FC2ブログ

第285回例会報告

第285回例会報告

日時:1月19日(日)13:00~17:00
場所:大阪市福島区民センター302号
参加者:上田吉一、加藤徹、小林徹、柴田昭彦、谷本治男、鳥本敦史、中出慶一、中村宜幹、西村章、
     原田豪、藤野勝好、三阪将敏、吉松智明、若島正(以上14名、敬称略)
  *柴田さんと若島さんは新年会のみ参加。藤野さんは例会のみ参加。

 令和初の新年例会。遠方からのご参加は、加藤さんと鳥本さん。
 加藤さんはなんと約40年ぶりのご参加!
 好天に恵まれましたが、いささか出足が悪く、14時をまわっても数名という状況。
 皆さん「課題」が無いとだめなのか、あるいは新年会が目的なので出足遅めなのか、などとあれこれ考えてしまいました。
 今回は、課題は無くても盛沢山のプログラムだったので、14時半頃から企画その1の開始です。
 企画その1は「合評室」。その昔パラ誌上で新人の投稿作に実力作家が改良案などを示すコーナーがありましたが、参加者から新作を披露いただき、それに対して他の参加者がコメントするというものです。
 初の試みでしたが、提案者の中出さんから自作が披露されました。
 入選500回の大ベテランに臆することなく、フロアーから色々な意見が出されました。具体的な改良方針が示されたりして、作者にとっても何らかの気づきが得られたものと思います。これからも機会があればやってみたいと思います。
 続いては本日のメインイベント、年賀詰鑑賞です。
 これは加藤さんのおもちゃ箱に展示されている年賀詰を参加者で鑑賞しようというもの。
 事前に加藤さんにお伝えしたら、それでは久方ぶりで創棋会に参加しますというお返事をいただきました。
 さらには棋譜ファイルまで提供いただき、加藤さんには厚くお礼申し上げます。(拙いPC操作もカバーいただき、重ねて感謝申し上げます。)
 フェアリーも含めると60作を超える大量の作品でしたが、何とか2時間かからずに紹介することが出来ました。投票用紙も配付したので、その場で皆さんに投票いただきました。
 投票は2月末まで。一人何作でもOKですから、皆さん奮って投票ください。
  おもちゃ箱の年賀詰 → http://www.ne.jp/asahi/tetsu/toybox/kinen/kinen026.htm

 その後は事務連絡。
 3月号作品展「捌きを楽しむ作品」は、追加投稿もなかったので、12月例会で絞り込んだ有力4作を出品することになりました。
 今後の例会予定を確認し、課題についての意見交換のあと、作品集についても少し考え方をお伝えしました。

 例会終了後はお待ちかねの新年会。
 会場は阪神野田駅の「桜百番」。
 人数は13名とやや少なめでしたが、久方ぶりの参加者もおられ、会話が盛り上がります。
 途中で一人一言をお願いしましたが、前向きな抱負を語られる方が多く、大いに刺激を受けました。

【新年会風景など】(氏名略)
2020新年会1

2020新年会2

集合写真

2020新年会3

■創棋会の今後の予定
***【次回例会】************************************************* 
[日時] 2020年2月16日(日)13時~
[場所]  大阪市港区民センター 楓 
  〒552-0007 大阪市港区弁天2-1-5
    アクセス → https://www.osakacommunity.jp/minato/access.html
    <最寄駅>地下鉄中央線・JR環状線「弁天町」徒歩7分
[会費]  無料
[課題]  ネット作品展「教材に使える10手台~大駒捨てのある作品~
***【次々回例会】*********************************************** 
[日時] 2020年4月19日(日)13時~
[場所]  大阪市福島区民センター 302号(広い部屋です)
  〒553-0006 大阪市福島区吉野3-17-23
    アクセス → https://www.osakacommunity.jp/fukusima/access.html
[会費] 無料
[課題] 後日案内させていただきます。
****************************************************** 

★課題作の投稿などはこちらまで → blogsokikaitusin■gmail.com(■を@に変えてください)
以上
スポンサーサイト



創棋会第284回例会報告

第284回例会報告

日時:12月15日(日)13:00~17:00
場所:大阪市福島区民センター304号
参加者:小池正浩、則内誠一郎、谷本治男、冨永晴彦、鳥本敦史、中出慶一、中村宜幹、西村章、野曽原直之、
     原田豪、広瀬稔、藤野勝好、吉松智明(以上13名、敬称略)

