例会報告~第274回(6月17日)~

<第274回例会報告>

日時:6月17日(日)13:00~17:00
場所:福島区民センター 304号
参加者:kisy、角谷明政、則内誠一郎、谷本治男、鳥本敦史、中出慶一、中村雅哉、中村宜幹、西村章、
   藤野勝好、古川剛士、吉松智明(以上12名)

 今回遠方より参加は鳥本さんだけでしたが、初参加は角谷さんと藤野さんのお二人。藤野さんは解答選手権の常連参加者、角谷さんはパラ会員ではないのですがネットを見て参加されました。お二人には引き続きの参加を期待します。

 今回の課題は一般募集せずということでしたが、楽しめる作品が集まりました。参加者一同で解図に取り組み、16時頃から作者のコメントも交えながら一作ずつ鑑賞。
 作品は詰パラ9月号の作品展で出題される予定です。どうぞお楽しみに。

 その後、作品展担当の則内さんから、今後の課題について紹介がありました。
 8月例会は、恒例のネット作品展「すらすら解ける20手台PartⅢ」。
 10月例会は、12月号作品展「よくわかる作家の個性」。
  (いずれも詳細は次回ブログでお伝えする予定です)

 恒例の一人一言では、初参加のお二人の話、春霞賞受賞、大道棋の話、煙詰創作など、大いに盛り上がりました。

 最後に事務担当から来年の全国大会のことについて事務連絡がありました。

 例会終了後は、例によって二次会で歓談。にぎやかで楽しいひと時を過ごしました。

【例会風景と集合写真】(氏名略)
集合写真

例会風景

■創棋会の今後の予定
***【次回例会】*************************************************
[日時] 2018年10月21日(日)13時~
[場所]  関西将棋会館 4F 多目的ルーム
   https://www.shogi.or.jp/about/base/kansai/
[会費]  千円(学生無料)
[課題] 「すらすら解ける20手台PartⅢ 」
   投稿要領はあらためて案内させていただきます。

***【次々回例会】**********************************************
[日時] 2018年12月16日(日)13時~
[場所]  関西将棋会館 4F 多目的ルーム
[会費]  千円(学生無料)
[課題] 「よくわかる作家の個性
   投稿要領はあらためて案内させていただきます。

***************************************************************
以上
スポンサーサイト

第273回例会報告(2018/4/15)

■第273回例会報告
日時:4月15日(日)13:00~17:30
場所:関西将棋会館 4F和室(水無瀬)
参加者:馬屋原剛、小林徹、則内誠一郎、谷本治男、鳥本敦史、中出慶一、中村雅哉、中村宜幹、
    西村章、野曽原直之、深井一伸、古川剛、吉松智明(以上13名)

 遠方より参加は、馬屋原、鳥本、深井の三氏。馬屋原さんは初参加、深井さんは実に10年ぶり。

 今回の課題は「ダブル不成」当日持参も含め多数の投稿をいただきました。参加者一同熱心に解図に取り組まれ、ほぼ解き終えたところで、16時過ぎから作者のコメントも交えながら一作ずつ鑑賞。
 各作品の「ダブル」の意味付けに一同肯くシーンもあり、もう少し手を入れる余地はないのかといった建設的なコメントも出たりして、選題の方向性が決まりました。
 選ばれた作品は詰パラ6月号の作品展で出題される予定です。

 その後、作品展担当の則内さんから、今後の課題について紹介がありました。
 次回の課題は一般募集していませんが、こちらは6月例会で選考し、詰パラ9月号で出題しますので、発表をお楽しみにしてください。
 8月例会は恒例のネット作品展「すらすら解ける20手台PartⅢ」。
 10月例会は、これまた近々公開し一般募集します。

 その後恒例の(?)一人一言。今回の課題への意気込み、次回課題への取り組み、北陸経由で創棋会に足を伸ばされた話、今年の全国大会のこと、作品集製作などについての話が出ました。

