FC2ブログ

もうすぐ例会~創棋会例会は12月16日(日)~

<もうすぐ例会~創棋会例会は12月16日(日)~>

 近所の図書館はレトロな洋館の雰囲気。
 ときどき利用させていただいています。
図書館

■将棋世界1月号
・イメージと読みの将棋観(148P)
 「無双・図巧を全部解けばプロの四段になれるか?」という質問は世代差が表れていて興味深いです。読みの力を鍛えることに意味はあるが指将棋の棋力アップには関係ないというのが平均的な意見のように受け止めました。
 実戦で20~30手の詰みを読むことはあっても50手台というのはない、また詰将棋には答があって実戦では詰むかどうかわからないということもあります。
 「詰将棋が実戦の役に立つ」というのは、初心から中級あたりまでは、棋力向上の方法の一つとして間違いのない話だと思いますが、高段者のレベルではちょっとフィットしないということなのでしょうね。
・内藤九段のエッセー(194P)
 有名な実戦初形創作についての思い出話などを語っておられます。弟子に「長編詰将棋を作ろうとしないこと」とお話しされたというのが面白い。
・編集日誌(241P)
 なんと詰パラ11月号の大学院の問題(齋藤・岩村両氏の合作)が転載されています情報源が宮田敦史六段というのも素晴らしい。
・2月号の付録はプロ棋士の詰将棋。これも楽しみです。


■もうすぐ例会
 次回例会は以下の通りです。今年最後の例会です。皆さまのご参加。お待ちしています。
  [日時] 2018年12月16日(日)13時~
  [場所]  関西将棋会館 4F 多目的ルーム
    https://www.shogi.or.jp/about/base/kansai/
  [会費]  千円(学生無料)
  [課題] 「平成31年に因んだ作品」(29手以内)
    投稿はこちらまで → blogsokikaitusin@gmail.com

■創棋会の次回課題~平成31年に因んだ作品~
 創棋会の次回課題は「平成31年に因んだ作品」(29手以内)です。
 パッと浮かぶのが、平成の「31」、西暦の「2019」、干支は「亥(ヰ)」というところ。
 これだけでもさまざまな表現が可能なのではないでしょうか。

 投稿作は12月例会(12/16)で選考の上、3月号で出題の予定です。
 平成最後の年に相応しい好作の投稿をお待ちしています。
 投稿はこちらまで →  blogsokikaitusin@gmail.com

 それでは例題紹介です。
 今回は曲詰を三作紹介させていただきます。


森田正司作 近代将棋・詰パラ1983年2月(『現代詰将棋中編名作選』第39番_修正図)
森田「ヰ」

 盤面「ヰ」の字。1983年(昭和58年)の年賀詰。
 森田さんは当時、年賀詰には盤面曲詰を手がけておられました。本局もその一つ。
 玉は狭いがこのままでは打歩詰。
 まずは65銀と桂馬を入手。
 同との局面で53桂成と捌くのが筋に見えるが、同玉、63と、42玉、33歩成、41玉、42歩、31玉、43と と手は続きますが22玉とされて僅かに詰みません。
 55歩から清算するのが正解です。
 65同玉まで進めて、67桂と拠点を据えます。
 65玉、75と、54玉でまたもや打歩詰。
 ここで56飛と捨ててしまうのが思い切った一手。

<11手目:56飛>
森田「ヰ」56飛

 同桂と取らせれば55歩が打てます。
 以下、44玉に33桂成から43成桂と銀を奪い、合駒の歩も取って、33歩成から32銀と打って収束です。
 きれいに捌ける盤面曲詰の好作です。

【手順】65銀、同と、55歩、同と、同金、同玉、67桂、65玉、75と、54玉、
  56飛、同桂、55歩、44玉、33桂成、45歩、43成桂、同玉、45香、32玉、
  33歩成、21玉、32銀、11玉、12歩、同玉、23銀成、21玉、22とまで29手詰


田中至作「ヰ」 1969年5月 『過雁組曲』第25番
田中「ヰ」

 65金が質駒だがいきなり65金と取っては同香で64に逃げ道が出来てしまいます。
 45金と押さえて56玉に65銀と取るのが正しい手順。
 今度は45に打った金が邪魔になったので46金と捨てます。
 同桂と取ると45銀~56銀~47金~34馬という筋で早く詰むので、同玉と応じます。
 そこで35銀と桂を入手。
 同玉は25馬、また同馬なら47金で簡単ですから、55玉とかわします。
 ここで67桂と捨て同と と取らせて67の逃げ道を塞いでおくのが好手順。
 準備工作が出来たので、重いようですが45金と打ち、56玉に直ぐ46金と引いて同桂とさせるのが気持ちの良い手順です。
 これで45銀と引くことが出来、55玉に56銀から47金と連続して捨てるのが決め手。
 同馬に34馬と活用して、55玉に45馬まで「ヰ」の字が浮かびました。

<詰上り「ヰ」>
田中「ヰ」詰上

【手順】45金、56玉、65銀、同香、46金、同玉、35銀、55玉、67桂、同と、
  45金、56玉、46金、同桂、45銀、55玉、56銀、同玉、47金、同馬、
  34馬、55玉、45馬、まで23手詰


門脇芳雄作 詰パラ1956年1月(『曲詰百歌仙』第39番)
門脇「ヰ」

 74金と銀を取って、54玉に64金と捨てておくのが軽妙な序奏。
 64同玉は55銀で簡単ですから、同桂と取る一手。
 同桂に55銀と打ったとき65玉には74角という手で詰むのが74金消去の効果です。
 55銀には43玉と引きますがここで目の覚めるような好手順が飛び出します。
 65角と捨て、同角に54銀と突っ込みます!