 師走はご多忙の方も多いのではないかとチョッピリ心配していたのですが、13名の方にご参加いただきました。
 遠方よりご参加は、小池さん、鳥本さん、広瀬さんの3名。広瀬さんは福岡に移られて以来、約3年ぶりのご参加。
 今回の課題は「捌きを楽しむ作品」。3月号の出題なので、あまり肩の凝らない、解いて楽しめる、解後感の良い作品をお見せしたいと考えた次第です。
 お一人で複数作を送って下さった方もあり、常連・客員あわせて、10作以上の投稿をいただきました。
 20手台の作品が多く、解図に取り組んでいただいた皆さんには、たっぷり楽しめた(笑)ことと思います。
 「捌きとはなんぞや」という意見交換もありましたが、多様な解釈があるのは当然で、そういう意味では多彩な作品が揃ったとも言えます。
 15時50分頃からは解説タイム。有力作を絞り込みましたが、3月号出題ということもあり、最終決定は1月例会という運びとなりました。
 最後は事務連絡。今後の課題や来年の行事スケジュール課題などについて情報共有。
続 いて参加者の近況報告。転居や仕事の話、資格試験、短コンの感想など、皆さんから最近の出来事をお話しいただきました。
 最後は集合写真を撮って解散。
 二次会には10名が参加し、ちょっとした忘年会モード。
 場所は下見を兼ねて新年会に予約しているお店で、楽しいひと時を過ごしました。

【例会風景と集合写真】(氏名略)
20191215_1.png

20191215_2.png

20191215_3.png

■創棋会の次回課題
☆ネット作品展(2月出題予定)の課題
 「教材に使える10手台~大駒捨てのある作品」。
 今回の「教材」のテーマは「大駒捨て」です。
 初めて詰将棋の面白さを知ったのは「捨駒」だという方が多いのではないでしょうか。
 そのなかでも「大駒捨て」には一段とインパクトがあったかと思います。
 将棋の川柳に「ヘボ将棋王より飛車をかわいがり」とありますが、大駒は大切な駒です。
 その価値の高い大駒を捨てて玉を詰めるわけですから、これ以上ない痛快さです。
 ネット作品展では、思わず詰将棋が好きになる、そんな「大駒捨て」のある作品を揃えたいと思いますので、作家の皆さま、奮ってご投稿ください。
 2月例会で選考し、2月下旬に当ブログ「創棋会通信+α」で出題します。
  投稿は→ blogsokikaitusin■gmail.com(■を@に変えてください)

■創棋会の今後の予定
***【次回例会】************************************************* 
[日時] 2020年1月19日(日)13時~
[場所]  大阪市福島区民センター 302号(広い部屋です)
   〒553-0006 大阪市福島区吉野3-17-23
   アクセス → https://www.osakacommunity.jp/fukusima/access.html
[会費]  無料
[課題] なし

★☆★ 終了後新年会開催 ★☆★
[日時] 2020年1月19日(日)17時30分~
[場所] 「桜百番」
  〒553-0001 大阪市福島区海老江1-1-14 阪神野田駅内2F
  TEL:06-6451-8756
     アクセス https://sakura100ban-noda.gorp.jp/
     <最寄駅> 阪神本線 野田駅 徒歩1分
              地下鉄千日前線 野田阪神 徒歩2分
              JR東西線 海老江駅 徒歩3分
[会費] 3,000円(学生・女性1,000円)
★予約の都合上、ご参加いただける方は事前に連絡いただきますようお願いします。
  連絡はこちらまで → blogsokikaitusin■gmail.com(■を@に変えてください)

***【次々回例会】*********************************************** 
[日時] 2020年2月16日(日)13時~
[場所]  大阪市港区民センター 楓 
   〒552-0007 大阪市港区弁天2-1-5
     アクセス → https://www.osakacommunity.jp/minato/access.html
     <最寄駅>地下鉄中央線・JR環状線「弁天町」徒歩7分
[会費]  無料
[課題]  ネット作品展「教材に使える10手台~大駒捨てのある作品~
****************************************************** 

★課題作の投稿などはこちらまで → blogsokikaitusin■gmail.com(■を@に変えてください)
以上

創棋会第283回例会報告(2019.10.20)

第283回例会報告
日時:10月20日(日)13:00~17:00
場所:大阪市港区民センター楓
参加者:小林徹、則内誠一郎、谷本治男、鳥本敦史、中出慶一、中村宜幹、西村章、野曽原直之、原田豪、古川剛士、吉松智明(以上11名、敬称略)