 最後に事務担当から、解答選手権運営協力へのお礼が述べられ、例会終了後は、二次会で歓談。にぎやかで楽しいひと時を過ごしました。

【例会風景】(氏名略)
例会風景201804_1

集合写真201804

■創棋会の今後の予定***【次回例会】*************************************************
[日時] 2017年6月17日(日)13時~
[場所] 大阪市立福島市民センター
  大阪市福島区吉野3‐17‐23
    地下鉄千日前線野田阪神駅、阪神電車野田駅、JR東西線海老江駅から徒歩5分。
    JR環状線野田駅から徒歩8分
      https://www.osakacommunity.jp/fukusima/
[会費] 無料
[課題] 一般募集していません。

***【次々回例会】**********************************************
[日時] 2017年8月19日(日)13時~
[場所]  関西将棋会館 4F 多目的ルーム
       https://www.shogi.or.jp/about/base/kansai/
[会費]  千円(学生無料)
[課題] 「すらすら解ける20手台PartⅢ
投稿要領はあらためて案内させていただきます。
***************************************************************

第271回例会報告(2018/1/21)

第271回例会報告

日時:1月21日(日)13:00~17:30
場所:関西将棋会館 4F多目的ルーム
参加者:上田吉一、川島敏嗣、kisy、小池正浩、小島正司、小林徹、則内誠一郎、
    谷本治男、冨永晴彦、鳥本敦史、中出慶一、中村雅哉、中村宜幹、野曽原直之、
    服部彰夫、松重郁雄、吉松智明(以上17名)

 遠方より参加は、小池さん、松重さんと、鳥本さん、服部さん、川島さんの香龍会の皆さん。また川島さんは初参加。
 奨励会開催日ということで幹事の北浜八段も少しだけ顔を出されました。

 今回、課題はなく、「発表コーナー」と題して各人発表したい作品があれば、A3用紙に問題を書いてホワイトボードに貼り出し、参加者で鑑賞することにしました。
 また年賀詰について、中出さんが持参された年賀詰と、「おもちゃ箱」の年賀詰一覧を各テーブルに置き、皆さんにご覧いただくこととしました。
 今回の目玉は「砂丘セレクション」。服部さんの作品集刊行準備中ということで、既刊の「砂丘」から抜粋した作品を皆さんに配付して解いていただこうというもの。

 「発表コーナー」は事前告知が不足していたにもかかわらず、松重・kisy・中出・中村(宜)・冨永・谷本の各氏から新題を出品いただきました。

 16時過ぎから作者による発表コーナーの解題。どの作品も特徴のあるものばかりで、いずれ発表されるものと思います。
 また「教材も使える10手台~実戦に役立つ詰将棋~」では則内さんから一作紹介があり、皆さんに投稿を促されました。
 服部さんが参加されているので12月号同人室の作品を解説してもらいました。「柿木」で解けない難解作という評判の作であり、服部さんの解説に、参加者一同ため息と驚きの入り混じった反応。結果稿が楽しみです。

 最後に事務担当から今後の予定について連絡があり、17時半過ぎから新年会会場に移動。
 新年会の会場は「大和水産 福島店」。
 冨永さんが所用で欠席され、残る16名でにぎやかな楽しいひと時を過ごしました。

【例会・新年会風景】(氏名略)
271例会風景1724

271例会風景1726

271例会風景1733

271例会風景1736

271例会色紙1733

■創棋会の今後の予定
***【次回例会】*************************************************
[日時] 2017年2月18日(日)13時~
[場所] 関西将棋会館 4F多目的ルーム
https://www.shogi.or.jp/about/base/kansai/
[会費] 千円(学生無料)
[課題] ネット作品展「教材に使える10手台~実戦に役立つ詰将棋~」。
        投稿は→ blogsokikaitusin@gmail.com

***【次々回例会】**********************************************
[日時] 2017年4月15日(日)13時~
[場所]  関西将棋会館 4F 和室
[会費]  千円(学生無料)
[課題] 「ダブル不成
        投稿は→ sokipara@yahoo.co.jp

***************************************************************
以上

第270回例会報告(2017年12月17日)

<第270回例会報告(2017年12月17日)>
 12月17日(日)の例会報告です。
 参加者の小池さんが「詰将棋の欠片」でも参加記を書かれていますので、あわせてご覧ください。

