29手以内

***【次々回例会】*********************************************** 
[日時] 2019年12月15日(日)13時~
[場所]  大阪市福島区民センター 304号
  〒553-0006 大阪市福島区吉野3-17-23
    アクセス → https://www.osakacommunity.jp/fukusima/access.html
[会費]  無料
[課題] 3月号作品展「捌きを楽しむ作品」29手以内
****************************************************** 

★課題作の投稿などはこちらまで → blogsokikaitusin■gmail.com(■を@に変えてください)

創棋会の次回課題「複数の打歩詰関連手筋」

<創棋会の次回課題「複数の打歩詰関連手筋」>

 8月も残すところ約1週間。
 夏の花の写真です。

ひまわり

百日紅

★☆★ネット作品展解答募集中★☆★
 創棋会のネット作品展「すらすら解ける20手台」PartⅣ、おかげさまで20作と多数の作品が揃いました。
 投稿下さった作家の皆様、ありがとうございました。
 今回出題させていただいた作品は、次の20名の方々から投稿いただいたものです。
 あらためて感謝申し上げます。
   有吉弘敏、有山隆、石川和彦、片山智之、kisy一族、則内誠一郎、中出慶一、金少桂、
   西村章、ぬ、野曽原直之、野々村禎彦、廣瀬崇幹、松田圭市、松本浩一、三輪勝昭、
   RINTARO、山路大輔、山本勝士、吉松智明
    (敬称略、作品順ではありません)。

 文字通り「すらすら解ける」作品が揃っていますので、多くの方からの解答をお待ちしています。
 短評は原則としてすべて掲載させていただく予定です。
 また解答者の中から若干名に呈賞の予定です。
 1問でも解けた方、遠慮なさらずに解答をお願いします。
 20手台の作品20作に全手順記載は大変かと思いますので、解答記載方法は簡単にしています。
 暗算で解けるもの、筋に入れば一気に詰ませることのできるもの、きれいな手順のものなど、解けば気持ちの良い作品が揃っていますので、多くの皆さんからの解答をお待ちしています。

◇解答送り先: blogsokikaitusin■gmail.com (■を@に変えてください)
◇解答締切:9/19(木)
◇解答要領:
・「キーとなる一手」と「手数」を記入してください。(もちろん全手順記入もOKです)
※キーとなる一手は問題ごとに設定しています。
・評価:ABC評価をお願いします。
  ※Aは3点、Bは2点、Cは1点とし、誤無解を除いて、集計いたします。
・短評:「すらすら度」「好感度」「表現力」「技術力」等々、さまざまな角度からのコメントをお願いします。
  長くても結構ですので、たくさんの短評をお願いします。

★出題は以下のURLを参照下さい。
  http://sokikaitusin.blog.fc2.com/blog-entry-287.html

★図面と解答用紙は次のサイトから取り出すことができます。
  図面: http://firestorage.jp/download/bf454d36ef822e9b5a1dc12ef3dfaa47b5bcf9fc

  解答用紙: http://firestorage.jp/download/82b5e1c81412be0499c3e71cc737a0a0852e8dac

  パスワードはいずれも「sura2019」です。

■創棋会の次回課題
☆12月号掲載作品展の課題
・「複数の打歩詰関連手筋を含む作品」。29手以内。
 打歩詰を巡る手筋は実に多彩です。
 思いつくままに挙げるだけでも、不成、打診、森田手筋、ブルータス手筋、不利逃避、不利合、不利先打等々、さまざまな手筋があります。
 新手筋、珍手筋、組み合わせの妙、作家の皆さんの腕の見せ所です。
 奮って投稿ください。
・10月例会で選題します。
 投稿は→ blogsokikaitusin■gmail.com(■を@に変えてください)

◇例題紹介
 例題紹介のために、一昨年のブログでも参考にさせていただいた湯村光造さんの「歩詰手筋総まくり」という論考をあらためて読み直しているところです。
  ※この論考は「将棋めいと」13号(1992年7月)から19号(1995年11月)まで連載されていました。
 この論考で取り上げられている作品は、自分なりに鑑賞しなおして、紹介させていただきます。
 それ以外にも、手元の詰棋書を眺めていて、面白いと思ったものは随時紹介させていただきます。
 なお湯村さんの論考が契機となり「打歩詰大賞」が創設されました。同大賞の作品群はブログ「借り猫かも」で詳細に紹介されています。
    http://torakamaneko.cocolog-nifty.com/blog/2014/08/post-d497.html

 湯村さんの論考では歩詰手筋を大きく、打開手筋と誘致手筋に分けます。
 打開(A)では「打歩を取らせる」「玉の退路をつくる」「打歩以外の詰みにする」、また
 誘致(B)では「打歩詰を取れないようにする」「玉の退路をなくす」と中分類します。