 台風被害のあった皆さまには謹んでお見舞い申し上げます。
 さて、今回の会場は数ヶ月ぶりに港区民センター。
 パラの会合案内に、住所や最寄り駅の情報を載せなかったので、ご不便をおかけしたかもしれません。以後注意します。
 参加者はチョッピリ少なめの11名でしたが、遠方より鳥本さんが来場、また古川さんは1年ぶりに顔を出していただきました。
 今回の課題は「複数の打歩詰関連手筋を含む作品」。
 ちょっとマニア向けの課題としてみたのですが、それでも当日持参を含めて10作近い投稿をいただきました。
 それぞれ一ひねりある作品で、解図に取り組んでいただいた皆さんも良い汗をかかれたようです。
 15時50分からは解説タイム。意欲作の数々に一同なるほど。
 含まれる手筋、難易度や手数などを勘案し、4作を選考しました。
 12月号をお楽しみにしてください!
 最後は事務連絡。今後の課題、解答選手権の協力依頼、作品集のことなどを意見交換し、集合写真を撮って解散。
 二次会には8名が参加し、近所の居酒屋で楽しいひと時を過ごしました。
                                                以上

【例会風景と集合写真】(氏名略)
191020_1.png

191020_2.png

191020_3.png

■創棋会の次回課題
☆3月号掲載作品展の課題
・「捌きを楽しむ作品」。29手以内。
 「捌き」。皆さんはこの言葉からどのようなイメージを持たれるでしょうか?
 詰パラの結果稿などで「よく捌けて気持ちが良い」といった短評を見かけます。
 捌ける詰将棋は、気持ちがいい。
 それはなぜでしょう。
 村山隆治さんの『詰将棋手筋教室』(2000年 毎日コミュニケーションズ)の用語辞典では「捌き」について、「盤上の駒が十分に活用され、動き回って盤上から消えていくプロセスのこと」と説明されています。
 駒が活用される、駒が動き回る、駒が消えていく、この三要素をあげておられます。
 いずれも解いて楽しく、さわやかさが味わえる要素と言えます。
 言葉では十分説明しきれないところのあるテーマですので、次回から少しずつ例題を紹介させていただきますが、作家の皆さまには、各人の感性で、楽しめる作品をお寄せいただきたいと思います。
 12月例会で選題します。
 投稿は→ blogsokikaitusin■gmail.com(■を@に変えてください)まで

■創棋会の今後の予定
***【次回例会】************************************************* 
[日時] 2019年12月15日(日)13時~
[場所]  大阪市福島区民センター 304号
  〒553-0006 大阪市福島区吉野3-17-23
     アクセス → https://www.osakacommunity.jp/fukusima/access.html
  <最寄駅>地下鉄千日前線「野田阪神」、JR東西線「海老江」、阪神本線「野田」
[会費]  無料
[課題] 3月号作品展「捌きを楽しむ作品」29手以内

***【次々回例会】*********************************************** 
[日時] 2020年1月19日(日)13時~
[場所]  大阪市福島区民センター 302号(広い部屋です)
[会費]  無料
[課題] なし
  ★☆★ 終了後新年会開催 ★☆★
     場所は阪神「野田」近くの居酒屋を予定。
     開始時間は17時30分。
     会費等詳細は12月初旬にご案内。

***【先々の予定】*********************************************** 
[日時] 2020年2月16日(日)13時~
[場所]  大阪市港区民センター 楓 
  〒552-0007 大阪市港区弁天2-1-5
     アクセス → https://www.osakacommunity.jp/minato/access.html
  <最寄駅>地下鉄中央線・JR環状線「弁天町」徒歩7分
[会費]  無料
[課題] 未定(ネット作品展「教材」) 12月例会終了後にご案内の予定
****************************************************** 

★課題作の投稿などはこちらまで → blogsokikaitusin■gmail.com(■を@に変えてください)

例会報告(8月18日)

■例会報告
日時:8月18日(日)13:00~17:00
場所:大阪市福島区民センター302
参加者:久保紀貴、小池正浩、小林徹、小林尚樹、則内誠一郎、田川雄大、谷本治男、中出慶一、
     中村宜幹、西村章、野曽原直之、原田豪、廣瀬崇幹、藤野勝好、吉松智明(以上15名、敬称略)

 いつもより広めの部屋を確保したところ、遠方よりご来場の方に、初参加の方にと、大賑わいとなりました。
 遠方より参加は、久保さん、小池さん、小林(尚)さん、田川さんの4名。
 小林さんと田川さんは初参加。
 小林さんはパラ誌上でお馴染みの実力者。
 田川さんはスマホ詰パラで活躍中、「暁将棋部屋」第4号にはインタビューも掲載されており、話題の「青い鳥」にも作品が収録されています。
 今回の課題は、恒例となりましたが、創棋会のネット作品展「すらすら解ける20手台」。
 なんと当日持参も含めて25作の大量投稿!
 皆さんで解図に取り組んでいただきましたが、数が多いので、15時30分からは解説タイム。
 管理人の準備が悪く、グダグダになる場面もありましたが(汗)、参加者のご協力で時間内に選考を終えることが出来ました。
 (小林さんには大盤解説の補佐、ありがとうございました)
 投稿者には新しい顔ぶれもあり、すらすら度の高い作品が揃いました。
 もちろん20手台ですから一目では解けない作品もありましたが、手順が分かればなるほどというものばかり。
 選考された作品は、8月22日(木)の夜に創棋会のブログで一斉出題します。
 多くの方に楽しんでいただける作品展が開催できると思いますので、ぜひ解答で盛り上げていただけますようお願いします。
 最後は時間切れで、事務連絡や一人一言の時間が取れず、集合写真を撮って解散。
 二次会には10名が参加し、近所の居酒屋で楽しいひと時を過ごしました。
 語り足りないメンバー数名は、さらにその後もファストフードで詰棋談議に興じました。