<9手目:54銀>
門脇「ヰ」54銀

 54同角には55桂の一発。
 同玉と応じるしかありませんが、63銀不成と捌いて92龍の横利きが通りました。
 65角と捨てておかないと63銀には65玉から脱出されます。
 63銀には同金の一手ですが、55歩から43玉と押し戻し、42龍と金を入手。
 同龍に35桂と跳ねるのが決め手。同とに44金まで「ヰ」の字になりました。

<詰上り「ヰ」>
門脇「ヰ」詰上

【手順】74金、54玉、64金、同桂、55銀、43玉、65角、同角、54銀、同玉、
  63銀不成、同金、55歩、43玉、42龍、同龍、35桂、同と、44金まで19手詰


■創棋会の今後の予定
***【次々回例会】*********************************************** 
[日時] 2019年1月20日(日)13時~
[場所]  大阪市福島区民センター 304号
   〒553-0006 大阪市福島区吉野3-17-23
     アクセス → https://www.osakacommunity.jp/fukusima/access.html
[会費]  無料
[課題] なし(皆さんの発表したいことがあればお願いします)
    事前の投稿はこちらまで → blogsokikaitusin@gmail.com

★♪☆♪★ 新年会 ★♪☆♪★
 例会終了後、新年会を開催します。
[日時] 1月20日(日)17時30分~
[場所] 志な乃亭 野田阪神店
 大阪府大阪市福島区大開1-14-19
   TEL:050-3462-7261
   阪神 野田駅、JR東西線 海老江駅、地下鉄千日前線 野田阪神駅から 徒歩1~2分
    参考 → https://r.gnavi.co.jp/k029418/map/
[会費] 3千円(学生・女性千円)
★予約の都合上、ご参加いただける方は事前に連絡いただければ幸いです。 
   blogsokikaitusin@gmail.com
以上
スポンサーサイト

詰パラ12月号到着&パスワードクイズ結果発表

<詰パラ12月号到着&パスワードクイズ結果発表>

 勤務先の近所に「少彦名神社」というところがあり、薬の神様「神農さん」を祀っています。そのお祭りが、毎年11月22日~23日に開催されます。
 道修町(「どしょうまち」と読みます)の入り口にシンボルの張子の虎が飾られています。
 夜は御堂筋のイルミネーションに輝きます。
神農さん1

神農さん2

■パラ9月号創棋会作品展パスワードクイズの結果発表!
 詰パラ9月号(21P)の創棋会作品展
 合作による「あぶり出し」が課題、組曲で詰上りが想像しやすい作品展だったと思いますが、いかがでしたか。
 詰パラ12月号で結果発表(82P)されていますので、解いていない方も是非鑑賞ください。
 連動企画の「パスワードクイズ」、結果稿をご覧いただければおわかりのように、詰上り4文字は「Xmas」でした。

 また詰パラ11月号「ちえのわ雑文集」(26P)でパスワードクイズの追加出題を行いました。
 今回はその結果を発表させていただきます。
 9手以内のあぶり出しが三作でした。

①高縄山ろく作
①高縄山ろく作

 64銀成が見えますが45玉と逃げられると、43飛成と追っても44金合と頑張られると詰みません。
 ここは64飛成とするのが好手。これなら45玉には34龍があります。
 同桂と取らせて、44銀成とこちらに捨てます。同玉なら43飛成、35玉、34龍がピッタリです。
 65玉と逃げるしかありませんが、85飛成の追撃。
 75合は66馬まで。
 さらに56玉とひたすら逃げます。
 あわてて66金とすると同角成とされますから、55龍と捨てるのが決め手。
 同玉に66馬まで「メ」の字が浮かび上がりました。
 緊張感のある詰上りですね。

<詰上り:「メ」>
「メ」

 64飛成、同桂、44銀成、65玉、85飛成、56玉、55龍、同玉、66馬まで9手


②kisy作
②kisy作

 74玉には84馬があるので左側には逃げられません。
 しかし詰形がちょっと浮かびません。
 王手は限られますから香を打ってみます。
 67香と離して打つのは66桂と中合され、同香に74玉で詰まない形。
 ここは65香の短打が良さそうです。これなら同桂と取る一手。
 そこでスッと55銀と捨てるのが好手。これも同玉と応じるしかありません。
 これで45馬と活用します。64玉と引かれたとき、63馬と入ると55玉と戻られて千日手模様。
 しかし盤面をよく見ると64玉には63飛成で詰んでいます!
 何か不思議な詰め上がり。
 珍しい「リ」の字です。

<詰上り:「リ」>
「リ」

 65香、同桂、55銀、同玉、45馬、64玉、63飛成まで7手


③まさ作
③まさ作

 盤面6枚と曲詰としては簡素な初形です。
 36角の俗手では57玉、58龍、46玉、47龍、35玉と逃げられてしまいます。
 14角が妙手の香りのする遠角です。57玉なら58龍、46玉、47龍、35玉、36龍と追って捕まりますし、46玉も47銀、45玉に25龍で詰みます。
 しかし14角には25歩合が中合の妙防。同角とさせてから46玉とかわせば逃れです。
 初手は58銀と拠点を築くのが正解。これには46玉の一手です。
 26龍と行きたくなりますが45玉と銀を取られると続きません。
 ここで13角が好手。35合なら今度こそ26龍です。
 45玉と銀を取りますが、かまわず25龍と攻めます。
 56玉と逃げるしかありませんが、57角成が決め手。
 同馬に55龍まで「|」のあぶり出し。

<詰上り:「|」>
「ー」

 58銀、46玉、13角、45玉、25龍、56玉、57角成、同馬、55龍まで9手

 三文字揃うと「メリー」となりました。
 9月号作品展が「Xmas」ですから、あわせて「メリーXmas」。
 12月の結果発表に合わせた趣向でした。

 それではパスワードクイズに解答いただいた皆様の声を紹介させていただきます。(敬称略、ご了承ください。)