例会報告
<第270回創棋会例会>
 日時:12月17日(日)13:00~17:30
 場所:関西将棋会館 4F多目的ルーム
 参加者:上田吉一、岸本裕真、小池正浩、則内誠一郎、谷本治男、鳥本敦史、中出慶一、中村雅哉、中村宜幹、
      西村章、野曽原直之、服部友哉、南良文、柳原裕司、吉松智明(以上15名)

 小池さんと鳥本さんにはいつも遠方より参加いただきありがとうございます。また南さんが久方ぶりのご参加。
 初参加は服部さん。将棋の師匠である南さんと一緒に参加されました。

 今回の課題は「繰り返しを含む短編」ということで、投稿も二ケタと盛況。
 例会開始から1時間くらいは、皆さんまるで解答競争のように黙々と課題作に取り組まれました。易しく楽しい作品が多かったので、解いて納得の方が多かったことと思います。
 応募作は則内さんが大盤で解説されましたが、参加されている作者からのコメントもあり、盛り上がりました。
 選題は4作だけということでなかなか悩ましいことになりましたが、おおよその方向性が決まりました。掲載は来年の3月号。どうぞ楽しみにしてください。

 幹事の中出さんから今後の運営について話があり、今後創棋会の窓口を事務担当に一本化していきたいということで、その方向性について参加者から承認されました。

 参加者の近況報告では、新年会で宣言した今年の入選目標回数を達成したという方や、最近の自作発表について語られる方など、皆さん活躍されているのがよくわかりました。

 今後の予定については、以下のとおり連絡がありました。
   ・1月は昼間の例会を開催。終了後に恒例の新年会。
     課題はないので皆さんから話したいことがあればお願いしたい。
     たとえば「詰パラ○月号、私の一押し」とか「名作紹介」、「研究発表」など、なんでも結構です。
   ・2月例会の課題は、昨年に続いてネット作品展「教材に使える10手台」PartⅡを開催。
     今回のテーマは「実戦に役立つ」こととしたい。
     実戦型、囲い図式、格言の応用、実戦に応用できる手筋など、表現は自由です。
   ・4月例会の課題は「ダブル不成」(6月号作品展)。
     「ダブル」の解釈は自由です。双方不成、同じ駒を二度不成、同一地点に二種不成など色んな表現があると思います。

【例会風景】(氏名略)
例会風景1

例会風景2

<一人一言>
一人一言1

一人一言2

創棋会の今後の予定

***【次回例会】*************************************************
[日時] 2018年1月21日(日)13時~
[場所] 関西将棋会館 4F多目的ルーム
   https://www.shogi.or.jp/about/base/kansai/
[課題] なし(皆さんの発表したいことがあればお願いします)
  ※終了後新年会開催!
    <日時>1月21日(日)18時~
    <場所>大和水産 福島店
       TEL:06-6458-8581
       大阪市福島区福島5-13-18 福島ビル 1F
         JR大阪環状線福島駅 徒歩1分
       参考URL https://r.gnavi.co.jp/496uttxr0000/
    <会費>3千円(学生・女性千円)
     ★参加いただける方は、予約の都合もあるので、下記宛ご一報いただければ幸いです。
        blogsokikaitusin@gmail.com

***【次々回例会】**********************************************
[日時] 2017年2月18日(日)13時~
[場所] 関西将棋会館 4F多目的ルーム
[会費] 千円(学生無料)
[課題] ネット作品展「教材に使える10手台~実戦に役立つ詰将棋~」。
        投稿は→ blogsokikaitusin@gmail.com

***【その次の例会と課題】********************************************
[日時] 2017年4月15日(日)13時~
[場所] 未定(将棋会館または公共施設)
[会費] 未定
[課題] 「ダブル不成

***************************************************************
※当ブログのコメントは管理者承認制になっていますが、下記アドレスに直接ご意見をいただければ、必要に応じて、返信させていただくとともに、内容をブログに反映するようにいたします。
    blogsokikaitusin@gmail.com
以上

第268回例会報告(2017年10月15日)

<第268回例会報告(2017年10月15日)>

■例会報告
<第268回創棋会例会>
日時:10月15日(日)13:00~17:30
場所:関西将棋会館 4F多目的ルーム
参加者:小池正浩、則内誠一郎、谷本治男、鳥本敦史、中出慶一、中村雅哉、中村宜幹、
    西村章、古川剛士、柳原裕司、吉松智明(以上11名)