 そして「打歩を取らせる」という中分類は、「取歩駒を作る(A1)」「取歩駒を残す(A2)」「取歩駒の利き筋を生かす(A3)」「取歩駒を生かす(A4)」というように、それぞれに小分類をされています。
 さらに、「打歩を取らせる」の小分類「取歩駒を作る(A1)」には「玉方駒の移動(A11)」「玉方駒を成らせる(A12)」「玉方に合駒をさせる(A13)」「玉方駒の不成を予防(A14)」「玉方駒の成を予防(A15)」と、それぞれに細分類されます。
 めいと13号に掲載された分類表では、この細分類は39ありましたが、連載を重ねる中で修正され、論稿の最終号では45になりました。
 投稿要領に記した、「不成、打診、森田手筋、ブルータス手筋、不利逃避、不利合、不利先打」などの手筋は、すべてこの分類のどこかにあるということになります。
 もちろん湯村さんの論考をご存知の方ばかりではないと思いますので、ある手筋が分類のどれに当たるかということは、別の話です。
 今回の課題の主旨は、バラエティに富む打歩詰関連手筋を、二つ以上組み合わせていただくというものです。
 類例の少ない珍しい手筋、面白い狙いやユニークな表現など、組み合わせの妙を味わえる作品の投稿をお待ちしています。
 12月号作品展では楽しめる作品が揃うことを期待していますので、作家の皆さま、どうぞよろしくお願いいたします。

 さて前置きが長くなりましたが、面白いと感じた作品を例題として紹介させていただきます。


三代伊藤宗看作 享保19年(1734年) 「無双」第91番
無双91

 最初は古典から。
 豊富な持駒を使って75馬と46龍を働かせたい形。
 79金から68金という筋が浮かぶが、79金に59玉とかわされると、金一枚では寄らない。
 78銀と捨てるのが良い手。これなら59玉には、58金打と迫る手がある。
 78同成香と取らせて79金が手順の妙。今度59玉なら58金引がある。
 79同成香で68金と捨てて、58金から68金と57の金を消して待望の57龍。
 77玉には手筋の69桂捨て。
 同成香に78歩から87玉と追ったところで、76馬が良い手に見えます。
 76馬に逃げる手は簡単なので、同玉と取ります。
 急いで66龍とすると87玉、77龍、96玉で打歩詰。
 そこで98馬としますが、75玉、65馬、86玉、66龍、97玉(失敗図)となって打歩詰。

<失敗図:97玉>
無双91_失敗

 75馬なら98玉、また77龍には87合で詰まないので、この局面になると手も足も出ません。
 どうすればよかったのでしょうか?
 数手前に打開の妙手がありました。
 87玉まで追ったところで99桂(1図)と打つのです。

1図<17手目:99桂>
無双91_99桂

 これだけでは、何が狙いか見えてきません。
 もう少し手を進めます。
 当然、同歩成と応じます。
 そこで76馬と取り、同玉のとき、98馬と捨てるのが絶妙の一手!

2図<21手目:98馬>
無双91_98馬

 同と と取られてしまうとどうするのでしょうか?
 それには、66龍、87玉、77龍、96玉となったとき、97歩と打てます。同とに76龍から85銀まで。
 87玉に66龍から77龍と攻めるのは、打歩詰になってしまいましたが、99桂から98馬の妙手順で98歩がと金に変わったので打歩詰が解消できたのです。
 98馬を取らずに75玉と逃げる変化も確認が必要です。
 75玉には、65馬、86玉、66龍、97玉、98歩が打てます。これも99にと金を作っておいた効果です。

 本局は、打歩を取らせる駒を、成らせて発生させるのですが、ただで取れる駒(98歩)を取らずに成らせておき(99桂)、後にその駒を捨駒(98馬)で動かすという高度な演出で表現したものです。

【詰手順】78銀、同成香、79金、同成香、68金、同玉、58金、69玉、
   68金、同玉、57龍、77玉、69桂、同成香、78歩、87玉、99桂(1図)、
   同歩成、76馬、同玉、98馬(2図)、同と、66龍、87玉、77龍、96玉、
   97歩、同と、76龍、86合、85銀まで31手詰


北原義治作 近代将棋1960年1月(塚田賞、『古今短編詰将棋名作選』第75番)
北原古短75

 次の一作は短編です。
 これは湯村さんの論考には取り上げられていなかったように思います。
 このブログで1年半くらい前に紹介しているのですが、複数の打歩詰関連手筋が明快に表現された素晴らしい作品なので、再度の登板です。