<9月号作品展>
谷川幸永
【解答】Xmas
【メッセージ】正解にたどり着くまでにかなりの曲折。2題しか解けていなければ不正解だっただろう。
【コメント】でも、何のゆかりがあって"クリスマス"?
[解答経過]
 まず、出だしに駒取りが無く着手も限られている④に手をつけるが、あえなく頓挫。
 先を越して解けたのは①:「形は"X"だが、エックス? ローマ数字の10? 掛ける? それともギリシャ語のカイ?」
 続けて④も解ける。この時点では「大文字のS」と信じて疑わず。
 「2題解ければ、残りの詰上りは見当がつくはず」というヒントから、"XMAS"(クリスマス)となるものと予想。しかし、「なぜ?」という疑問がつきまとう。
 ②に立ち向かったとき予想した詰上りの配置は、36-35-34-33-44-55-64-73-74-75-76という「活字体の(頭の尖った)M」。途中で少し違う雰囲気になり、「マクドナルド式の(頭の丸い)Mみたいだ。」
 しかし、詰上げたときは、まず「あれ? 83飛が余計。どこか間違えたかな?」 手順を見直した上で、「正確にはX'masと綴るのだから、83飛は"アポストロフィ(省略符号)"を表しているのか! つまり、正解は"X'MAS"だな。」 最後にようやく「あっ、小文字か。」
 ③に着手した時点では、「大文字のA」の可能性も僅かに残っていたものの、もっぱら「字形がどうなるか」が関心の焦点で、候補は「"0"の右下に1~2枚くっつけた(だけの)"筆記体のa"」と「上に庇の付いた"活字体のa"」の2グループに。結局、右下の撥ねまで丁寧に描出した手の込んだ活字体が答えということで、大団円。

★詳細な解答経緯を記していただき、ありがとうございました。
 出題側では、解答者の思考経路を知ることは少ないので、大変貴重なご意見でした。

三宅周治:詰め上がって③は何の文字なのかわからず、その解読に苦労しました。
 ①②がXm。なるほどと思いました。

★③の「a」は手順も素晴らしいのですが、この字形がユニークでした。

竹中健一 :12月の発表ということで納得です。
 ただ、最後に1番を解いたので、それまで気付きませんでした。
 aの文字は珍しいですね。

★解答王にはすらすらの問題でしたか?暗算で解くとあぶり出しに気がつかないこともありそうですね。

小山邦明:結果発表をする12月号にぴったりの内容でした。

★出題時は残暑厳しく(天災も次々と!)…。

占魚亭 :一足も二足も早いクリスマス企画ですね(笑)
 パスワードクイズ、またやってください。

★3ヶ月前倒しのクリスマスセールでした。

池田俊哉:masの小文字が重要ですね。

★作品展担当則内さんのこだわりの字形。「m」完成までには紆余曲折が(汗)

小林尚樹:パスワードはずばり、「Xmas」でどうでしょうか?

★正解です!

<11月号追加出題>
原田雄二:メリー・クリスマスの「メリー」でしょうか。   

★その通りです。

竹中健一:メリーの最後が横棒じゃないのが不思議ですが、メリークリスマスということですよね。

★詰上り図を縦に並べて鑑賞ください(笑)。

ほっと:ブログ出題分は紛れが多くて手数の割には時間がかかりました。

★3作とも紛れも含めて楽しんでいただければ幸いです。文字色

小山邦明:前回と合わせると「メリーXmas」
[今回の出題作品の総評]
 9手以内という短手数なので解図欲が沸き、またその短手数でもきらりと光る手順が多く、最後の収束形も大変きれいなので、楽しめました。

★お褒めいただきありがとうございました。

津久井康雄:1ケタ手数ながら好手順ですっきり。③の13角が味良くいい感じでした。

★1ケタ物ならではの捨駒の妙を楽しんでいただけたことと思います。

久保紀貴:9月号が見当たらないのでブログ掲載の3文字で参加させていただきます(笑)。パスワードは「メリー」。 想像するに、9月号はXmasというところでしょうか。
 ①飛2枚を捨ててピッタリの詰め上がり。好作ですね。
 ②ちょっと重めの詰め上がり。短手数でまとめるのが難しい字形かも?
 ③一段下げたのが工夫ですね。遠打からの成り捨てがうまい。

★9月号作品展は12月号の結果稿であらためて鑑賞ください。

中村丈志:詰将棋の○○会という会が色々あるようですが、活動内容がわかりませんでした。今回、そのひとつがわかり良かったです。

★楽しく遊べる創棋会。いつでも参加歓迎です。


 応募された方は全員正解でした。
 レア品は以下の方々にお届けしますのでご笑納ください。
 少し時間のかかる方もいらっしゃるかもしれませんが、お待ちください。
   谷川幸永、小山邦明、三宅周治、シロイヌ、竹中健一、占魚亭、たくぼん、
   池田俊哉、小林尚樹、原田雄二、原科佐登己、原雅彦、中村丈志、津久井康雄、
   久保紀貴、金少桂、ほっと