【集合写真】(氏名略)
集合写真

■創棋会の次回課題
☆12月号掲載作品展の課題
・「複数の打歩詰関連手筋を含む作品」。29手以内。
 打歩詰を巡る手筋は実に多彩です。
 思いつくままに挙げるだけでも、不成、打診、森田手筋、ブルータス手筋、不利逃避、不利合、不利先打等々、さまざまな手筋があります。
 新手筋、珍手筋、組み合わせの妙、作家の皆さんの腕の見せ所です。
 奮って投稿ください。
・10月例会で選題します。
 投稿は→ blogsokikaitusin■gmail.com(■を@に変えてください)


■創棋会の今後の予定
***【次回例会】************************************************* 
[日時] 2019年10月20日(日)13時~
[場所]  大阪市港区民センター 楓
       ※今回は福島区民センターではないのでご注意ください
    〒552-0007 大阪市港区弁天2-1-5
      アクセス → https://www.osakacommunity.jp/minato/access.html
[会費]  無料
[課題] 12月号作品展「複数の打歩詰関連手筋を含む作品」29手以内

***【次々回例会】*********************************************** 
[日時] 2019年12月15日(日)13時~
[場所]  大阪市福島区民センター 304号
    〒553-0006 大阪市福島区吉野3-17-23
      アクセス → https://www.osakacommunity.jp/fukusima/access.html
[会費]  無料
[課題] 3月号作品展「捌きを楽しむ作品」29手以内
****************************************************** 

★課題作の投稿などはこちらまで → blogsokikaitusin■gmail.com(■を@に変えてください)

第281回例会報告(2019年6月16日)

創棋会第281回例会報告
日時:6月16日(日)13:00~17:00
場所:大阪市福島区民センター303
参加者:大西智之、岸本裕真、小林徹、則内誠一郎、谷本治男、冨永晴彦、中出慶一、中村雅哉、中村宜幹、西村章、野曽原直之、原田豪、廣瀬崇幹、藤野勝好、メロン、吉松智明(以上16名、敬称略)

 令和初の例会は、遠方より大西さんが初参加。常連会員が揃って顔を出され大賑わいとなりました。
 今回の課題は「簡素図式」。小泉潔さんの編纂された「Limit7」の刊行もあり、タイムリーな企画だったように思います。
 投稿は、当日持参を含めて11作。参加者一同解答に取り組み、作品鑑賞は作者による解説も交えて行われました。
 甲乙つけがたい作品揃いでしたが、候補作を選考し、最終選題は事務局一任とさせていただきました。

 その後は事務連絡。
 8月例会は恒例となった「すらすら解ける20手台」のPartⅣです。会場は少し広い部屋が取れましたので多くの方の参加をお待ちしています。
 10月例会は12月号出題で課題は「複数の打歩詰関連手筋を含む作品」(29手以内)です。バラエティに富んだ作品の投稿をお待ちしています。
 2019全国大会の準備も佳境に入ってきました。大会当日も運営には人手がかかりますので多くの皆さんにお手伝いいただけますようお願いします。
 最後は集合写真を撮影。
 その後はほとんどの方が二次会に参加され楽しいひと時を過ごしました。

【例会風景】(氏名略)
例会風景0616_1
例会風景0616_2
例会風景0616_3




■創棋会の今後の予定
***【次回例会】************************************************* 
[日時] 2019年8月18日(日)13時~
[場所]  大阪市福島区民センター 302号 ← いつもより広い部屋です ^^)
  〒553-0006 大阪市福島区吉野3-17-23
    アクセス → https://www.osakacommunity.jp/fukusima/access.html
[会費]  無料
[課題] ネット作品展「すらすら解ける20手台PartⅣ

***【次々回例会】*********************************************** 
[日時] 2019年10月20日(日)13時~
[場所]  大阪市港区民センター 楓
  〒552-0007 大阪市港区弁天2-1-5
    アクセス → https://www.osakacommunity.jp/minato/access.html
[会費]  無料
[課題] 12月号作品展「複数の打歩詰関連手筋を含む作品」29手以内

★課題作の投稿などはこちらまで → blogsokikaitusin■gmail.com(■を@に変えてください)
以上