 小池さんと鳥本さんには遠方より参加いただきありがとうございました。
 また西村さんが初参加。西村さんは8月号の表紙で初入選されたばかりで詰将棋に熱中されているとのことで、「柿木将棋」の入手方法や、変同の判断などについてご質問がありました。こういうときすぐに参加者から色々なコメントが出されるのが会合のいいところです。柿木は、早速帰宅してからネット購入をされたとのこと。うまくいってよかったですね。
 今回の例会は課題作が揃うかどうかが最大の懸案でしたが、例会の席上で創作完成に向けて取り組む強者もいて複数作品がラインアップ。則内さんが大盤で解説され、何を選ぶかの目安を示されました。今から12月号が楽しみです。
 課題作検討に続いて参加者の近況報告では、鳥本さんから大道棋教室のPRがあり、また柳原さんからは明石六郎さんの囲碁将棋サロンに遊びに来てくださいというお話がありました。
 最後に事務担当から、以下の3点について報告がありました。
  ・今回の「すらすら解ける20手台」は反省の残る内容となった。
   次回は応募条件の明示や選題の工夫を行いたい。
  ・1月は恒例の新年会に加えて昼間の例会を行う。
   課題はないので皆さんから話したいことがあればお願いしたい。
  ・2月例会の課題は、昨年に続いてネット作品展「教材に使える10手台」PartⅡを開催。
   今回のテーマは「実戦に役立つ」こととしたい。
 終了後は新年会会場の下見を兼ね、有志で福島駅前の居酒屋に行き、楽しい詰将棋談議に時を忘れました。

【例会風景】(敬称略)
例会1015_2
(左から):小池、中出、柳原、西村、古川、谷本

例会1015_4
(左から):中村(宜)、鳥本

例会1015_3
(左から):中村(雅)、則内

例会1015_1
(左から):古川、鳥本、中村(雅)、中村(宜)、谷本、中出、小池、則内、西村

■創棋会45周年記念作品(最終回)
 45周年記念の会合の様子については、先日例会報告をさせていただきました。
  → http://sokikaitusin.blog.fc2.com/blog-entry-127.html
 記念作品が多数集まりましたので、何回かに分けて紹介させていただきましたが、今回が最終回。
 今回はパラ10月号に掲載された作品について簡単に解説させていただきます。


中村雅哉作 「45」
(創棋会45周年記念 2017.8.20 例会、パラ2017年10月号「ちえのわ雑文集」)
45.png

 盤面曲詰「45」。なんと小駒図式です!
 初手34銀と引く手が有力です。55玉、56歩、同桂、54銀成、同玉、53桂成と捌けば66香の利きが通っていかにも筋に見えます。しかし55玉とされると、54成桂と捨てるしかなく、同玉に、44と としても、65銀と打っても、明らかに戦力が足りません。
 俗ですが35金と と金を取って歩を補充しておくのが正解。これは同金と取る一手。
 そこで34銀と引き55玉に、56歩と打ちたいのを我慢して、54銀成から53桂成と捌きます。そしてあっさり54成桂と捨てて65銀と打つのが意表を突く打ち換え。63玉と落ちられると捕まりそうに思えますから、なかなか指しにくいところです。
 そして63玉に64銀と桂を取って清算してしまうのも指しにくい手順。
 64同玉に53銀と打てば詰形ということに気がつかないと、なかなか指せません。
 83歩成と金を取って75桂と打ってようやく収束が見えてきました。
 72玉に歩の連打、83金から81歩成と細かく捌いて91玉の雪隠詰です。
 大きな初形を小駒図式でまとめ、手順も小駒特有の細かな綾があり、よく出来ていると思います。

【作意】35金、同金、34銀生、55玉、54銀成、同玉、53桂成、55玉、54成桂、同玉、
  65銀、63玉、64銀、同銀、同香、同玉、53銀、73玉、83歩成、同玉、
  75桂、72玉、73歩、81玉、82歩、91玉、92歩、同玉、83金、91玉、
  81歩成、同玉、72歩成、91玉、82とまで35手詰