■詰パラ12月号が到着
・表紙は坂田慎吾さん。「おやつ」や「おつまみ」は私もネットで拝見したことがありますが、ちょっと一服するには持って来い。活字媒体以外の楽しみ方もありということで。さて本作の詰上り、何が現れるでしょうか?
・短コン(11P~)。今年は3年ぶりの7手詰。並び順はオーソドックスな50音順。皆さんどんどん解いて解答を送りましょう!
・同人室(20P~)。課題「打った駒が邪魔になる」が9題。また次回は「構想作」が課題ということですが、課題の解が楽しみです。
創棋会作品展(22P~)。「よくわかる作家の個性」。一挙7作の出題。個性溢れる作品をぜひとも味わってください。また作品展担当・則内さんの最後の選題ですので、一題でも解ければぜひ解答を!
 余白には来年の全国大会が大阪開催ですのでプレ広告を掲載。皆さんのご来場、お待ちしてまっせ!
・ヤング・デ・詰将棋OB作品展(24P)。「○○くん作」という表記が懐かしいですね。初級コースの懸賞が増えるのもいいことですね。
・全詰連の頁(25P)。新刊紹介『ヤング・デ・詰将棋』。利波偉さんの力作が全詰連で斡旋されることになりました。
・持駒のある風景(26P)。好形好作と類似のお話。収束手順の同一がどこまで許されるかというのは興味深いコメントですが、前半の手順との兼ね合いもあって一律には決められないと思います。その時代の認識というものもありますし、解答者個々の反応にも差はありますので、作品の価値とは別物と考えることもできます。「何かに妥協すると仕合せに…」というのは、肯けるセリフなのですが、これまた個人差のある世界。作家の矜持と言ってしまえばそれまでですが、作者の葛藤を知らずに「安易な妥協」といった批判もあるでしょう。多様な価値観の中で、どのように折り合いをつけるのか、悩ましいところではあります。
・大道棋よもやま話(28P~)。今回が最終回。
・ちえのわ雑文集(30P~)。鈴川さん健康が回復されたとのこと、良かったですね。内容は既発表作の見直しがテーマですが、同じ狙いでまったく別の作品が生まれたかのような改作。
・詰パラチーム参戦記(34P~)。見事4部リーグで優勝!皆さん指棋もお強いようで。
・会合案内(43P~)。創棋会の新年会、1月20日です。
・結果稿:
 「棋士の宴」(74P~)は750号記念の出題でしたが、作者のコメントもいいですね。
 デパート(93P~)。小駒図式の最長手数記録更新!
 創棋会作品展(82P~)。あぶり出し「Xmas」、解いていない方は、ぜひ結果稿を鑑賞ください。
・編集室(104P~)。詰将棋に縁のある棋士の方々の活躍。この話題は全詰連の頁でも紹介されていますね。
・詰将棋デパート。長編特集。④⑤は解かなければ損?


■創棋会の次回課題~平成31年に因んだ作品~
 創棋会の次回課題は「平成31年に因んだ作品」(29手以内)です。
 パッと浮かぶのが、平成の「31」、西暦の「2019」、干支は「亥(ヰ)」というところ。
 これだけでもさまざまな表現が可能なのではないでしょうか。

 投稿作は12月例会(12/16)で選考の上、3月号で出題の予定です。
 平成最後の年に相応しい好作の投稿をお待ちしています。
 投稿はこちらまで →  blogsokikaitusin@gmail.com


■創棋会の今後の予定
***【次回例会】************************************************* 
[日時] 2018年12月16日(日)13時~
[場所]  関西将棋会館 4F 多目的ルーム
   https://www.shogi.or.jp/about/base/kansai/
[会費]  千円(学生無料)
[課題] 「平成31年に因んだ作品」(29手以内)
   投稿はこちらまで → blogsokikaitusin@gmail.com

***【次々回例会】*********************************************** 
[日時] 2019年1月20日(日)13時~
[場所]  大阪市福島区民センター 304号
 〒553-0006 大阪市福島区吉野3-17-23
   アクセス → https://www.osakacommunity.jp/fukusima/access.html
[会費]  無料
[課題] なし(皆さんの発表したいことがあればお願いします)
  事前の投稿はこちらまで → blogsokikaitusin@gmail.com

★♪☆♪★ 新年会 ★♪☆♪★
例会終了後、新年会を開催します。
[日時] 1月20日(日)17時30分~
[場所] 志な乃亭 野田阪神店
  大阪市福島区大開1-14-19
   TEL:050-3462-7261
   阪神 野田駅、JR東西線 海老江駅、地下鉄千日前線 野田阪神駅から 徒歩1~2分
    参考 → https://r.gnavi.co.jp/k029418/map/
[会費] 3千円(学生・女性千円)
★予約の都合上、ご参加いただける方は事前に連絡いただければ幸いです。 
  blogsokikaitusin@gmail.com
以上

創棋会の次回課題は「平成31年に因んだ作品」

<創棋会の次回課題は「平成31年に因んだ作品」>

 11月11日(日)に奈良へ行ってきました。
 少し紅葉には早かったようですが、きれいに染まったところもありました。
奈良1111_1

 少し足を伸ばして薬師寺へ。夕暮れの五重塔です。
奈良1111_2


■パラ9月号創棋会作品展パスワードクイズ
 おかげさまで20通近い解答をいただきました。
 当選者の発表と追加出題の解説は次回をお楽しみに!

■創棋会の次回課題~平成31年に因んだ作品~
 創棋会の次回課題は「平成31年に因んだ作品」(29手以内)です。
 パッと浮かぶのが、平成の「31」、西暦の「2019」、干支は「亥(ヰ)」というところ。
 これだけでもさまざまな表現が可能なのではないでしょうか。

 投稿作は12月例会(12/16)で選考の上、3月号で出題の予定です。
 平成最後の年に相応しい好作の投稿をお待ちしています。
 投稿はこちらまで →  blogsokikaitusin@gmail.com

 それでは恒例の例題紹介です。
 今回は2019年ということで「19手詰」を取り上げます。
 いずれも「19手詰」という課題作ではありませんが、こういう切り口もあるのではないかと考えた次第です。