 19桂が有力そうに見えます。
 16玉の一手に38馬と歩を入手して、25銀と打てば15玉で打歩詰ですが、27桂と跳ねるのが気持ちの良い手です。
 同飛成と取らせれば16歩が打てますから、同龍に24銀まで両王手の詰みです。
 おっと、27桂に同飛不成とされると相変わらず16歩が打歩詰。
 しかしここで好手があります。
 24龍と捨てるのです。攻め方の勢力を弱める妙手です。
 これで同と と取らせれば16歩と打てるというわけです。16歩、26玉、36金まで。
 でもよく見ると遠く59馬が26に利いていますね。まだ16歩は打てません。
 もう一度初形に戻ります。
 まず37馬と捨てます。59馬を消しておかないと打歩詰になるのは説明済み。
 湯村さんの分類では、「玉の退路を作る」ために「詰方駒を消す」になります。
 攻め方の勢力が強過ぎるので、これを減らすのですが、先にならないと効果が現れないので伏線の妙手です。
 これには同飛不成と応じるのが受けの好手。これは不成による打歩詰誘致。

<2手目:37同飛不成>
北原古短75_37飛生

 予定通り19桂と打って16玉に38馬と歩を入手。
 同とに25銀とすれば15玉と逃げて打歩詰ですが、そこで27桂と跳ねるのが気持ちの良い活用。
 最善は同飛不成

<10手目:27同飛不成>
北原古短75_27飛生

 またもや打歩詰となりますが、ここで24龍と捨てるのが決め手。これも攻め方の勢力を減少させる手筋。
 同と と取らせれば打歩詰は解消。
 16歩と打ち、26玉に36金までの詰み。

 二度の玉方飛不成に伏線手59馬消去や24龍の好手を配した密度の濃い作品。

【作意】37馬、同飛不成、19桂、16玉、38馬、同と、25銀、15玉、27桂、同飛不成
   24龍、同と、16歩、26玉、36金まで15手詰


柳田 明作 近代将棋1982年5月
 (塚田賞、『現代詰将棋短編名作選』第70番、『饗宴』第61番)
柳田明

 最後の作品も短編です。
 55飛と退路を封鎖したくなります。
 24玉なら、21飛と打ち、23合には35角と打ち込む手があります。
 23金と寄っても、35角、33玉、31飛成で詰み。
 55飛に45香合なら同飛、同銀、27飛、26歩合、同飛、35玉と追って、24角と捨て、同金と取らせて退路をなくし、36歩、同銀に25飛と捨てる好手があり、同玉に26馬までピッタリ詰みます。
 しかし駒が余りますから、これではおかしい…。
 55飛には45銀という移動捨合の妙手がありました(紛れ図)。

<紛れ図:45銀>
柳田明_45銀

 45銀は同飛なら36玉から脱出を図ろうという捨て身の受けです。
 27飛と打てば26歩と捨合し、同飛、35玉となると打歩詰!(失敗図)

<失敗図:35玉>
柳田明_失敗

 この局面で55飛がいなければ、36歩が打てるのですが…。
 初手は45飛と打つのが絶妙の一手なのです。(正解図)

<正解図:45飛>
柳田明_45飛

 45飛は取る一手です。(35合は26飛から15馬)
 これで36銀が動いたので、27飛と打ち、26歩と捨合で抵抗しますが、同飛と取り、35玉に24角と捨てて退路を塞ぎます。
36歩が打てるので、同銀と取らせて25飛と捨てるきれいな収束。

 45飛は「取らせ短打」と呼ばれる手筋。
 離して打つと縛り駒が残って打歩詰になるので、縛り駒を残さないように、近くから打つというものです。
 打歩詰を予め回避しておく妙手筋です。
 森田手筋では、飛び道具で取歩駒を発生させた後、その飛び道具が縛り駒になるので別のところで消去して、取歩駒を生かすわけですが、本作ではそれを一手で表現したことになります。
 素晴らしい構想で、見事塚田賞に輝きました。

【作意】45飛、同銀、27飛、26歩、同飛、35玉、24角、同金、
   36歩、同銀、25飛、同玉、26馬まで13手詰


■創棋会の今後の予定
***【次回例会】************************************************* 
[日時] 2019年10月20日(日)13時~
[場所]  大阪市港区民センター 楓
        ※今回は福島区民センターではないのでご注意ください
    〒552-0007 大阪市港区弁天2-1-5
      アクセス → https://www.osakacommunity.jp/minato/access.html

[会費]  無料
[課題] 12月号作品展「複数の打歩詰関連手筋を含む作品」29手以内

***【次々回例会】*********************************************** 
[日時] 2019年12月15日(日)13時~
[場所]  大阪市福島区民センター 304号
    〒553-0006 大阪市福島区吉野3-17-23
      アクセス → https://www.osakacommunity.jp/fukusima/access.html
[会費]  無料
[課題] 3月号作品展「捌きを楽しむ作品」29手以内
****************************************************** 

★課題作の投稿などはこちらまで → blogsokikaitusin■gmail.com(■を@に変えてください)