FC2ブログ

【結果発表】ネット作品展「すらすら解ける20手台」PartⅢ<11回目>

【結果発表】ネット作品展「すらすら解ける20手台」PartⅢ<11回目>

■パラ9月号創棋会作品展パスワードクイズは受付中です!
 詰パラ9月号(21P)の創棋会作品展
 今回は合作による「あぶり出し」が課題、組曲で詰上りが想像しやすい作品展だったと思いますが、ご解答いただけたでしょうか。
 連動企画の「パスワードクイズ」は引き続き受付中です。
 詰上り4文字(手順解答は不要)を下記に送ってください。こちらの賞品にはレア品を用意しています。よろしくお願いします。
    blogsokikaitusin@gmail.com

■「すらすら解ける20手台」part結果発表<11回目>
 創棋会のネット作品展「すらすら解ける20手台」には、13名の方から解答をいただきました。
 解答いただいたのは次の方々です(敬称略)。皆様ありがとうございました。
   有吉弘敏、奥鳥羽生、則内誠一郎、鷲見慎吾、中出慶一、野々村禎彦、himasume、
   福原徹彦、三輪勝昭、RINTARO、安田恒雄、柳原裕司、山下誠
 昨年より「すらすら度」は上がったと思いますが、23問と言う大量出題!
 多数の方に解答に取り組んでいただきましたこと、あらためて感謝申し上げます。
 PartⅠ・Ⅱ以上に、楽しんでいただける作品も多かったのではないかと思います。
   ※出題 →  http://sokikaitusin.blog.fc2.com/blog-entry-202.html

 それでは今回は鷲見慎吾さんの作品です。

⑭鷲見慎吾作
14.png

【作意】
 13歩、21玉、22歩、同玉、33銀、13玉、14歩、12玉、24桂、同歩、
 13歩成、同玉、24銀成、12玉、13歩、21玉、22歩、同玉、33飛成、21玉、
 12歩成、同玉、13成銀、21玉、22成銀まで25手詰

【正解】
 9手目→24桂
 手数→25手

【評点】(Aは3点、Bは2点、Cは1点とし、誤無解を除いて集計)
 平均点:2.09、A:3、B:6、C:2、誤解:0、無解:1、無評価:1

【作者のことば】
 比較的簡素な初形と詰上り清涼が取り柄の中編詰将棋です。
 手順中に合駒が発生しないうえ、これといった変化や紛れがないため、今回の作品展テーマである『すらすら解ける20 手台』に当てはまるのではないかと思い応募させて頂きました。

★14作目は鷲見慎吾さんの作品。
 「すらすら解ける20手台」には初参加の作者。スマホ詰パラではペンネームでは活躍中。これからもよろしくお願いします。
 コンパクトな初形。持駒は多いのですが、歩は打ち捨てに消費することが予想されるので面倒な感じはしません。
 また一見して、13歩から14歩と押さえる手や、21玉に22歩から33銀とする筋などが目に入りますので、手をつけやすいと言えるでしょう。
 とにかく13歩と打ってみましょう。
 同玉なら14歩と打ちます。12玉は32飛成があるので22玉と引きます。
 33銀と打って21玉に22歩とこれしかないという手が続きます。12玉となったところで24桂と捨てるのがうまい手です。

<9手目:24桂>
14_24桂

 同歩と取らせてから13歩成とすれば24銀成で手が続きます。
 24桂捨は質駒を作る手筋の一着でした。
 24銀成には12玉と引き、13歩を打たせてから22玉としますが、33飛成と成り込めば21玉に12歩成から13成銀と入って詰みます。
 しかし一歩余ってしまいました。
 となると13歩には21玉と引いて22歩と打たせるのが最善のようです。
 22同玉に33銀と打ち、13玉にいったん14歩と打って12玉と引かせてから24桂が学習済みの手筋ですね。
 同歩に13歩成、同玉、24銀成と一歩補充して、12玉には13歩、21玉には22歩から33飛成と成り込みます。
 21玉に12歩成と成捨て、同玉に13成銀から22成銀までの清涼詰。


鷲見慎吾:自作です。他の作品を見て、ちょっと簡単すぎたんじゃないかと思っています。

★この作品展は「簡単でも楽しければ良い」という考え方もありということで開催しています。

山下誠:簡素な初形から歩を使ったリズミカルな攻めが最後まで続いて爽快。

★形が良い、手順も爽快、ということで作品展にはピッタリです。

RINTARO:好形からスラスラ解けました。課題にぴったりです(10/7追記)

三輪勝昭:手数順でなければこれを①番に置きたい。

★今回の出題順は手数順でしたが、難易度順やすらすら順というのもありましたね。

中出慶一:13番と同様。簡素形で流れる手順で清涼詰に終わるが、手順に中身がない、印象です。歩の捌き捨てはあるものの、はっきりした捨ては9手目のみは寂しい。

★流れを楽しんでいただければ作者も満足?もちろん捨駒がもう少しあれば言うことないのですが。

奥鳥羽生:歩が活躍する不規則趣向。

★13歩や22歩が繰り返されるのは趣向の香り。

福原徹彦:歩の細かい使い方が良いし、銀の活用の仕方が良い感触。

★銀が引いて成るのはいい感触ですね。

則内誠一郎:2手目同玉を先に読む。

★何度か試行錯誤して正解にたどり着いた方もいらっしゃったと思いますが、そこに煩雑さはありません。

野々村禎彦:23への効きが強くこの手順しかないが、コンパクトに巧く割り切れている。

★なるほど23地点は守りが強力ですね。
 11桂と31桂の二枚が必要な理由は作者からご説明いただけると有難いです。

安田恒雄:3×5のコンパクトな初形で悩む所なし。

★スッキリ、アッサリ、解いて気持ちよく。

有吉弘敏:狭い玉ですが、想定した手順が出てくる。

★予定調和もある意味心地よく。

☆結果発表へのご意見や感想などがあれば、下記宛にご一報ください。
 随時紹介させていただきますので、よろしくお願いします。
    blogsokikaitusin@gmail.com


■創棋会の今後の予定
***【次回例会】*************************************************
[日時] 2018年10月21日(日)13時~
[場所]  関西将棋会館 4F 多目的ルーム
   https://www.shogi.or.jp/about/base/kansai/
[会費]  千円(学生無料)
[課題] 「よくわかる作家の個性
   投稿は→ sokipara@yahoo.co.jp

***【次々回例会】**********************************************
[日時] 2018年12月16日(日)13時~
[場所]  関西将棋会館 4F 多目的ルーム
[会費]  千円(学生無料)
[課題] 「未定」決定しましたら案内させていただきます。
*************************************************************** 
以上
スポンサーサイト
コメント

No title

作者から連絡があり31桂は不要とのことでした。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する