巨椋鴻之介作 詰パラ1957年9月
   (『古今中編詰将棋名作選Ⅰ』第65番、『禁じられた遊び』第5番)
巨椋作

 玉方は79のと金の守備力が強力で、このままでは58馬や99飛が活用できません。
 例えば58金と俗に迫るのは、77玉と逃げられ、このまま87の銀を取られると、どうにもなりません。
 69金という巧打が見えます。同とも同玉も金打まで。しかし67玉と逃げられて僅かに届きません。
 初手は78金と捨て、同と と取らせて59馬と引きます。
 これで77からの脱出も防ぐことができ、一気に見通しが良くなります。
 しかし56に逃げられたときに備えて金を温存しておく必要があり、すぐに次の手が浮かびません。
 ここでいい手がありました。69飛です。
 同と と取れば77馬! 同玉に78金までです。
 同と とは取れないので、68に合駒をして頑張りますが、何が最善でしょうか?
 飛は品切れだし、桂は打てません。
 金銀は同飛、同とに79桂が軽手。同と と取れば68金(銀)と打って簡単です。
 香も、やはり同飛、同とに79桂と捨て、同とに69香と打つ妙手があります。
 これも同となら77馬のジャンプがあります。
 最善は68角合です。

<6手目:68角合>
巨椋作_68角

 角合は同飛と取り、同とに89角と離し打ち。盤端から放つので遠打感があります。
 78に合する一手ですが、金銀は同角、同と、68金(銀)で簡単。
 飛なら同角、同と、77飛、同と、同馬という強引な攻めがあります。
 香合が最善です。

 香合にも同角と取り、同と となったとき、69香と打つのが、同とに77馬をみて、よさそうですが、68角合とされると千日手。
 78同角、同とのとき、79桂と捨てるのが軽手。
 同と とらせて69香が妙手。79桂の効果で68に合が出来ません。
 69同と と取るしかなく、77馬と飛び込むのが決め手です。
 99飛がワープできれば79桂、同と、69飛という順に持ち込めるのですが、そうはいきませんから、68角合、78香合を経て、香を入手して、やっと79との形で69香が実現できたわけです。
 今から60年前の作品とは思えない素晴らしい作品です。

【手順】78金、同と、59馬、67玉、69飛68角合、同飛、同と、89角78香合
  同角、同と、79桂、同と、69香、同と、77馬、同玉、78金まで19手詰


原島利郎作 近代将棋1968年1月(『古今中編詰将棋名作選Ⅰ』第116番)
原島作

 初手は13歩が第一感。
 13同玉なら14金、22玉(12玉は32龍)、34桂、31玉(同歩は23金)、42桂成、同歩、51龍があります。
 13同桂も22金の好手があり、同玉、34桂、同歩(31玉は42桂成、同歩、51龍)、14桂、31玉、34龍で詰みます。
 最善は13同角ですが、そこで22金が妙手。唯一の金駒を手放して不利感があります。
 22同玉には14桂と打ち、12玉(31玉は41龍、同玉、52龍)、32龍、22合、同桂成、同角、14龍で詰み。
 よって22同角と応じるしかありませんが、このあたり結構読みが必要です。
 22同角に14龍と回ってようやく筋に入った感じです。
 13歩合のような手では24桂、同歩、34角と気持ちよく25角を捨て同歩に23龍寄まで。
 14龍には13桂跳の移動合が最善です。

<6手目:13桂>
原島作_13桂

同じように24桂、同歩、34角とすると21玉と下がられて詰みません。
24桂、同歩のとき、23龍と捨てるのが好手。
同玉に35桂と打ち換えるのが継続の好手段。
12玉に34角と出れば、21玉とかわしますが、32龍と捨て、同玉に43角成と出来るのが打ち換えの効果。
31玉に打った桂を23に跳ねて、気持ちよく桂吊るしの詰み。
実戦形に巧妙な手順を織り込んだ好作。

【手順】13歩、同角、22金、同角、14龍、13桂、24桂、同歩、23龍、同玉、
   35桂、12玉、34角、21玉、32龍、同玉、43角成、31玉、23桂不成まで19手詰


柏川悦夫作 詰パラ1969年2月
(『古今中編詰将棋名作選Ⅰ』第120番、『詰将棋半世紀』盤上流転第68番)
柏川作

 48金が質駒然としていますが、さてどこから手をつけるか。
 初手は57桂くらいしかありません。
 同角成と応じたとき、56馬と捨てるのが良さそうな手です。同玉なら57龍。同馬なら48龍と金が拾えます。しかし56馬には36玉とかわされると、26金には同桂があって詰みません。
 3手目は軽く35金と捨てます。同玉には25飛成があるので、同馬と取るしかありません。
 そこでもう一度57桂と捨てるのが好手段。
 持駒を使い切ってしまいますが、同馬と取らせて25飛成とします。
 飛車が23から移動すると54玉で脱出されそうですが、57龍、63玉、53龍、74玉、73桂成でピッタリです。47馬が遠くからよく利いています。
 35合も36馬から57龍がありますから、35馬と引いて移動合するのが妙防。

<8手目:35馬>
柏川作_35馬

 56馬から36龍の筋が見えますが、56馬には54玉で逃げられます。
 36馬、56玉と追ってから45馬と捨てるのが好手。
 同玉なら48龍と金を取れますし、同香なら36龍から57龍。
 取ることができないので47玉と脱出を図りますが、56馬と押し売り。
 同玉の一手に36龍が決め手です。
 同馬に、57龍から55龍までの詰み。
 玉方馬を35⇔57と翻弄し、攻方の馬も47→36→45→56と一回転するのが、素晴らしい対比となっています。

【手順】57桂、同角成、35金、同馬、57桂、同馬、25飛成、35馬36馬、56玉、
   45馬、47玉、56馬、同玉、36龍、同馬、57龍、45玉、55龍まで19手詰