中村雅哉作 「4」
(創棋会45周年記念 2017.8.20 例会、パラ2017年10月号「サロン」)
4→5

 続いて中村さんの初形「4」です。
 47飛がブラですから56金捨てから57金と拠点を築きます。
 続いて凝り形の53金と44金の二枚を捌きます。
 54金から42桂を奪います。
 最後は53角成と活用し、55玉に67桂までの詰み。
 詰上りは「5」になりました!
 本局は「4」→「5」への立体曲詰でした。

<詰上り:67桂>
4→5詰上り

【作意】56金、同玉、57金、55玉、54金、同桂、同金、同玉、53角成、55玉、67桂まで11手


吉松智明作 「81」
(創棋会45周年記念 2017.8.20 例会、パラ2017年10月号「ちえのわ雑文集」)
81.png

 盤面曲詰「81」です。柴田さんの盤寿祝いに創作されたものです。
 初手は一目13角成。ここで35捨合が利けば面白いが、桂香が品切れなので飛角金銀しかなく、たとえば銀合なら同香、43玉、44銀という筋で47龍があって詰む。ここは43玉と引く一手。 
 53桂成から31馬と活用するのが継続手段。
 54玉と上部脱出には63龍と切ってしまうのが好判断。銀を入手して玉を下段に戻す。
 63同玉には64銀と活用。
 ここで54玉なら55銀打ちから32馬で捕まっている。
 また52玉なら53馬と引き、41玉に、42銀、32玉、33銀成、21玉、31馬というきれいな変化がある。41玉のところで61玉なら62銀と打って同様の変化がある。
 危ないようでも72玉と引くしかない。
 平凡に73銀成とするが、81玉に82銀と打っては打歩詰なので72成銀と突っ込む。
 玉方も、92玉、93歩、同玉、82銀、83玉、73香成、92玉としぶとく逃げて打歩詰に誘う。
 ここで作意は91銀成から92成銀と捌くのだが、81銀生から92銀成でも詰むのは大きなキズ。
 82銀を消去すれば打歩詰が打開でき、82成銀から94歩と打って詰み。

【作意】13角成、43玉、53桂成、同玉、31馬、54玉、63龍、同玉、64銀、72玉、
  73銀成、81玉、72成銀、92玉、93歩、同玉、82銀、83玉、73香成、92玉、
  91銀成、93玉、92成銀、同玉、82成銀、93玉、94歩、同成香、83成香まで29手詰


則内誠一郎作 「八一」
(創棋会45周年記念 2017.8.20 例会、パラ2017年10月号「サロン」)
八一v2_則内

 本作も柴田さんの盤寿祝いに創作いただいたものです。
 前作が数字なら本作は漢字の盤面「八一」です。
 53角成が見えていますが32玉とされると、25飛の利きもあって詰みません。
 中段に追うようですが、42角成とします。
 44玉と逃げたときに狙いの53馬です。
 取れば54金の一発なので5段目に逃げますが、一見広そうな55玉は54馬がピッタリで66玉に76金までなので、35と55の二つの逃げ道を用意する45玉が正解。
 今度54馬なら35玉で脱出されますから、54銀生と活用します。これは55玉の一手。
 そこで44馬が決め手です。同玉に54金まで。
 短編らしくきびきびした手順の盤面曲詰でした。

【作意】42角成、44玉、53馬、45玉、54銀生、55玉、44馬、同玉、45金迄9手


 記念作品10作品をすべて紹介させていただきました。


■創棋会の今後の予定

***【次回例会】*************************************************
[日時] 2017年12月17日(日)13時~
[場所] 関西将棋会館 4F多目的ルーム
   https://www.shogi.or.jp/about/base/kansai/
[会費] 千円(学生無料)
[課題] 3月号掲載作品展「繰り返しを含む短編」。17手以内
       投稿は→ sokipara@yahoo.co.jp
       編集部に郵送いただいても結構です。

***【次々回例会】**********************************************
[日時] 2018年1月21日(日)13時~
[場所] 関西将棋会館 4F多目的ルーム
[課題] なし
  ※終了後新年会開催!
   場所は決定次第連絡させていただきます。

***************************************************************
※当ブログのコメントは管理者承認制になっていますが、下記アドレスに直接ご意見をいただければ、必要に応じて、返信させていただくとともに、内容をブログに反映するようにいたします。
    blogsokikaitusin@gmail.com
以上