■創棋会の今後の予定
***【次回例会】************************************************* 
[日時] 2018年12月16日(日)13時~
[場所]  関西将棋会館 4F 多目的ルーム
   https://www.shogi.or.jp/about/base/kansai/
[会費]  千円(学生無料)
[課題] 「平成31年に因んだ作品」(29手以内)
   投稿はこちらまで → blogsokikaitusin@gmail.com

***【次々回例会】*********************************************** 
[日時] 2019年1月20日(日)13時~
[場所]  大阪市福島区民センター 304号
  〒553-0006 大阪市福島区吉野3-17-23
  アクセス → https://www.osakacommunity.jp/fukusima/access.html
[会費]  無料
[課題] なし(皆さんの発表したいことがあればお願いします)
  事前の投稿はこちらまで → blogsokikaitusin@gmail.com

★♪☆♪★ 新年会 ★♪☆♪★
例会終了後、新年会を開催します。
<日時>1月20日(日)17時30分~
<場所>場所は決定次第連絡させていただきます。
以上

パスワードクイズの締切迫る!11月20日

<パスワードクイズの締切迫る!11月20日>

■創棋会作品展パスワードクイズ、追加出題の締切迫る!
 詰パラ9月号(21P)の創棋会作品展
 今回は合作による「あぶり出し」が課題、組曲で詰上りが想像しやすい作品展だったと思いますが、ご解答いただけたでしょうか。
 連動企画の「パスワードクイズ」は引き続き受付中です。締切は11月20日です。
 詰上り4文字(手順解答は不要)を下記に送ってください。こちらの賞品にはレア品を用意しています。よろしくお願いします。
   blogsokikaitusin@gmail.com

■パスワードクイズ~追加出題~! 【締切】11月20日!
 詰パラ11月号、ご覧いただいていると思います。「ちえのわ雑文集」(26P)でパスワードクイズの追加出題!
 当ブログでも先行公開していますが、あらためて図面を載せますので奮って解答下さい。
    
①高縄山ろく作
①高縄山ろく作

②kisy作
②kisy作

③まさ作
③まさ作

 9手以内のあぶり出しが三作です。
 詰上りの3文字を解答してください
   ヒント:9月号作品展の詰上り4文字と関連があります。
 解答は下記までお願いします。
   blogsokikaitusin@gmail.com

【締切】11月20日
 3文字と4文字、どちらを答えていただいても結構です。
 詰手順は不要、メッセージ歓迎。
 解答は下記までお願いします。
    blogsokikaitusin@gmail.com
 本ブログで正解者を発表します。呈賞はレア品を用意しています。


■創棋会の次回課題~平成31年に因んだ作品~
 創棋会の次回課題は「平成31年に因んだ作品」(29手以内)です。
 パッと浮かぶのが、平成の「31」、西暦の「2019」、干支は「亥(ヰ)」というところ。
 これだけでもさまざまな表現が可能なのではないでしょうか。

 投稿作は12月例会(12/16)で選考の上、3月号で出題の予定です。
 平成最後の年に相応しい好作の投稿をお待ちしています。
 投稿はこちらまで →  blogsokikaitusin@gmail.com

 それでは恒例の例題紹介です。
 今回は「初形31玉」「手数31手」の作品を取り上げます。
 詰パラ1980年11月号に「申棋会誕生」銘打って「初形31玉」「手数31手」の作品が出題されました。
 「申棋会」は昭和31年生まれの詰キストの会。昭和31年が申年ということからこの名称になりました。
 旗上げのメンバーは、飯尾晃、近藤真一、斉田喜道、塩野入清一、橋本樹、平井康雄、柳田明、山本昭一、吉松智明(50音順、敬称略)の9名。今見ても錚々たるメンバーです。会の活動内容などは柳田さんの「奇想曲」や山本昭一さんの「怒濤」に記されています。
 昭和31年に因んで「初形31玉」「手数31手」の作品展が開催されたというわけです。


平井康雄作 詰パラ1980年11月号
31玉31手①平井康雄198011

 41歩成が目につきますが21玉で続きません。
 俗ですが43桂不成と駒を取ります。
 これなら21玉には31桂成と捨て、同玉に41歩成と手が続きます。
 21玉とかわせば、31と と捨て同玉に42銀成と捨てるのが好手。

<9手目:42銀成>
31玉31手①平井康雄198011_42銀成

 42銀成は要の駒に思える銀を捨てる手で意表を突きます。
 同玉と取られると切れ模様なので不利感のある手と言えます。
 42同玉には34桂が継続の好手。
 34同となら43金から34龍と回る手があるので34桂は取れません。
 31玉なら51龍があるので、32玉と寄ります。
 43金と打って21玉に51龍と突っ込めばゴールは間近。
 31合には32金から42龍があるので、斜めに利く駒を打つしかないのですが、金銀は同龍ですから、最善は角合です。
 これも同龍と取って、42金と活用し、21玉に32角と据えれば定番の収束が見えてきました。
 11玉に22桂成と捨て、同玉に23歩成から21角成と角も捨て、32金から詰みとなります。
 42銀成や34桂の好手もあり、気持ち良く捌けて最後は清涼詰。

【手順】43桂不成、21玉、31桂成、同玉、41歩成、21玉、31と、同玉、
  42銀成、同玉、34桂、32玉、43金、21玉、51龍、31角
  同龍、同玉、42金、21玉、32角、11玉、22桂成、同玉、
  23歩成、11玉、21角成、同玉、32金、11玉、22金まで31手詰


塩野入清一作 詰パラ1980年11月号
31玉31手③塩野入清一198011

 無防備風の初形。
 3筋の香をどう働かせるか、76角をどう活用するかがポイントです。
 42銀成、21玉、53桂成と俗に追うのは12玉で息切れ。
 24角成と開王手で上部に勢力を築いておくのが正解。
 32合なら42銀成から容易なので22玉とかわしますが、32香成と押し売り。
 12玉には67角がありますから同玉と取るしかありません。
 ここで急いで35香と銀を取るのは43玉で脱出モード。あわてず42銀成とします。
 22玉に32成銀と再度の押し売りで、同玉と応じるしかありません。
 53桂成と76角の活用ですが、22玉とかわしたところで、32角成と捨てるのが強手。

<11手目:32角成>
31玉31手③塩野入清一198011_32角成

 32角成は同玉と取るしかなく、35香と銀を入手します。
 21玉に32香成と4度目の32への押し売りです。
 同玉に42成桂で寄せ形が見えてきました。
 21玉に32銀と打って、11玉に33馬と入れば22金合が受けの常套手段ですが、同馬と切って23金と押さえれば、21銀成と捨てて成桂を寄せればきれいなミニ煙となりました。
 塩野入さんは趣向作家として有名ですが、本作も4度にわたる32への捨駒が繰り返されるところに趣向の味わいがあります。

【手順】24角成、22玉、32香成、同玉、42銀成、22玉、32成銀、同玉、
  53桂成、22玉、32角成、同玉、35香、21玉、32香成、同玉、
  42成桂、21玉、32銀、11玉、33馬、22金、同馬、同玉、
  23金、11玉、21銀成、同玉、32成桂、11玉、22金まで31手詰


■創棋会の今後の予定
***【次回例会】************************************************* 
[日時] 2018年12月16日(日)13時~
[場所]  関西将棋会館 4F 多目的ルーム
   https://www.shogi.or.jp/about/base/kansai/
[会費]  千円(学生無料)
[課題] 「平成31年に因んだ作品」(29手以内)
   投稿はこちらまで → blogsokikaitusin@gmail.com

***【次々回例会】*********************************************** 
[日時] 2019年1月20日(日)13時~
[場所]  大阪市福島区民センター 304号
  〒553-0006 大阪市福島区吉野3-17-23
    アクセス → https://www.osakacommunity.jp/fukusima/access.html
[会費]  無料
[課題] なし(皆さんの発表したいことがあればお願いします)
   事前の投稿はこちらまで → blogsokikaitusin@gmail.com

★♪☆♪★ 新年会 ★♪☆♪★
例会終了後、新年会を開催します。
<日時>1月20日(日)17時30分~
<場所>場所は決定次第連絡させていただきます。
以上

詰備会に行ってきました~11月3日~

<詰備会に行ってきました~11月3日~>

■パラ9月号創棋会作品展パスワードクイズ、追加出題中
 詰パラ9月号(21P)の創棋会作品展
 今回は合作による「あぶり出し」が課題、組曲で詰上りが想像しやすい作品展だったと思いますが、ご解答いただけたでしょうか。
 連動企画の「パスワードクイズ」は引き続き受付中です。
 詰上り4文字(手順解答は不要)を下記に送ってください。こちらの賞品にはレア品を用意しています。よろしくお願いします。
     blogsokikaitusin@gmail.com

■パスワードクイズ~追加出題~! 【締切】11月20日!
 詰パラ11月号、お手元に届いていますか?
 「ちえのわ雑文集」(26P)でパスワードクイズの追加出題!
 当ブログでも先行公開していますが、あらためて図面を載せますので奮って解答下さい。
   http://sokikaitusin.blog.fc2.com/blog-entry-229.html

①高縄山ろく作
①高縄山ろく作

②kisy作
②kisy作

③まさ作
③まさ作

 9手以内のあぶり出しが三作です。
 詰上りの3文字を解答してください
    ヒント:9月号作品展の詰上り4文字と関連があります。
 解答は下記までお願いします。
    blogsokikaitusin@gmail.com

【締切】11月20日
 3文字と4文字、どちらを答えていただいても結構です。
 詰手順は不要、メッセージ歓迎。
 解答は下記までお願いします。
   blogsokikaitusin@gmail.com
 本ブログで正解者を発表します。呈賞はレア品を用意しています。

■詰備会に行ってきました~11月3日~
 報告が遅くなってしまいました。
 平井康雄さんの「詰将棋劇場」でもすでに紹介されていますが、簡単な感想を記します。
   詰将棋劇場   → http://www7.plala.or.jp/tsume/tumebikai.html
   詰将棋劇場blog → https://blog.goo.ne.jp/yakkun610

 当日は快晴。連休初日とあって岡山に向かう電車も満員御礼。
 少し早めに岡山に到着し、エキナカを散策。ここも結構な人出。何かのショーでもやっていたのか楽曲の調べも聞こえてきました。
 昼食を済ませて会場に着くと、小林さんや松重さんのお姿が。
 その後も三々五々メンバーが増えてきましたので、13時前から会場設営。
 部屋はダンスのミニ発表会や音楽のプチコンサートが出来そうな部屋。
 段差があるので、何となく上手と下手に分かれるような配置になりました(笑)。
1103_1.png

 皆さんの持ち寄った作品を解いたり、パラ11月号の推理パズルに取り組んだり、思い思いの楽しいひとときを過ごしました。
 部屋を片付けた後、少し時間が出来たので、PRタイム(?)。
 堀内さんからは裏短コンの作品募集中ということでした。実は当日の11/3が締切日だったのですが、少しアディショナルタイムが設けられたようです(笑)。
 ※作品は無事集まったようで現在解答募集中です。
    → http://tsumenote.blog.fc2.com/blog-entry-103.html
1103_3.png

 利波さんからも「ヤング・デ・詰将棋」発刊の予告。ゲラ刷りを見せていただきましたが、大変立派な出来上がりです。発刊が待ち遠しいですね。
 会合終了後はいつものお店で楽しい二次会。
 さらに話し(飲み?)足りない方々は駅前の居酒屋へ。
1103_2.png


■創棋会の次回課題~平成31年に因んだ作品~
 創棋会の次回課題は「平成31年に因んだ作品」(29手以内)です。
 パッと浮かぶのが、平成の「31」、西暦の「2019」、干支は「亥(ヰ)」というところ。
 これだけでもさまざまな表現が可能なのではないでしょうか。

 投稿作は12月例会(12/16)で選考の上、3月号で出題の予定です。
 平成最後の年に相応しい好作の投稿をお待ちしています。
 投稿はこちらまで →  blogsokikaitusin@gmail.com

 それでは恒例の例題紹介です。
 今回も創棋会の過去の課題作から取り上げました。
 第83回作品展(1986年10月号出題)の課題が「雪隠詰」というものでした。そこから2作品を紹介させていただきます。
 なぜ例題紹介が「雪隠詰」なのか。それはご覧いただければわかります。

柴田昭彦作 詰パラ1986年10月
雪隠詰④柴田昭彦198610

 実戦形で両王手の出そうな図です。
 42飛、同金、31銀が良さそうに見えますが、11玉、32飛成、44馬で馬の利きが強く詰みません。
 初手は軽く13歩成と成捨てるのが好手。
 同香なら、そこで11銀と捨てるのが狙いです。以下、12玉、22飛、11玉、21飛成、同馬(同玉は23飛成)、23飛成、22合、13龍として詰みます。
 同桂も11銀がありますから、同玉と取ります。
 そこで15飛と打って合駒を訊きます。
 14歩合には24銀、同玉、25飛という好手があり、同玉に35飛成から26龍で詰み。
 最後の26龍を消す14桂合は、24銀、同玉、35飛成、13玉のとき14飛と切って26桂と打つ手があります。
 14金合なら同飛から34飛成で簡単です。
 最善は14銀合です。

<4手目:14銀合>
雪隠詰④柴田昭彦198610_14銀

 銀合も同飛と取って同玉に34飛成と攻めるしかありません。
 24合では25銀から26銀打で詰むので15玉と逃げます。
 持駒が銀だけなのでぬるぬると逃げられそうですが、44角の利きを活かして26銀と打ち、なおも逃げる16玉にも17銀と引けば寄っています。
 27玉と潜り込んだときに18銀と捨てるのが決め手で、同玉に38龍、19玉、28龍まで、見事雪隠詰に討ち取りました。
 実戦形の初形から雪隠は11玉と思わせて19で仕留めるというのが作者の狙いでした。
 「19玉」も「2019」に因んだ作品ということで例題として紹介させていただきました。

【手順】13歩成、同玉、15飛、14銀、同飛、同玉、34飛成、15玉、26銀、16玉、
  17銀、27玉、18銀、同玉、38龍、19玉、28龍まで17手詰


鳩和平作 詰パラ1986年10月
雪隠詰⑤鳩和平198610

 次の作品は鳩和平さんの作品。
 本作も簡素な形。
 23桂と打てば、41玉には43龍と寄る手があるので、21玉と逃げるしかありません。
 そこで13桂とすれば12玉の一手。
 あわてて32龍と飛車を取るのは13玉で脱出されます。
 11桂成と捨て同玉に12歩とするのが気持ちの良い手順です。
 同飛なら31龍があるので、同玉と応じるしかなく、32龍と飛車を取ります。
 今度は23桂を捌いた効果で23飛と打つ手がありますから22に合する一手。
 11飛と捨てて21龍とする好手筋を防いで、22金合がこの一手の受けです。

<10手目:22金合>
雪隠詰⑤鳩和平198610_22金

 桂があれば11飛、同玉、21桂成、同金、23桂で詰むのですが、そうはいきません。
 ここで22同龍と切ってしまうのが英断の一手。
 同玉に21飛と打てば33玉には43金まで。
 13玉と逃げるしかありませんが、23金と打てば、14玉に24金と引きます。
 以下金追いで19玉に29金まで。
 こちらも19の雪隠詰となりました。
 柴田さんの作品と同様、詰上りの意外性を狙ったものです。
 手順は易しいのですが、簡素な初形から課題を実現し、狙いは成功していると思います。
 また管理人の視点では、本局は「31」からスタートして「19」で詰むという二つの意味付けもあります。

【手順】23桂、21玉、13桂、12玉、11桂成、同玉、12歩、同玉、32龍、22金合
   同龍、同玉、21飛、13玉、23金、14玉、24金、15玉、25金、16玉、
   26金、17玉、27金、18玉、28金、19玉、29金まで27手詰


■創棋会の今後の予定
***【次回例会】************************************************* 
[日時] 2018年12月16日(日)13時~
[場所]  関西将棋会館 4F 多目的ルーム
   https://www.shogi.or.jp/about/base/kansai/
[会費]  千円(学生無料)
[課題] 「平成31年に因んだ作品」(29手以内)
   投稿はこちらまで → blogsokikaitusin@gmail.com

***【次々回例会】*********************************************** 
[日時] 2019年1月20日(日)13時~
[場所]  大阪市福島区民センター 304号
   〒553-0006 大阪市福島区吉野3-17-23
   アクセス → https://www.osakacommunity.jp/fukusima/access.html
[会費]  無料
[課題] なし(皆さんの発表したいことがあればお願いします)
   事前の投稿はこちらまで → blogsokikaitusin@gmail.com

★♪☆♪★ 新年会 ★♪☆♪★
例会終了後、新年会を開催します。
<日時>1月20日(日)17時30分~
<場所>場所は決定次第連絡させていただきます。
以上